はねバド! 3話 「アイツは完璧だった」 感想!

その姿を重ねて

オクトパスクラーケン

 3話で一区切りした形になるか。綾乃がバト部に正式に迎え入れられると言うか話として3話でまとめたように感じられる。ここからが本番というか作品として伏線とかは張り込んだからここを生かして物語を演出していく方向に展開していくことになるのだろうな。人物関連はそれなりに出したわけだし。

 やはり試合シーンはロトスコープが中心となるか。カメラワーク的に固定カメラになってしまっているところもあるからその辺りを改善すればロトスコープらしさと言うか違和感観たなものは十分に減るようには感じられるところではあるけれども。迫力よりも動きを取っているところもあるから変わることはないかな?

 ここから先は試合とかも増えていくことにはなるだろうし、シリアスなストーリーもより原作に近づくことになるだろうからふわっとしたところが消えていくことにはなるかな?

 next #4
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示