BEATLESS-ビートレス- 7話 「Boy meets pornography」 感想!

思惑

強大なる意志

 レイシアと近づけば近づくほどにアラトは大きな流れから外れていく。アラト自身はその流れに逆らおうとする気持ちとそうではない気持ちが現状では同じように心の中で流れているように感じられるところだ。アラトが大きな流れに流されていく中でその中の流れに対して決着をつけないといけない時もやってくるだろう。

 レイシアやアラトの周りの状況が大きく動き始めるごとにレイシアが芸能活動をすることへの判断は正しかったのだろうか?そう考えるとこの判断は当初の思惑とは別方向に大きく進んだように感じられるところでもあるかなと。ある意味で運命がそちらの方向にもっていったようにも感じられるかな? すべてのものに対して何かを投げ込むために。

 ある意味動乱編である感じ。少しづつ状況がひっ迫していくけれどもアラトは現状では何も手を出すことが出来ないってのもなんだか掌で動かされている感はしてくるところ…。

 次回 「Awakening of sleeping beauty」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示