正解するカド 11話 「ワノラル」 感想!

正解の反対

まさかのWヒロイン制だった。

 ある意味ではトリプルともいえるが幸路朗がザシュニナを止めるためにザシュニナの裏側で功をを始めた。ここで0話で幸路朗が関係を持った町工場が再び登場するとは思っていなかったなぁ。ザシュニナを止めるには異方とこの世界の力を合わせる。それによって正解が導きだされるのだろうか?

 今回の展開というか話はザシュニナサイドで1話幸路朗・沙羅花サイドで1話使ってもおかしくはないと思う。ラストに向けて動くために1話に収められた陽にも感じられるところではあるかな。お互いの動くを緻密に描写したらそれこそラストのサプライズがより華々しく動くのではとも思える。

 やっぱりザシュニナにも問題が提示されていてそれこそが幸路朗への感情がなんであるかということでもあるんだろう。その答えをザシュニナは正解することが出来るのか。もう一人のヒロインである瞬に託されたものがどう機能することになるのだろうか?導き出された答えは正解なのだろうか? 次回のサブタイはなんて読むんだ?

 次回 「⊿Γ≡」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示