アイドルマスター シンデレラガールズ 13話 「It's about time to become Cinderella girls!」 感想!

精一杯のその先に

ファーストシーズン完結

 1クール目の完結話は伝統?のライブ回。ここまでやってきたことの集大成的なはなしでもあり未来へとつながる回でもある。個人的には後1話今回のライブ回に話を割いてほしかったところではあるけれどもその辺りはしかたないか。伝説の記者も登場していたしそれこそ2クール目の最初は忙しくなったシンデレラたちにスポットが当たるのか?

 全ユニットのライブを詰め込んでついでに全員での歌も詰め込んでと忙しくせわしなく動いていたという感じではあるかな?そんな中でも美波が倒れたことによってみんながより結束する形はとられていたように思う。悔いの残さないように動こうとする想いがより強くなったと。それがラストのライブシーンに現れていたかなと思うところだ。

 未央のあの1STライブもようやく報われた形になった氏これでみんなアイドルとしてのスタートを本当の形で迎えたのではないのだろうか? それこそファンレターなんて今まで隠されていたわけだしアイドルとしての最初を迎えた自覚を得たからこそPは渡したのだろう。そしてラスボスはやっぱり黒い人?

 セカンドシーズンはしばらくお休みではあるけれどもシンデレラガールズだからこその話を展開させていってほしいと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示