ルパン三世 PART IV 4話 「我が手に拳銃を」 感想!

危険な遊び

次元回

 とっつぁん回や不二子回がそろそろあってもよいのだとは思うけれども今回は次元オンリー回。ルパンを中心に据えつつも他のメンバーにも今回のような担当回は用意されているのかな?それともないままだったりして?ルパンや次元は話作りやすい側面もあるけれども五右衛門とかなかなか難しいところもあるだろうし。

 なんだかんだでルパンよりも自然的に次元の方がモテているような感じもしないでもないかな?次元はもうそこまで恋愛に興味があるわけではないとは思うけれども、もっと踏み込んだ物語ってのも一度は見てみたく思うところだ。 ルパンのようなひょうきんなところがないからこそ次元は持てる要素が増えているのかもしれない。

 次元にとって本当に次元至らしめているのは防止の方だし町のチンピラぐらいなら銃なしでもここまでは十分やりきれるわな。スペシャリストなところを久々に輝かせていたように思うところではある。

 次回 「魔法使いの左手」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク