BanG Dream! 2nd Season 9話 「スクール・フェスティバル・シンフォニー」 感想!

夜に涙は流れて

文化祭

 かつポッピンパーティーにとっての試練の時になっている。ここを分岐点としてこれからポピパはどうして行くのかということが求められている。求められるということになっているのである。バンドを組んでいるからこそいつかはやってくるであろう壁が今このときに襲ってきたということでもあるし。

 たえは結果的に誰を取るのかどこに行くのか。たえ自身がそれを決めない限りはなあなあになってしまうことにはなってくるのだなと思えるところ。これはたえ自身の問題でもあるのだといえるところではあるのでたえがどうしていくのか決めないとダメだと感じられるところではあるのだ。

 文化祭の光と闇。選択と将来。ライブを出来なかったことは取り戻せるけれどもそうではない心は簡単には取り戻せないのである。だからこそぶつからなければいけない時でもある。

 次回 「R·I·O·T」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示