Fate/EXTRA Last Encore オブリトゥス地動説 8話 「誰かの為の物語―ナーサリー・ライム―」 感想!

その絵本には希望が残っている

インクルードしただと?

 プリアの設定は本編には1mmも反映されないはずでは?厳密には本編じゃねーけど。あとインクルードも最初の敵もやたら滅多ら最初に出会うのがランサー率高くね?衛宮さん家でもランサー、プリアでもランサー、FGOでもランサー…何兄貴は導入役かなんかでもやる決まりになっているのだろうか?

 絵本には手圧倒的なホラー。ホラーにしては希望がある。確かに犬カレー空間の酷使ではあるわけで。それこそマギカで培われた魔法少女と魔女たちのシーンを煮詰めたかのような演出ではあったように感じるところだ。ある意味現状での到達点として挙げてもいいような感じがしてくる。演出的には意図して取り入れた部分は多いだろうし。

 キャスター編完結。子供の残虐性と子供の純粋さを併せ持つかのような物語。リセットボタンを押すかのようにリセットされる世界登っていくごとに世界は色を変える。まるで誰かの合わせるように。

 next #9
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示