シュタインズ・ゲート ゼロ -STEINS;GATE Ø- 2話 「閉時曲線のエピグラフ」 感想!

それはそれであってあれではない

アマデウス紅莉栖

 つまり甘栗…さらには栗御飯とカメハメ波ってことになるんだよな。ネットの中の紅莉栖であって生身の紅莉栖ではない。アマデウスという名前はそこからきている部分も少なからずあるのかもしれない。まあその可能性は限りなくゼロに近いのであって1に八角はないということではあるのだけれども。

 アマデウス紅莉栖との出会い。倫太郎にとってはこの世界では辛い別れをしているだけあって紅莉栖ではない紅莉栖であってもそれは紅莉栖になってしまう。自分の知らない存在でもあるし、自分を知らない存在。だからこそ倫太郎という存在にはピンポンとで突き刺さる存在ではあるんだよな。

 アニメとしての前半は甘栗紅莉栖と真帆をメインにした構成にしているのだろうか?さすがにそれぞれを強くやっていくことはしないだろうしそういえばかがりだしてないなぁ…。

 next #3
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示