PERSONA5 the Animation -ペルソナ5 ジ・アニメーション- 2話 「Let's take back what's dear to you.」 感想!

反骨の相

ちぃ...クレジットは普通かよ。

 2話目でスカル覚醒。鴨志田篇は3話で終わるということはないからもう少し時間が掛かるかな。はじめての戦闘シーンが出てきたけれどもまだ再現としては再現率のほうが優先されている形かな? どうやって本編との戦闘シーン差別化を取ってくるのかというのはそれこそボス戦がやってくれば分かるかな?

 鴨志田篇はアニメとしてもプロローグとしての意味合いは大きいだろうからアニメとしてのオリジナルのテイストは封印されることにはなるだろうなぁ。どこからそれを出してくるのかによっていろいろと評価と言うかアニメーションにした意味合いが問われることにはなってきそうだなと感じるところ。あまり再現し続けても意味はないだろうと考えるだろうし。

 合体技はそれこそみんな再現されることになるのかな?一通りはやることになるだろうし印象的シーンなシーンはもりこまれることになるだろうなぁ。でもコミュはどうしていくのか。

 次回 「A beautiful rose has thorns!」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示