ダーリン・イン・ザ・フランキス-DARLING in the FRANXX- 20話 「新しい世界」 感想!

世界は常に生まれ変わる

やっぱりパパ人型生命体かよ。

 宇宙からの侵略者。やたら滅多らアッチ方面に厳しいと思っていたから怪しいとは感じていたけれどもそっくりそのまま量子宇宙生命体だったとは。しかしながら評議会の2人だけ宇宙生命体ってのも寂しくね?そう思うとこの量子宇宙生命体も市から逃れるために宇宙をさまよっている人種なのかもね。

 叫竜が誕生したのも地球そのものが外的要因を退けるために作り出した抗体と考えれば自然なのかな?そう考えると「GODZILLA」とも設定的に似通ってしまいそうな感じもあるのだが。まあその辺りは完全な偶然ではあるのだろうけれども。人類もまたこの量子生命体の掌の上で踊っていたに過ぎないのか。

 ココロはもうこれ完全に地上人類の新たなる希望だなぁ。ある意味本当の意味で自由をてにれた象徴となるのだろうと感じられるところではある。

 next #21
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示