AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION- 8話 「秋葉原大武闘会」 感想!

師弟対決

明かされるアホカイネンの過去

 本編もさることながらEDの歌い手もカオスっているような感じがしてならないところではある。最終的には驚きの人物がEDを歌うことになったりして?一体どのような人選で行なわれているのかについては全く線が見えてこないというのがカオスってぽいと感じる一番の所以ではあるのかもしれない。

 ついに明かされるアホカイネンの過去。こんな所で師弟対決をすることになろうとは誰も予期してこなかったところではあるけれどもアホカイネンの繋がりも本人同様に一筋縄ではいかないということでもあるのだろうと感じるところではある。バグリモノとの対決も卑劣性が増してきたしそれこそアホカイネンは欠かせない戦力になっていると思う。最終的にはタモツたちとの繋がりが自分探しの決着に繋がるのだろうか?

 電気マヨネーズはちゃんとした略し方で広まっていたのは一安心。あの略称で広まっていたら今回のプロレス大会悲惨なものになっていたに違いないように思えて致し方ないところではあっり…。

 次回 「ゲームのカードで戦ってしまったのですが!」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク