刀使ノ巫女 6話 「人と穢れの狭間」 感想!

力に堕ちる

雪那はあらゆる意味でズタボロになりそう。

 全体的な構図ははっきりしてきて話の流れとしては分かりやすくはなったけれども、バトルやキャラクターにいまいち力が入りきっていないようにも感じる。盛り上がりどころに掛けてしまうというところではあるのだろうか?もっと音楽的な力や演出的な力でバトルとか盛り上げてもいいとは思うのに。

 荒魂に魅入られたのではなくて力を求めるうちに荒魂の力を使うようになって支配されちゃった系なんですかね。少なくとも親衛隊は力を求めて力に支配されたってことにはなりそう。でもそれにしてはいろいろと力不足なところは否めないところではあるのだけれども。強敵感はあまりないというか。

 OPのチームが作られるまでに1クールかかることになるのかな?それはそれで少し時間が掛かり過ぎのようにも感じられるところではあるのだが、それまでにどれくらいキャラクター掘り下げることができるか…。

 次回 「心の疼き」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示