昭和元禄落語心中~助六再び篇~ #8 感想!

落語の涙

やっぱり孫には甘い八雲

 落語を楽しむこと。いつのまにかというか助六と八雲という二頭が同時に存在してしまったその時から重荷というものが両肩にのっかかっていたのかもしれない。それを吐き出すことなく永遠にため込んでいたからこそ下ろせなくなってしまった。しかしながらそれを3代目助六が取り除くというのも運命であるのかもしれない。

 八雲はようやく呪縛から解き放たれて落語を楽しむことを始めたのかもしれない。それは遅すぎたようにも現状でも早いという部分は感じられるかもしれないが新たな落語人生が夜雲にとって始まったことだけは確かではあるのかもしれないと感じるところではある。楽しい落語を追求したその時に八雲は一体何を見るのだろうか?

 長い年月をかけて呪縛は絆に変わろうとしている。まだその途中の段階ではあるけれども誰しもがそのきっかけをつかみ始めたのかなとも感じるところではある。

 next #9
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク