シュタインズ・ゲート ゼロ -STEINS;GATE Ø- 10話 「存在証明のパンドラ」 感想!

開けたら終わり

お掃除軍曹

 紅莉栖の遺産。パンドラボックスである紅莉栖の遺産。世界がその遺産のことを知ってしまえば世界は一気に絶望の未来へと動き出す。世界を誘うきっかけは世界のどこにでも転がっている。それがドン安世界でも同じように転がっている。神様はある意味意地悪でありチャンスを誰にでも触れられるようにしているのだ。

 真帆のスキルの型よりはそれこそクリストは別のベクトルだよなぁ。紅莉栖がねらーであることがダメな所ポイントだとしたら真帆はそれこそゴミ捨てスキルが圧倒的に不足している。ある意味天才とはそういったものではあるのかもしれない。どこかを失うことでどこかを強くしている的な。

 はたして紅莉栖のパンドラの箱は開かれることになるのだろうか?でもそれが平kれることによって何かを手にれる可能性もあるわけではあるのだが…。

 next #11
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示