多田くんは恋をしない 11話 「特には何も」 感想!

気付かなくても気づいていること

お前も一緒にいくんかーい。

 ついに光良が自分自身の気持ちに決着をつけたというか今まで見えないふりをしているものを見据えた回であったと感じられるところではある。そういった意味ではコンクールの写真をここでドン燈ってくるのはより光良に気持ちとの対面を促す効果を持った薬になっていたと感じることのできる要素であったと思う。

 テレサがいなくなった。離れたけれども再び近づくことができる。ようやくうずくまっていた光良自身が動き出した。ある意味でそこに待っているのは分厚い壁かもしれないが、、光良が行動を起こして体当たりした子tこそが重要なのだと感じられるところではある。それこそに光良の心が動いたことこそに意味があるのだと。

 と言うか光良だけが一人でテレサのもとに駆け付けるんじゃなくて薫もこっそりついていくのね。これアレクとのひと騒動を期待してもいいということでもあるのかな?

 次回 「……突然、ごめん」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示