刀使ノ巫女 23話 「刹那の果て」 感想!

永遠に近いもの

決戦

 本編でもCMでも徹底的にネタを提供していくひよよんに乾杯。ついにタギツヒメとの決戦。1話丸々決戦に時間を割くことができるのも2クールあればこそでもあるのかもしれないなぁ。これだけの乱戦を見せるというのも殺陣のセオリー無視しているけれどもだからこそやりがいがあるというものでもあるかな。

 このまま姫和と可奈美とタギツヒメ派雪菜の時間に囚われ続けることになるのだろうか?時の牢獄に囚われる。ある種永遠の時間を掛けて心の孤独を埋めていく。タギツヒメをやりすごくというか納めるにはこの方向が最善ではあるのかもしれない。孤独が解消された時には何もかも変わっているだろうし。

 可菜美と姫和は帰ってくるのかな?帰って来たおt木には時代が何百年とたっていても不思議ではないのだけれどもなぁ。次回巫女と題されているだけあって大きな意味合いも提示されそうだ。

 次回 「結びの巫女」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示