SHIROBAKO 15話 「こんな絵でいいんですか?」 感想!

嵐は急にやってくる

OPのタロー万策尽きた―って言って突っ込まれているよな…。

 作業順調だからこそ出来た久しぶりの製作工程紹介と暗雲ってところだろうか? 短いながらも製作工程はこの作品にとっては肝の一つだからなぁ。特に撮影打ち合わせとか撮影作業とか普段絶対に表に出てくることのない光の当たらない世界ではあるのでこうしてスポットライトを当てるだけでも実はすごいことなのかも? 音楽関r年とか木下監督というか努監督は音楽教師目指していたはずなのにあの楽曲説明はよかったのだろうか?

 新人の面々も入ったからこそ一気に活気づいてきた感じ。作中では言及されてはいないけれども季節は初夏あたりになってきている訳だし地味に作中では1年以上の期間を描写することになるのかな? 同好会の夢はこの原作アニメ化が終わった後だろうし。
 アニメーションで重さを表現することは難しい。 個人的にこれを表現したアニメで一番印象的なのはやっぱりイノセンスかなぁ。 あのシーンはまさに職人芸の領域まで達していると言ってもいいシーンだったように思うところ。

 原作者からのダメ出し。ムサニの面々はもっと早くから直接原作者に会うべきだったんだよな。あの編集を飛ばしてでもあっていれば状況は改善したかも。でも秋放送で初夏に全キャンセルってきつすぎる。 会社吹き飛んでもおかしくないけれどもどうするのだろうか? 次回予告的にはどっちとも取れるけれど。 何気に業界内にディーゼルさんの名前のみ広がり過ぎだろ。どうなっているんだ。

 次回 「ちゃぶだい返し」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示