ぼくたちは勉強ができない 2話 「魚心あれば、天才に[X]心あり」 感想!

人魚の心は海模様

うるか回

 基本的には原作のパートをッそのままやっていく形にはなるのね。だからこそ強制的に真冬が投入されているというところも理由としてはあるのだろうか?でも割合体制的には変わらないゆらぎ荘が物語を決行進めたところまでいっているからこの作品も1クールと言えど割合進んでくれるのでは?

 うるか回。と考えると文乃と理珠は1話で分け合ったと考えられるところもあるからなぁ。彼女たちの単独回はそれなりにさきにやってくるということになりそうではあるし、その時がやってきたとするのであればそれこ原作の話を纏めて展開していくというところになってきそうな感じもある。

 とにかく早くヒロインを出すんだというところを一身に背負っているところがあるような感じもするところではあるのでね。だからこそ割とまとめて動いてしまってもいいようには思えるのだけれども。

 次回 「天才は[x]にも心通ずるものと知る」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示