武装少女マキャヴェリズム 12話 『少女達の「マキャヴェリズム」』 感想!

一刀刀身

決着

 斬々と不動の戦いがメイン化と思いきやじみに後日談の方がメインであったように思う。斬々は巣立っていってしまったけれども戦い合いながら結婚前提の告白とか。ライバルがいなければこれ十分可能性はあったんじゃないかなと思えるところではあったりするわけで戦うべきだったのはあの時でもあったのかもなぁ。遅すぎた春である。

 戦いが割ったからこそ腹を割って話すことが出来る、。なんだかんだで不動はこの学園に嵐を巻き起こしたことは確かだろう。その嵐は激しすぎてこれからどんなことが起こりうるのか見えてこないところではあるわけではあるけれどもやっあp理謎の学園長がメインになってくるのだろうか?

 不動がこれまでの戦いで手にしたものは計り知れないものになっている。護憲との巡り合いは恐ろしいことになってきそうではあるけれども、斬々も含めてこれまでの戦いで手にしたものをどう生かしていくのだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示