ダーリン・イン・ザ・フランキス-DARLING in the FRANXX- 14話 「罪と告白」 感想!

×××

人ではない何か?

 ゼロツーはにんげんらしいちゃあらしいようにも感じる。それこそ大元は人間ではないかもしれないけれどもヒロたちが忘れてしまった人間らしさというものを一心に表現している存在であるようにも感じられるところではあるんだよな。だからこそ博士がこうしてゼロツーやヒロに可能性を掛けていたわけではあるし。

 ヒロとゼロツーの離別。まさしく絵本のままになったといえるだろう。2人の本当の気持ちが表層に現れた時はもはや遅かったと言われる状況になってくるのは確かだろうな。この2人の関係が成就するかしないかまでは分からないけれども2人にとっての最適な瞬間というものはもはや過ぎ去っていると思う。

 イチゴとゴロ-との関係性もこれからさらに揺れ動いていくことにはなってくるだろうからなぁ。イチゴよりもゴローの精神状態がこれから先重要になってくるのかもしれない。

 next #15
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示