コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 3話 「鉄骨のひと」 感想!

決して曲がらない意思

そいつは敵なのか?

 今回の顛末と次回予告を見ていると爾郎も超人?人間として作られた超人としてならば人間として名乗ってもおかしくはないと思うし人間前提にはなるだろうから…。それにしても未来に共闘しているかなと思った爾郎と来人だけれどもそうはならず対立しているのね。しかしながら2人とも大義名分を失っているみたいだが…。

 サイボーグだけにおつむも固い?ライトが信じた盛儀も正義ではあったけれども万人に受け入れられる正義ではなかったということか。未来で何をしでかしたかは分からないけれども正義をこじらせてしまったのかもしれない。それが万人受けしないとわかっても曲げないものはあってもいいけれども無理やり突き通そうとしたが故の結末。ある種未来の爾郎と来人は出会った時よりも似た者同士にはなっているのかもしれない。

 繋がりあったら死というのは超人ゆえというか超人だからこそというところに感じた。彼らは超人同士では繋がってはいけないのだろう。戦うしかない悲運な存在超人。超人課奇跡のバランスではあるが結局崩れるわけだし。

 次回 「日本『怪獣』史 前篇」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク