この素晴らしい世界に祝福を! 6話 「このろくでもない戦いに決着を!」 感想!

出会ったが最後

±-で借金

 デュラハンさんとは一体何だったのか?カズマたちに出会ってしまったが為に消えゆくことになってしまったという悲しきラストだった。この街にやってくることがなければまともに戦うことで消えゆく未来もあったはず。これも爆裂魔法さえなければと悔やんでいるかもしれないところだ。

 アクアもめぐみんもダクネスもそれなりの強さを持っていることが実証されたわけではあるけれどもそれ以上に地味に付き合いたくないパーティの一因にはなりたくないメンバーの上位には定着することになったように思う。城壁破壊によって借金生活にも投入してしまったわけだしこれ先この3人に振り回され続けていくことになるカズマのことを思うと苦しくなってくるところだ。 確実に魔王を倒す前に精神的敗北を味方にくらわされそうだし。

 響夜もなんだかんだで冒険はじめたばかりなのかな?この町では最強であることは間違いけれども彼も今回の戦い参戦していたらそれこそもっとカオスな状況でデュラハン討伐どころではなかったはず。

 次回 「この凍えそうな季節に二度目の死を!」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示