Dimension W 7話 「過去からの呼び声」 感想!

虚無にあるもの

ミラと雅の関係があるのかないのか?

 今シリーズから檜垣さんがシリーズ構成に入っているけれどもどうしてだろうか? 声質的に似た声をしているミラと雅だけれどもこれはアニメ的な偶然が生んだものなのかそれとも意図があってこそこうやって演出したのか気になるところではある。何か意味があるとしたら重要過ぎるところではあるのだが。

 偶然ではなく必然として演出されているのであれば、ミラの頭か体は雅のものになっているというのが必然的なことになってくるよなぁ。ミラガキョーマに出会ったのも必然的になってくるしミラが不正コイル追えと言われたこととそれこそキョーマの途絶えた記憶が一つの意図ととして繋がってくる訳でもあるし。どっちになってくるかはほんとアニメ的に大きな問題である。

 キョーマの隠された過去に一体何があったのか。それさえわかればキョーマサイドの物語は一気にわかってくるわけではありますがミラといいキョーマといい謎めいているなぁ。

 次回 「虚無に落ちた島」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示