ブブキ・ブランキ 8話 「止まった心臓」 感想!

心臓の価値

ここにきてこんあのぶっ込んでくるとは

 アメリカチームにロシアチームとかこんな展開誰が想像できるか。というしかしながらやっぱりというべきなのかもしれないがぶっ込んだだけにキャラクターが濃ゆいこと。エピゾ一人で3~4人分ほおりこまれているかのような気分になってくるところではあるが。この心臓編はどういった布石なんだろうか?

 動かない心臓。何が原因かということも相手がなにしにやって来たのか振蔵を手に入れてもあんまり意味がないようにも感じられるところではあったりするけれども…。これだけのキャラクターを投入しての乱戦は大元から何かそらすためのような感じもするところ。東は何も知らないわけだし…でもアメリカロシアチームは知らないことを知っているのだろうか?

 こうくると2クールじゃあないといろいろと回収すらすることは出来ないだろうなぁ。OPのブランキ集団もアメリカ・ロシアチームのものでもあったりするのだろうか? ブランキは一人でも行けるけれども他に4人いることの意味とかいろいろとテーマを出しつつ物語を目的を分かりやすくしているのかな。

 next #9
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示