Fairy gone -フェアリーゴーン- 2話 「狼の首輪と白鳥の羽」 感想!

足跡の形

もう一人の敵

 フリー側の因縁が明かされる。つまりは前回がマーリヤの回だったので今回はフリーの回ということであるが、となるとお互いにダブル主人公みたいな感じで主役回や掘り下げていく回を分け合うことになってくるのだろうと思うところではある。2人の話が交互にやっていくことによってわかる部分もある?

 まだまだ全体の店というか基本的な要素を出しているだけに過ぎないよな。その中でいろいろとできることをやっている感じはする。ある意味説明要素と登場人物の日常を共有させているところではあるけれども、なかなかに足並みをそろえている感じはちょっと残念ながらしてこないところではあるが。

 だからこそ時間をかけてやっていくということが重要ではあるわけで、話屋要素がわかってきたときに話をどう動かすかも重要になってくるところかなとも思う。

 次回 「欲張りキツネと嘘つきカラス」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示