冴えない彼女の育てかた 11・12話 「伏線回収準備よし/波乱と激動の日常エンド」 感想!

終わりではなく始まりでもない

おれたたエンド?

 2クールあれば現状の最新刊でありつつ第一部完まで行くことが出来たのだろうとは思うのだけれども1クールで締めるとなると打ち切りエンド感を出さずにやるにはこれが一番いい手ではあるのかもしれない。 しかしながらアニプレと丸戸さんが組んだからオリジナルアニメ作っていると思ったら本当にやるとはな。倫也のゲーム制作はこのための壮大な伏線だったのかもしれない。

 どちらかと言えばみちる+恵(要素として英梨々と詩羽)といったところだろうか? 倫也との関係よりも実に重要なのはヒロインたちの関係が清算されてより近くなったということでもあるのだろう。 今まではその繋がりあは希薄にされてきた感じではあるけれども実は強く描いて強化してきた部分でもあるからなぁ。これはハリネズミが寒くて近づきあうとお互いに棘で攻撃してしまうということにも繋がってくるわけではあるが。
 そして0話はこの後に来ているということなので時系列的なことも改善した形にはなるのだろうか? でも目標にはまだまだというとこでの旅行。これは完全に牽制に利用されている。

 ホワルバやパルフェのセルフパロディをここでも入れてくるとは弾けちゃったのかな? 監督作品としては2連続でた作品から要素を借りたってのもすごい連続性ではある。 
 こういった締め方になったのは最大限すべてに気を使った結果ではあるのだろうと思う。 次が見れるのかは分からないけれどももしもあるのであればそれこそ1部まできっちりかっちりやってほしいかな。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示