蒼穹のファフナー EXODUS 2話 「希望の名は」 感想!

希望×希望

OPが存在するだと!?

 先行上映版では今回のOPはカットされていただけにOPが存在していることに驚いたり…ちょっと残念ではあったりするところではある。どちらかと言えば劇場上映版でOPを見たかったという気持ちが自分の中では強いから余計とそう感じてしまうところではあったりするので…時間的なところを考えたりすると入れ込むのは難しかったのかもしれないが。

 OP曲は今回も最終話まで基本変わらないのだろうか?でも今回は全体的に余裕はあるだろうし今回は変えてくるかもしれないな。特に前回あった法則性は現状ではまだわからないけれども。 1期よりも寄り登場人物が増えた中でのOPだったがよくここまで綺麗に割り振った感じはする。 すべてが決まったうえですべてが見えたうえでこのあたり作られているのだろう。と考えるとOPが完成したのは最後に近いのかもしれない。

 なんだかOPを見たら総士と一騎が2人で居なくなってしまいそうで怖く感じる。 EDでもそうだけれども今作品ではいいままでい以上にこの2人が鍵を握る存在になっていくのだろうと思うところ。

 次回 「対話の代償」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示