映画 走れ!T校バスケット部 感想!

大切なこの場所で

実話を基にした青春バスケットストーリー

 ということで「映画 走れ!T校バスケット部」見に行ってきました。実話を基にした青春バスケットストーリーが展開される作品で弱小バスケット部がウィンターカップに出場権を獲得するまでを描いた作品であり、バスケットに真摯に打ち込んでいく少年たちの姿を軸に描き出した作品となっている。

 バスケットの名門高校でバスケットをしていた主人公陽一がいじめを受けて転校した先で再びバスケットと再会し、そして新たな仲間たちと出会ったことによってふたたび真摯にバスケットと友人たちと向き合っていく物語が展開されていく作品である。
 バスケットを通じての交流が作品としてはメインとして描かれているように感じられるところではある。だからこそバスケットそのもののシーンに時間を割いているのかといわれれば全体の割合を考えるとそうではないかなと思えるかな。

 それこそ人と人の交流がメインだからこそ、陽一とT校のバスケット部員の交流が強く描かれているように思う。それこそ陽一の心を埋めていくための物語心がより前向きになっていくための物語であるのだからこその展開が多い作品だったと思う。

 友人たちとの何気ない掛け合いがこの作品の根底にある楽しさにつながっていたように感じられるところではあるかなと思えるところだ。友人らしくというか友達らしい掛け合いや冗談などが飛びあっていたわけではあるしその展開というか掛け合いがこの作品の根底にあるものであるしそこを支えて持ち上げていたのではないのだろうかと思えるところだ。

 偶然出会ったそのおじさんが県連の会長だったりするところは脚色であるようにも思えるけれどもまあそのあたりは現実よりも演出を優先させたところはあるように感じられるところではあるかな? 演出を優先させているように感じられるところや変更されていると思うところはあるからそういったところが目立った部分は少なからずあるように感じられるところだ。未来が描かれるシーンもあるから作中の時間を今に合わせる必要は亜杏璃なかったかなと思えるところもあるけれども。

 だけれども一つの目標に向かってチーム一丸となって戦っていくその勇士はなぜこのチームがウィンターカップに出場権を手にすることができたのかその理由の一端はつかめる作品であったように感じられるところだ。

 ウィンターカップでどうなったのか?というところも見てみたかったところはあるけれども収まりの良い青春劇にはなっていたようには感じられる作品だったと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示