天狼 Sirius the Jaeger 1話 「蘇えりし者、夜に嗤う -The Revenant Howls in Darkness-」 感想!

地を這う獣

吸血鬼とハンター

 文明開化の音共にやってきた異国の存在と異形の存在。日本を舞台にしているけれどもどちらかといえば吸血鬼と言う存在がいることに対する異質感を出す為に、ヨーロッパを舞台にしているのではなくて日本を舞台にしているところはあるように感じられるところではあるかな。

 どことなく雰囲気と言いスパイアクションかんといい「閃光のナイトレイド」を思い出すところではあったりするところではある。吸血鬼がいることによってそりゃあ別物ではあるのだけれどもどことなくそんなナイトレイド感を思い起こす作品だ酔ったように思う。初回としては吸血鬼とハンターの戦いがあるというところだけ示した形だけれども

 と考えるとこの作品2クール作品なのかな?1クールならばもっと示してくるところはあると思うし、まあ最終的にはユーリィの存在を問うことになってきそうではある。

 次回 「妄執する 黄色い華」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示