ボールルームへようこそ 20話 「友達」 感想!

日常と非日常の関係性

明掘り下げ篇完了。

 明の掘り下げが完了したことによってより決勝に向けた土台作りが着々と進行していることを予期させるも音なっているように感じる。唯一釘宮組に対する掘り下げが少ないように感じられるところではあるけれどもそれはやっぱり決勝の為に残されている部分ではあるのだろうか?越えなければならない壁ではあるだろうし。

 明と吾郎もいいパートナーとしての関係性を構築していきそうではあるように感じられるところではあるかな?多々良が動かしている部分も多いように思うのはそれこそ多々良の情熱がより周りに火をつけているからと言いきってもいいところではあるのだろうか?千夏が加わることによって火をくべるのはより規模が大きくなった印象もある。

 明と千夏ぶつかることで成長することが出来た。ある種みんな不器用だからこそ抗しなければ他人の本音なんて考えなんて見えてこない。それを繰り返すことによって人は少しづつ強くなるのだ。

 次回 「扉-ドア-」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示