Caligula -カリギュラ- 11話 「人は常に正解を求める。だが、正しければ本当にそれでいいのか?」 感想!

正しさのパンドラに包まれたもの

デビルマンモーアニメデビュー!!

 1話には登場していたけれども動いた形で登場したのは今回が初めてではあるのでようやくゲームに登場することが出来なかった鬱憤をGガンダム風に晴らしたということである。理想だからこそ現実における姿は違う映像的なトリックと人間の思い込みを利用したネタバラシではあるよな。

 現実での姿をと言うかすべてを変えてきたというのはひっくり返し方としては上手くやっていると思う。それこそμの制作者の人物をここで投入してきたというのはかなり大きいように感じられるところだ。律は律であるけれどもメビウスの輪が続く限り律という存在は無数に表れてかつ違う過去を持つ存在として実在し続けると思う。

 メビウスの世界を本当に壊して地獄へ帰るのだろうか?答えとしては2つの世界があってもいいのかもしれないけれども…この世界のμと律はどんな答えを出すのだろうか?

 次回 「理想(きみ)を壊して、現実(じごく)へ帰る――。」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示