やがて君になる 5話 「選択問題/続・選択問題」 感想!

心の鼓動

心臓の心

 少しづつ、少しづつ近づいていく。まるで運命の糸がほどけなくなるまで絡み合うように引き寄せ合う。体は近づいたとしても心は簡単には近づいてくれない。それは心にとってはとてももどかしくて苦しくて。ずっと心にこの苦味は苦しみは耐え切れないからこそ心と体は一つの答えを出すのだろう。

 侑のお手伝いがちゃんと挿入されていてよかった。これは短編ではあるけれども端的にキャラクターを表しているといいシーンではあると思うので。こういったところからそれぞれのキャラクター性が見えてくることってのは簡単そうで難しいとも思えるところではあるし本って人を表す一つのアイテムだよな。漫画やアニメに創作物にとって。

 心は簡単には答えを出してくれない。だからこそ恋というものが万人にとっての悩みにも手助けにもなると感じられるところではあるかなと思う。だからこそ栄えるとも思う。

 next #6
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示