映画 blank 13 感想!

他人と家族の境界線

事実に基づいた物語。

 ということで「blank 13」見に行ってきました。放送作家のはしもとこうじさんの実話をベースにしたとある家族の物語。借金を抱えたまま突如として失踪し、13年後末期がんで入院したころに再会するところから始まる物語。 前半の今に至る物語パートと後半の葬式(アドリブ)パートにで構成される本作品は独特の雰囲気に包まれて進行する。憎しみと家族愛がごちゃまぜになっている作品だったように感じられるところ。

 前半は家族の物語。父親の借金によって苦労を強いられる家族。そんな家族環境の中で疾走する父親。 物語自体は次男であるコウジの始点で語られていっている。淡々と進行するというよりはセリフ量が少なく進行している物語りになっているように感じられる。要所要所家族にとって重要な部分この物語にとって重要な部分が提示されているからこそ後半の葬式パートト合わせてより物語に深みを与えている印象が強く感じるところではある。

 後半の葬式パートにおける参列者のパートはアドリブで展開されている。各個人の役割だけ与えられているがそれ以外はアドリブで構成されている。アドリブで構成されているのにも関わらずそれぞれの言葉によって親子間にあった空白の13年がすこし埋まっていくように感じられる。 一つ一つはそれこそ少しの時間であって13年そのものをすべて埋めるわけではないけれども家族という存在だったらいとも簡単に乗り越えることが出来るような埋め方をしているように感じる。

 たとえ憎しみに近い感情があっても親子の縁というものは切っても切れないところではあることを実感させられると共に13年間自由に生きたという父親は実は幸せ者であったのではないのだろうか?と業者を雇って泣いてもらっている葬式よりも少ないながらも思い出を語ってくれる人たちがやってきたこちらの方が幸せだったのではないのかと…。憎しみ・嫌いだと言ってもらっている子ども達から葬式を開いてもらうことが出来ている訳だし…。

 反面教師と言ってもいい父。そんな父の背中を見つつも憎しみに近い嫌いを持ちつつも父との思い出がある。いい思い出が父親との宝物を共有する次男のコウジ視点だからこそ作品そのものが不思議な空気に包まれていたように感じられるところだ。 悲しくもありつつそうではない真逆の感情もあるような感じがしてならなかった。

 考えれば考えるほどにありとあらゆる感情が湧いてくる作品であると感じられるところだ。父親とはと言うより家族とは何なのかというものを感じるところ。100人みれば100通りの答えを見つけることができると感じられるほどに掘れば掘るほどに深くなるようにもそこが見えなくなるようにも感じられる作品であったと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示