刀使ノ巫女 13話 「次代の英雄」 感想!

強さは孤独への入り口

新たなる展開へ

 2クール目スタートではあるが荒魂が敵となるかそれとも人間が敵となるのかという展開になってきた感じ。可奈美は可奈美で強さを追い求めすぎてそれこそ人間の領域ではなくなりつつあるような感じ。孤独になりつつあるかのようだ。それこそライバルがいれば違うのだろうけれども姫和がそうなってくれるのか?

 雪那がやっぱりな路線を突き進んでくれている。この人はこうでないとと言うのをここまですんなり歩んでくれるとはな。確実にいい死に方をしない人になりつつあるように感じられるところだ。これから先どんな大事をやらかしてくれる人になってくれるのだろうか?今回の一件にももちろん絡んでくるだろうし。

 人間の敵は荒魂ではなく人間。と言う展開になってくるのかな?結局紫が最終的な美味しいところを持っていってしまいそうなところもあるようなないような気もしてくるが。

 次回 「家族の場景」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示