ヒナまつり 11話 「血と暴力と金に餓えた男」 感想!

現実を瞬殺する

現実と理想の差が義史の心を傷つける

 アンズと言う天使に義史の心は癒される。どうして現実はこうではなったのか。その答えは誰にも分からないがより現実を義史の心を締めあげていくことだけは確かだろうと。個の心を知る者はだれ一人いなく誰一人としてその心を知ろうともせずよりふみは鋼へと変わっていくことになるのだ。

 義史は基本いい人だからなぁ。勘違いでマイムマイムされちゃうこともあるけれども、でもサブに対しては灰皿攻撃してもある程度許される感はある。サブで酷い目見ている人z内たくさんいるしな。アンズの競馬の一件知ることになったら現段階ならば確実に演技が演技でなくなりそうでもある。

 アンズスキーになってしまった義史ではあるがいつの間にか父性を得ていることが重要ではあるのかもしれない。そこだけはヒナによって見つけられたところではあるからなぁ。

 次回 「雪まつり」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示