2015年10~12月期(秋期アニメ作品)TVアニメ総括・レビュー 的なもの。

2015年(10月~12月)秋アニメ・秋期劇場公開作品の一括レビュー<以下テンプレ>


*個人的にはあまりアニメやゲーム・漫画作品に対して点数をつける行為というのは好きではなく
嫌いといってもいいほどなんだけれども、一応分かりやすさ重視を目指して目安の点数をつけています。
10~-10点の20点満点で点数はつけています。。

*点数はあくまで個人的な感覚であり厳格につけている訳ではないのでその点はあしからず。

*基本的に1クールごとに放映終了した作品・上映した映画をレビューしていますが、
作品の視聴管理もかねてこの期間に初めて見終えたり、まだレビューしていない作品を
改めて見終えたりした場合にもレビューをしています。

*レビュー作品のネタバレ・賞賛・批判等々あります。 以下点数目安。

10点は10年に1作生まれるか生まれないかぐらいの傑作
9点はその年における優秀作品
8点はそのクールにおける優秀作品
7点は良作品 このあたりから押さえておく・一見の価値がある。
6点は基準点よりは上の佳作
5点が基準点 大きな可もなく不可もなく
4点はもう少しだけ何かが欲しい作品
3点は粗が目立ってくる作品
2点は粗が多くある作品 
1点は決定的に足りないものがある作品 
0点は粗も足りないものも多くあり過ぎる作品 基本的に4~0点に評価が固まる
-1点~-10点 不満が多く出ていてどうしても否定的になってしまう作品。

* アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON 0点

 合計3.05クール掛かったアイドルマスターシンデレガールズ。一番のシンデレラは本編でも本編外でもプロデューサーだったという感じには想いたるところ。前作に引きずられっぱなしだった1クール目を終えて2クールからは会社組織の中の摂政というオリジナル要素を強く出してきたことによってこの作品だからこそできることをやれていたように思う。しかしながら監督が思い描いたシンデレラガールズがアニメとしてきっちり出来ていたかというとそうでもないような感じではあるところ。監督が思い描いたすべてを脚本として落とし込めていたかというと違うと感じる。そのすべてが理解することが出来なかったアニメとして入れ込むことが出来なかった節は多々感じられる。ニュジェネや常務辺りのストーリー展開後半部分は特にそう感じるところではある。ライブシーンを少なくしていたのは意図的ではあると思うけれどもそれならばもっとアニマスとは違う方向に動かしてほしかったかなとは思う。メインキャラクター達はもっと掘り下げしてほしい人物もいたかな、サブキャラ勢にもより別の形でスポットライトを当ててほしかったところもあるかなと思う。実に童話と現実を織り交ぜたかのような作品であったこと思う。さらにそこに魔法を掛けた作品だったように思う。この魔法が肝でありこの作品を不思議な世界に誘っていたかなと思うところだ。魔法は総ての人に同一の世界を見せるわけではないので…。いろいろなものに引っ張られていた感じはあるけれども少なくともこの作品のガラスの靴は出すことが出来ていたがそれを対象者に穿かせることが出来ていたかどうかと言えばシンデレラを見つけることは出来ていなかったように思えるかな。この作品はシンデレラを目指している少女が周りはシンデレラを目指して日々動いているけれども、シンデレラを目指していたのに急に立ち止まってしまっただからこそ誰かの手に手を引いてもらい、また誰かの手を引いて進む物語。この作品の少女は手を引かず手を引いてもらわずに立ち止まってしまっていた。殻に閉じこもってしまっていた。そんな夢を諦めない少女と諦めた少女の物語だった。

*To LOVEる-とらぶる-ダークネス 2nd 0点

 1.35期完結までにかかったダークネスの2期。延期しまくりな他の作品を見ているとこれでもましな方ではあるけれども地味に1クール内に収めきることが出来たようにも思えるところではある。OVA展開も噛ませている訳だしそういったところに負荷の高い話数を入れてダークネス編は1クールでやりきるべきだったんじゃないかなと思うところ。禁断の初作からするとこれでも十分やりきれているとは思うけれども、反省を踏まえたもっとから重ねても少しそれまでにあったアニメとしての良いところが削られているような感じはダークネスでは感じてしまうところだ。短編的に1回2話~3話構成の方が端的にまとめられてよかったのかもしれない。演出的なところを間延び的なものを感じるしアニメとしてのマンネリ感はそれなりに感じられる作りになってしまったかな。えっちいところだけではないところをもう少しだけでも突っ込んでほしかったように思うところではある。笑いや恋、気持ちの揺れ動き、シリアスではない熱さなど…。原作からまとめることは出来てはいるけれどもこれからももう一味は必要になってくると思う。多くの作品がシリーズを重ねていくごとに失われていく事をこれから取り戻していくことがこの作品にはできるのか…。

*うしおととら 第一期 3点

 分割2クール+1クールの前者2クール作品であり一期目の作品。原作は約10年前に完結しているがなぜ10年後の今TVシリーズをやることになったのかその謎は見ているものには測ることは出来ないがやはりこのうしおととらが完結したら「からくりサーカス」だったり「トガリ」だったり名作サンデー作品がアニメ化されたりするのだろうか?してほしいところではあったりするのだけれども。さてはて3クールという尺ではあるけれどもうしおとトラにとってはこの3クールという期間は短さを感じるなぜかというと原典を知らなくてもやはり展開の早やさは感じてしまうところ。落ち着く暇なく次なる展開へと続くことが多く駆け抜けすぎたようには感じるかな?ラスト3話くらいの展開が小刻みでもいいので挟まっていたらまた印象は違うように感じたと思う。それだけにこのスピード感は物語の魅力を最大限生かすための足かせになっていたようには感じられるかなと思う。積み重ねという意味では残り1クールでどれだけ最終決戦に至るまでの重みを出すことが出来るのかある種ラスト1クールの重みは想像以上に重いと感じるところだ。2×2クールは今の時代では難しいのかな。4クールでも強さを出せるかどうかってところはあるけれどもその逆光を最後に跳ね返してほしいところだ。

*血界戦線 0点

 完結するまでに約2.1クール要した作品である。京騒戯画と同じように感覚が合わなければとことん合わない仕様になっていたと個人的には感じる。原作付きの作品ではあるけれども非常にその辺り敏感に出ていたと強く見えたし、全体的に何とも言えない感じにはなっていたと感じざるおえない。少年漫画だけれども少年漫画になっていないようなそんな感じそうで感じられない感じの感覚がそこにはあった。足されてはいけないような物が足されてしまっているように感じる。それは脚本・演出等々すべてに感じてしまう的確な部分に注ぎ込まれていたようだと思う。京騒戯画でも思ったというか似たような印象を受けたけれどもキャラクターに対する重みがふわっと感じる時があるというかガツンと強さを感じる時が少なかったと思う。飲み込みずらいものになってしまっているように感じてしまった。自分自身で物語を紡ぐのと誰かの描いた物語を紡ぐ違い、Aが大切に思うこととBが大切に思うことに違いその感性の違いが非常に大きく出た作品だったと思う。

*ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン 2点

 ここからこの作品に触れたニンゲンにとってみればなぜフロムアニメイシヨンなのか?その訳が分からなかった。それこそFLASHアニメとして制作されたのはナゼなのか?と疑問がわいては消えていくばかり。本当にこの作品はこれでよかったのだろうかと思う時もあった。それこそ序盤は独特の雰囲気についていくことすらままならない部分は少なからず存在したと思う。ファンムネアニメにとどまった部分は大きい。ニンジャスレイヤー=サンが主役と言いつつもサブキャラメインの時もありつつその話回収されていない部分も大きいし。もっと派手に動く戦闘を見たかったと思うのも事実ではある。だかしかしながらFLASHアニメだからこそできる演出やっていた時もあるし、それが上手く物語に働いていたと思う部分も大きいと思う。今までの刷り込みを使って意表を突く最終回等々ある種ここで冒険したからこそ得られるものも多かったように思える。。何ともニンジャ=ソウルが不思議に働くアニメイシヨンだったように思う。これで次なるスペシャル・エディシヨンがどう出てくるのか怖いような。怖くないような。

*WORKING!!!(3期シリーズ) 2点

 実に完結まで2クールを要した作品。まさかTVシリーズのラストで特別篇コースとは…。TVシリーズ内できっちり完結させてほしかったよわたしゃあね。毎回スタッフが変わってしまった作品ではあるが全体の底堅いテイストもちょっとづつだが色を変えた部分晴人思うし、何よりも音楽の使い方がかなり気になる作品には2期以降は感じられたところでもあったりする。突然音楽がフェードアウトするからその瞬間に没入感から第三者視点に引き戻されるというか。だからこそシリーズを重ねるごとにギャグテイストが弱くなっているようにも感じられたように思う。特別篇ではラストに向けて動いたこともありあまり感じられない部分はあったかもしれないがやっぱり2期後半から3期終盤までのメインストーリー展開はアニメとしては遅かったように感じられる。だから同じテイストを繰り返してしまったようには感じられるかなと思う。徐々にトウジョウキャラクターへの踏み込みも甘くなってきてしまったように感じられるところもあるしその辺り一番ぴったりはまっていたと感じられた1期シリーズから徐々に何かしらの要素がズレ続けてしまったようには感じられたかなと思う。でも無事に完結編までやれたというのは大きいしそこまでいくことのできる底力は持っていた作品だとは感じるところである。

*蒼穹のファフナー EXODUS 第2クール 7点

 1期→劇場版→2期とシリーズ10年越しのプロジェクトとなったファフナーの2期第二クールであるがまさか1クール目から2クールも開きが入るとは思わなかったが。1クール目が比較的穏やかだった分2クール目は怒涛の展開が襲ってきたように思えるそして確実にラスト3話ぐらいは尺足りてなかった。長尺版で見たかったと思うばかり。削ったのが見て取れるレベルだったしそれでも力強い部分を見せているのがすごいと思う作品ではあるけれども。戦闘シーンやアクションシーンもじっくり作られているだけあって力の入ったものになっていたと思うし物語に対する熱量も失うことなくやりきることが出来たと思うところだ。物語展開へのストレスを感じさせつつもその解放をやるということをしっかりやっていたし緩急のつけ方は非常にうまかったと感じる。人間同士のドラマがそれぞれの行動が複雑に絡み合う、もしくは静電気に触れた時のような怖さを感じる作品ってのはなかなかないと思うしその片鱗は十分に感じさせられたところだ。人間ドラマ・ロボットアクション・異種交流を絡ませつつ上手く展開させていく作品に出合えることはそうそうないだろうそれに触れさせてくれた作品であるかなと思う。やはりラストに対するもやもや感が非常にこの作品を捉えにくくしているところではあるのだけれどもこの先が描かれるにしても心中は複雑なところではあったり…。それでもファフナーという作品に出会えたことを喜びに感じさせる作品になっていたと思う。未来への祝福を感じさせてくれる作品として紡がれただけでもこの作品が世に出たことというのは十分に意味があっただろうしその祝福はこれから先永遠に紡がれいくことを願う。

*K RETURN OF KINGS 6点

 1期→劇場版→2期という一大プロジェクトとなった作品の完結編兼2期。シリーズを重ねるごとに話数を重ねるごとに物語へのアプローチのしやすさは増えて言った作品だと思う。2期シリーズは最初から目的が見えていた部分もあって1期より入りやすくはなっていたかな。戦闘シーン・アクションシーンも美麗な動きというものをやっていたように感じるし見ていて綺麗な風が吹くかのような印象を受けた。この2期でメインストーリーを完全に終わらせたのは個人的には予想外ではあったけれども綺麗に終わることが出来ていたと思うし物語のシリーズの決着をつけるつけ方としては十分にありではないのだろうかと感じるところではある。2期シリーズとしては少しキャラクター描写の割り振りが難しかったところもあるようには感じられるけれども1期・劇場版からの積み重ねを利用している部分でもあるのでこのあたりは少し残念ではあるが致し方ないところではあるのかもしれない。これから先各個人の掘り下げや後日談はそれこそ小説や漫画のメディアミックに託されていく部分ではあると思う。テーマ性も出せていたと思うし、うまく要点をつまみ整理して提出した作品だと思う。

*終わりのセラフ 第2クール 名古屋決戦篇 1点

 分割2クール目の後半2クール目であるがこれは終わりのセラフのラストではない終わりのセラフの中の序章たる「吸血鬼編」が語られたに過ぎないのだ。だからこそこの落ちというか俺たちの戦いはこれからになるのは致し方ない。1期もそうだけれども2期も基本的に原作にある物語をそのまま移植した形のアニメになっていたように感じる。原作脚本を先行させていたために漫画としてもアニメとしてもどちらにせよよりよさを生かせる形でアニメ化することが出来ていなかったように感じるテンポの問題であったり演出的な問題であったり問題の内容は様々な積み重ねであると感じるけれどももっと余裕のある形でアニメ化を現実のものにしてほしかったかな。生き急ぎ過ぎた感じはとてもするところ。アニメとして感じるのはテンポが遅く感じてしまうところであったり劇中BGMの少なさと使いどころが戦闘に偏って日常等々ではないように感じること。アクションシーンは前半とも言えども力を入れていってほしかったと思う。そうしたものの積み重ねがどうしても全体的な力不足に感じてしまう作品だった。前回もそうだがポテンシャルの高さを持っている作品だけれどもそのポテンシャルの高さを発揮することが出来ないままにローテンションで最後までやってきてしまったように感じてしまういかんともしがたい状況に陥ったような作品だったと。終わりのセラフ編が映像として出てくるのであればこのポテンシャルを解放させてあげてほしいと感じる。

*コンクリート・レボルティオ ~超人幻想~ 第一展開篇 2点

 ハガレン(無印)・UN-GOチームによる新作でありつつ分割2期中の1期作品。1クール+劇場版で展開されたUN-GOのテイストヲ受け継ぎつつ超人宇宙人ロボットなどヒーローもののありとあらゆるものが詰め込まれた作品である。そのヒーローが一番活躍した時代である昭和テイストを色こく出しているのも特徴的であり一つ一つの物語が昭和事件とリンクする。だからこの作品は1クールですべての物語が展開されるわけではない、個人的にはそれが物語への持続力を鵜しくしているように感じたかな?2クールあるとはいえもう少しだけでも物語を表面上見やすしたほうがよかったのではないのかなとは思う。何十という時系列が折り重なって一つの物語を作り上げるというのは謎を出せるというメリットも分かり難いというデメリットも両方出してしまった部分はこの作品において強く感じるところだ。だからこそどこかでブレーキ的なものはこの1期において必要だったと思う。まだ物語は本当の意味で始まっていないところもあるのでもう少しここでは整頓された状態で出してもよかったと思う。それゆえに全体的な持続力はあまり感じなかったのは残念なところではあるかな。収束を魅せる2期でUN-GO以上の爽快感を出せるのだろうかと心配だが。


*アクエリオンロゴス -8点

 アクエリオンシリーズ10周年記念作品として作られたアクエリオン名がついているっぽいなにか。漢字の部首や辺が繋がりあっていてそれがアクエリオンだからこその三体合体とかに繋がってくるのだということだが、大元のコプセントですら生かしきれていたとはいいがたくギャグやテイストもアクエリオンという名前がついている割にはアクエリオンしていないまるでロゴス~コプセントアクエリオン~というのが一番しっくりくる作品だ。というかアクエリオンつけなくてもよかった。アクエリオンするならばギャグ要素はもっとギャグ作品として昇華しなければならないと三体合体とかはもっと生かさないといけないと思う。ギャグでいうなればDVD&BDCMの方がしっかりやっていたと思うほどだ。アクエリオンでなければ1万と2千年前とか前作前々作のOP曲を挿入歌に使うとかシリーズだからこその要素は排除してもよかったと思う。言葉をテーマにした作品なに言葉側の人間が戦争で戦争を潰そうとしていたりして言葉だからこその要素が徐々に置き去りになってしまっていたように感じられる。設定も登場人物も繋がりと掘り下げ不足だったように思う。メインでも最終的に活躍不足で応援者に回ったくらいだし必要性が薄れる感じがしてならなかった。王道の物語にもいたることが出来ずに最後までぐだった感じがしてならなかった。戦闘も挿入歌使った時は兎も角それ以外が盛り上がらないという低調な感じがずっと続いていた。単発の話をずっとやっていたような感じで全体の構成や柱がしっかりしているようには感じられなかったかな。どうしてこうなったというよりはなるべくしてなったとしか感じられなかった。

*温泉幼精ハコネちゃん 1点

 箱根を舞台にした精霊たちの宴。ストーリー展開はそれなりにしていたような感じなのに最後の最後で詰め込んでしまったのはやっぱり尺の都合ではあるのだろうか?それゆえにそこまできっちりとしたストーリー展開をさせることなく展開させればよかったんじゃないかなとも思える。観光地特化にしても十分戦えたような感じだ。そうすれば全体的的な尺不足というものに苦労させられることは少ないだろうし観光地特化ではだめだったんだろうか?それこそ地域とタイアップして地元こその情報を出せればまた違った魅力を出せたと思うだけにメイン処のストーリーによってキャラクターや周りの掘り下げが少なくなってしまったのは少々残念なところではあるし本末転倒し掛かっているような気もしないでもない。なんだかんだで精霊の力によって噴火関連は収まったからこそより力を発揮できる力を出してほしかったかなと思う。

*小森さんは断れない! 5点

 短い作品ながらも起承転結きっちりしていてかつ登場キャラクターへの踏み込み方も適切だったように感じるところだ。主役を起たせつつも周りにもスポットライトを当てていてキャラクター配分はよかったように感じるところ。メインキャラクターたちが4人とが少くなかったもそれらに繋がったのではないのだろうか?悔やまれるのはやはり短分アニメだったことだろうか?もう少しだけでも尺が長ければよかったと思うのだけれどもこればかりは致し方ないというか短いながらも長く続けていってほしいと思える作品だったように感じられるところではある。短いからこそテンポよく感じられた部分もあるかもしれないしこればかりはどう転ぶかは判断付きにくいところではあるのだが…。1話1話の話の展開も全体を通しての構成もはっきりしていて見せたいものは魅せることが出来ていたように感じる。疲れた時にこそ穏やかに見ることができる作品だったかなと思う。

*英国一家、日本を食べる 5点

 目玉焼きの黄身 いつつぶす?から続く食育シリーズの第2弾。前作にあたる目玉焼きの黄身 いつつぶす?は全4話体制だったけれども今作は24話+特番体制となり力の入れられたものとなっている。また海外視点から見た日本の食ということで上手く前作とは別の切り口から食に対するアプローチを出すことに成功していると感じるところだ。海外支店から見る日本食だからこそ忘れ去られてしまい始めた日本だからこその食にもスポットライトを当てることが出来ていたと思うしちゃんと食育としても機能していたと思うところ。これからこの文化を守っていけるかどうかは各個人のが動きはじめなければならないところにきているのは確かだろう。もはや遅いと言われている時代だからこそこの作品がアニメとして世に出たのは大きな意味が生まれたと思う。この食育シリーズがこれから先も動くかは分からないけれどもやっていく価値は十分にあると思う。

*英国一家、正月を食べる 5点

 英国一家の延長戦。でありつつものほんのマイケルも登場する特別版である。本編とはまた少し違った切り口料理というか小学料理を切り開いているように思うところだ。アニメパート・実写パートは纏めてくれた方がよかったかなとも思うところではあったり、するし正月に切り込んだために少しそれ以外の全体的なところも欲しかったかなとも思う。アニメパートもなんだかんだで新しい人物との出会いもやってほしかったかなと。食育作品の第二弾目ではあるけれどもここまできて折角のだからある種海外から見た食育作品をマイケルに作ってもらってそれをアニメにして出すということも十分に可能かもしれない。まだまだ切り込む余地があるところは十分あるわけだしこれからマイケルたちがどのように食文化を広めていくのか分からないけれどもこの作品はその一端を担っていると感じるところではある。


*ロボットガールズZプラス 1点

 月1・1話配信の2クールアニメで全6話なセカンドシーズンではなくて1.5期的な作品。月一ならばもっと尺をのばしても十分よかったと思うのだけれどもやっぱりこの形式でのアニメとしては作品と配信形式があっていなかったと思うところ。地下帝国側が見る影もないのでそういったところのかゆいところに手が届いていない仕様となっていたように感じる。幅広くギャグシーンが出来ていなくてそれこそこの作品の魅力の一つだったところを自ら失っているように感じてしまったのだ。キャラクターも味方を含めて増えたわけだが6話内できっちりかっちり掘り下げられたキャラクターが少ないから本当に延長線上ではあるがそれ以上に伸びしろを感じることが出来なくなっているように思う。一期以上のものというかそれ以上に微妙な空気感を背負ったまま最後まで来てしまったように感じる。尺もないキャラクターも生かしきれていないという何とも言えない感じになって物語を終えてしまったのは残念だ。理不尽を暴力で押し通しような尖った魅力をもう一度取り戻してほしいところではあるが…。

*ヘタリア The World Twinkle 4点

 ヘタリアの6期シリーズ。もうこの作品も永遠に続けることが出来そうな予感がするというかどこまで行けるのか分からない。もう7期以降も普通にやり続けるのだろうな。6期シリーズももう少し長くやると思っていただけに全15話というのは驚いた。メインの枢軸国トリオがあまり出なかったのは寂しいところではあるかなと。サブというか小国メンバーを出してきたりと世界を広げた感じはするけれどももう少し他のメンバーにもよりよくスポットライトを当てていってほしかったと思うところではあるかな。新しいところに光が当たっただけに従来の要素もより欲しかったと思うところではある。この作品だからこそできる話もあり全体的に言えばこの作品らしいところに収まっていたと思う。 これからのシリーズがどのように続いていくかは分からないけれどもこのシリーズらしさを寄り出して言っていってほしいところだ。

*コメット・ルシファー 0点

 愛を知り愛を告げるまでの過程を冒険と呼び、その「冒険」という言葉から得たさまざまな着想を詰め込んだ作品。ロボットものでもアクション超大作でも冒険奇譚でもない恋愛ものの作品なのだと私は思ふ。フィリアとソウゴの主人公とヒロインという関係は一般的に見ると逆だし、この2人の恋愛ものとしてみるとそれ以外の要素が非常に重く動かすことすら困難なように多い、恋愛ものではなくて普通の冒険もの、ロボットものとしてみようとすると世界の描写・敵味方の描写と圧倒的に描写が足りないように感じるし冒険していると感じられる部分が少ない。必要な要素があるのにも拘らずないようなそんなような印象を受ける作品ではある。さまざまな要素にかき乱されてしまっているそれは2つの世界が衝突するように2つを見つめる2人の守護者からも言えることであるように感じるところではある。敵役の仲間集めを描写したり、最後のエピローグがかなり詰め込み放題でそこに繋がるEPが不足していたりするし過去の戦いの描写はもう少し簡潔にすることが出来たようにも感じられるところではある。ある種ヒロインであるソウゴが中心に立つ時が後半になっているからかそれまでどこか他者事感が全体に漂っているようには感じられてしまったかなもっと早く物語を動かしてもよかったように感じられるし遅くならば周りをより掘り下げてもよかったと思う。恋愛ものとしての素質は王道系でいっていたし恋模様は出していたと思うだけに原石のまますべてを終わらせてしまっていたようには感じられるかな。それだけに事前の盛り上げ方からするとなんだか寂しさを漂わせる作品になってしまったのは残念なところではあると思う。

*DD北斗の拳2  3点

 イチゴ味+との合体技での2期。1期の設定をほぼすべて捨ててなぜか学園ものとして帰ってきた作品。中盤から後半のノリはそれこそ1期のままではあるがスタート直後は設定を捨てたことだったりテンポも何もかも違う作品になってしまっていたように感じる。どうして設定を捨て去ってしまったのかと思ったものだ。笑い処も上手くかみ合っていないシュールさだけが増してしまったのは残念ではあるけれどもそれでも松の陰に隠れてパロディ関連では松よりも権利を恐れずにぶち込んでいたように思う。最終的にシェーすらするし。制作遅れをネタにした甲斐はあるかな?本家をパロした妖怪にパロ返ししてさらに妖怪からパロ返し返しされる様はある種見事だった。リュウケンの「暗いよ~狭いよ~怖いよ~」「ハゲットビーム」「りゅうちゃんもっこり」「眠りのリュウケン」「100t」を聞けた見れただけでも個人的には満足しちゃうところではあるのだけれども。1・2期の所為でどんなシンを見てもスッパの変態にしか見えなくなった。やっぱりその超独特のノリをどう受け入れていくかがこの作品にとっての最大の試練であろうと思う。内輪受けを狙って滑った感じをもう少し序盤辺りで少なくしておけばまた印象も違ったかなと思う。まさかおなかゆるゆるアニメだから合う人だけ見てね!という作品だと感じる。


*北斗の拳  イチゴ味+ 3点

 DD北斗の拳2とともにアニメ化した原作の劇画作画をベースにギャグをやるというコプセント作品である。2分という時間はこの作品にとって毒にも薬にもなっていたように感じられると思う。短いようにも感じられたしこれ以上長くやっていたらシュールな作品に留まっていたように感じられる。だからこそちょうどの時間が2分だったのかなとも思えるところではあったり。強いインパクトが出来た回はぴたりと枠に嵌っていたように感じられるけれども枠に嵌りきっていなかった回も存在するように感じられるところではあるかなと。シュールなところはそれこそあまり変わらないので本編を知りつつこの作品を見ないと完全には楽しめない仕様になっていた部分は大きいように感じられる。ターバンのガキの回はそれに相当するかなとサウザーメイン以外も個人的には知っていてこその回になってしまっていたと感じられたのは少々残念ではあるところだ。これもこのあたりの要素を知らなくても楽しめるようにしたまた違ったかな。

*不思議なソメラちゃん 2点

あいまいみーからいろいろなところへと羽ばたいていった感じのする制作チームによるアニメ。平常運転なんだけれども平常運転の仲にも急カーブがあったり上り坂も下り坂もある。だからこそどんな作品でも同じスタッフを使っても同じ作品で同じように作っても決して全く同じものというものは出来ない。というのが段々とシリーズというか作品重ねるごとによって分かってくるような感じの作品だった。それこそ勢いも突っ切った展開もあるけれどもどこか違うように感じられるのはなぜなのだろうか?どこか安心安全方針に走ったように感じられるところもあるからかもしれない。ノリやオチなんて関係ない話をもっと見たかったかなとも思う。それこそクローン戦争の回みたいな話を狂気に凶器をtかけたような展開を見たかったところ。この作品に常識なんて必要ないのだからこそもっともっと突っ切ってほしかったように思うところではあるかな。もう少しメインの人物を廻してローテしつつ狂喜したほうが良い部分も少なからず感じられるかなと思う。

*ランス・アンド・マスクス -2点

 正義のヒーローものなのか騎士道物なのか。なんと形容していいのかわからない部分は多々感じる作品であったと一つ一つの要素は兎も角としてもそれらの部品が上手く合わさって一つの作品を作ってオルゴールを鳴らすことが出来ていたとはあまり考えられない。ぴったり部品同士があわさっていたようには感じられない作品だった。それこそ尖った要素も感じられることは個人的にはなかったある種尖っていたのは作中の槍だけだという感じで、一人一人のキャラクター性をうまく出せていたとも考えにくいと思うところで一つのキャラクター性を永遠と魅せられているかのような感じになっていたところは否めないと思う。複数の側面からキャラクターを押し出して掘り下げていたとは考えられないところではあるかなと。だからこそこの作品の根幹にある魅力を掴ませるどころか出すことなく過ぎ去ってしまった感じもするところだ。王道でもなく覇道でもなく邪道でもないそれらから外れた道脇道を細々と歩いていたかのような作品だったと思う。

*落第騎士の英雄譚 6点

 単一ヒロイン+熱血少年漫画展開が見事に嵌っていた作品であるように思う。主人公の境遇も上手く見せていたと思うし、何より戦闘の演出力は今クールにおいて随一といってもいいくらいに演出を魅せることが出来ていたように感じられる作品だった。単一ヒロインになったことによってヒロインと主人公の関係を掘り下げる機会に恵まれていた部分もありつつ日常回も適度にありつつアラタナキャラクターが登場しても上手くそれぞれのキャラクターを処理していたと思う。だからこそ一人一人のキャラクターを掴みやすく尚且つ感情移入しやすくされていたように感じるところ。物語の展開が窮屈・生き急ぎには感じなかったので全体的に見やすくなっていたと思う。原作とアニメスタッフの意思統合というか歯車がきっちり嵌っていたと感じる作品だった。見せたいところも明確になっていたと思うし、そこに向けてのストーリー展開や演出も無理なくやれていたように感じるところではある。若干アニメ的な演出と作品の演出が釣り合いきれていないところ(蔵人・雷切戦)もあったとは感じるがそれを補えるものは魅せることが出来ていたと個人的には感じるところではある。1クール作品だからこそ出来た演出という側面も十分にあると思うし2期をやっても同等以上を出せるかどうかとも思う。だからこそ駆け抜けることが出来た作品だったと思う。

*すべてがFになる THE PERFECT INSIDER 2点

 アニメとしてこの作品を旋律として上手く奏でるにはとても難しい作品だったように感じるところだ。本当に1本のストーリーであってこそこの作品は輝くように感じるし、アニメとして30分毎にやっていたらそれこそ魅力を出すという点では毎回急ブレーキをかけているように感じられた。闇雲の中を駆け抜けるような感じがして一つ一つ噛み砕きつつ尚且つ登場人物の中に入るのではなくて登場人物を考えなければいけないアニメーションとしてはつかみどころが難しい作品に仕上がっていたように感じられるところ。アニメ化に際してアニメから入る人間の為の声とデザインを使用したトリックを使ったのはアニメだからこそできるトリックであると思うしこれがだ最大限この作品としての文字文学と映像文学の融合したシーンであるように思う。 映画としてまとめていたらタイカンスピードや物語に対する理解度はまた違ってくるとは思うけれどもそれはそれで全体的な作品としての盛り上がりはもっと感じられたかもしれない。それこそこの作品は始まりの章であるようなので盛り上がりという時点では始まりにしか過ぎないのではあるがある種原作を知っている人のための作品でそこに焦点を絞ったマストアイテムではあったかなと。

*進撃!巨人中学校 -2点

 進撃の巨人スピンオフ作品なぜか中学が舞台巨人も人間も一緒でも巨人紅白出場歌手みたいな巨人以外服着てないままだしこの作品アニメ作品と同時に実写作品と合体した作品だしでなんだかこの作品のアニメはやってもよかったのだろうかと思えなくもないところ。実写版の方が(サシャ的意味で)インパクトやギャグの強さってのは出ていたようにも感じられるところではあったりするのはどうなんでしょう?ギャグ展開も原典をうまく使っているようには感じられなかったしそれこそ原点部分をそのまま使っているような印象が強かったところだ。だからこそ他のと混ぜてケミストリー起こしてもよかったとは思うんだよね。さすがに他の作品も使っているからその化学薬品を使いたくなかったのかもしれないが…。パロディとしてもギャグとしてもいまいちパワー不足のまま最後までいってしまったように感じられるところが強い。設定とかもっといろいろとつかえたように感じるし巨人と人間が普通に暮らしているアンバランスなところとか生かしきれていないように感じられた。なんだかいろいろなものが宙ぶらりんの状態のように感じられた作品だったように思う。


*学戦都市アスタリスク-ファーストシーズン- 1点

 分割2クールの1クール目な作品である。A-1はいくら監督やPの力が作品を左右するとはいえ抜本的な制作体制の見直しをやってもいいのではないのだろうか?戦闘シーンを出来るだけ省略している感じがして力の入れどころなのに力を散れ切れてない感じがしてならなかったところである。尖った要素というかそこに力を掛けているという要素をこの作品からはあまり感じられなかったのも魅力を欠く要素の一つとなっていたように感じる。キャラクターを描写するまではいいけれども掘り下げる愛着を持たせるという展開があまりなかったように思うところ。あくまでイベント上の出来事で付き合うようになったり仲良くなったりすることが多くて成り行き上の展開に見えてしまっていたと感じる。それこそ各個人に戦闘やストーリー展開上とは関係ない展開を小刻みでもいいのでは産でキャラクターの掘り下げをすべきだったと思う。登場人物が多いこともあってか早く展開させなければいけないような強迫概念みたいなものを感じてしまうしそれによって淡々と進んでいく印象が進んでいくごとに強くなってきた作品であったように思う。

*ヴァルキリードライヴ マーメイド 1点

 おっぱい監督とおっぱいPが出会って衝突して出来上がったおっぱいである。メディアミックス作品であり原典はゲームであるのでオリジナルアニメというには少し違うような。監督とS構成的にマケン姫通でもある。(この2人がこの作品を手がけたのはマケンでおっぱいやったからだと思う)…が短編集だったそちらとは違い1本のシリーズとなっているけれどもおっぱいのおっぱいによるおっぱいの為の作品になっているように感じられてストーリー的に言えば原典の方にゆだねられているような印象も受けるところではあるかな。ストーリーよりもおっぱい優先・インパクトおっぱい優先ところが個人的に感じられてしまったのはちょっと残念である。インパクト重視・おっぱい重視は一けれどももう少しそれを横に置いて必要最低限にしてもっと王道ストーリーを強調して欲しかったように感じるところではある。だからかメインストーリーに対するフックがあまり感じられなかったかなと思うところではあったりちょっと損しているように感じるところだ。ストーリーを主眼にしつつもおっぱいがある展開になっていたらとまた印象的に違って見えただろうと思う。それだけに今回は添え物であるべきものの味が強く出過ぎたように感じた作品だった。

*影鰐-KAGEWANI- 2点

 UMA「奇獣」の謎を探るオリジナルアニメ作品。独特の雰囲気を持つ作品である種この作品らしさこの作品でしかできないことが詰まった作品であるように感じられるところではある。この全体的なテイストや演出・影鰐モブはある種他の作品が輸入し使用すればいい化学反応を起こしそうな感じもするところではあったり。特にホラー作品そうでなくてもインパクトは生まれると。未確認生物だけあってなかなか話の本質を魅せない作りになっていたように思うしこの作品が自身の正体を見せて築かせるまでに少々時間が掛かったように思うし時間かかってしまったと感じる。だからこそもっと早めにこの作品だからこそ本質をチラ見せしてもよかったように感じさせるところはあるかなと。タネアカシは12話だし一つ一つの未確認生物は繋がっていないように見せているところもあるので…。まだ完全なる決着がついていないところもあるからこの作品の良いところをとことん突き詰めて短編ではなく長編として魅せたらどうなるのかは見てみたいかな?

*ワンパンマン 2点

 ワンパンチですべてを蹴散らすヒーローアクションアニメーション。演出力というか戦闘シーンの力の入り方はここ数年のアニメの中でも指折りの作品になっていたように思うところでアクションシーンはなかなかのものであったように思う。この力が…にあればなと思いたくなるそう思わせてしまう力があったのは確かだろうと思う。アクションシーンにもっと音の力だったりその戦闘に至るまでのストーリーの積み重ねがあるとより見ごたえがあるものにはなっていただろうと思う部分はある。ワンパンチで終わるのが大半だからなかなか戦闘シーンにたるまでのプロセスにのめり込みにくい部分がある。ある種読み切りで力を発揮するタイプの作品ではあるのでインパクトは出せるものの地続きのストーリーを魅せるまでには至っていなかったように感じるのは少々残念だ。演出の力も戦闘では発揮されているけれども日常部分ではよりキャラクターを魅力的に魅せることがあまり出来ていなかったように感じるところだ。サイタマを不用意に落としすぎているように感じるし敵を使い捨てにしすぎている。ヒーローたちの掘り下げがあまり出来ていなかったのは残念ではあるかな。ラスト2話はアクション漫画だけれどもそれまではギャグマンガであるように思えるがアニメでは最初から最後までシリアスのアクション漫画にしようとしていてその辺りの違いが大きく亀裂として生じそこに多くのものが飲み込まれてしまったように思える。

*ハッカドール THE あにめ~しょん 5点

 とある○松さんの陰に隠れて権利を恐れないことをやっていた作品その2である。理解可能領域を超えそうで超えないぎりぎりの分かる範囲を狙ってむちゃくちゃをやっていた作品でもあると思うしインパクトを最初から最後まで維持していたというのは非常に難しいことを維持していたように感じられるところではあったり。ある種設定をうまく使ったなと思えるところではある。力の入れどころも工面して工夫を施していたと思うしアニメとしての力強さとは?を考えさせられる作品だったようにも感じられるところではある。これから様々なことを網羅するのも難しいように感じられるが上手くやったなぁと思える。純粋に笑いに向き合って笑わせる楽しませることを重視して作られたのではないのだろうかと思うところだ。これならばいくらでも作ることが出来そうな勢いも感じるところではあるけれどもやっぱりそれは難しいところではあるのだろうか?これからを維持していくことは綱渡りするのと同意義だと思うしね。でも1クールだからこそ出来た大きな花火ではあったと思う。

*新妹魔王の契約者BURST 2点

 分割2期で全10話の角川書店お決まりの定番シリーズ。1期の時は全体的にとっ散らかった感じが強く感じたものではあるが2期ではその辺りは割と整理されて人物像なり世界的背景なりを感じやすくはなったように思う。仲間集めも終わっていたために仲間の内情により深くは入れるという利も功を奏したのだろう。主従契約シーンも無理やり入れていた感じのする1期の時よりは割合少なくなって露骨さは無くなったかな。でも今一歩踏むコム要素がなかったようには感じてしまうところ。このあたりは1期から続いている部分もあるように感じる。見やすくはなったけれどもパンチ力という意味ではないままに終わってしまったようには感じるかな。物語そのものも続いてはいる訳であって、物語そのもの謎にもやっとした謎をずっとてさぐっている感じがしてすっきりした印象はストーリー部分からあまり感じられなかったのも辛いところではあると感じる。主従契約とかあってこその物語設定になっている感もあるからそなお足り物語により深みが欲しかったかな熱さや世界そのものの深さあってこそより際立つ部分はあると思うのでその辺り気になった感じはずっと引きずってしまっていたと感じる作品ではあった。

*終物語 0点

 これで物語シリーズ何回目のアニメ化だろうか?もう最後まで本当に終わるところまでアニメ化するのだろうしようやく傷が出てくるそういった意味では折り返しのような気もしないでもない。アニメーションとしては徐々にシリーズを重ねるごとにアニメとしての何かを失いつつあるような感じがしてならないのではあるけれども傷がアニメ化することによってこれから後に何か大きな変化が現れることを期待したい。生先にきついながらも演出を利かせていた初代から徐々に余裕が出てきたことによって演出やストーリのつまみ方が緩くなってきたのがアニメとしては力を失いつつある主因の言うにも思える。ずっと説明をしているだけになってしまっているところもあるし全体の一つのシリーズに対する緩急のつけ方も弱くなっているように感じるところだ。大きなマンネリ感がシリーズに付きまとっているところも大きいだろう。それを払拭する大きな手だてが感じられない。あまり新キャラに頼らないのは強みでもあるし弱みでもあるかな。大きな爆弾とは言わないけれどもこの作品も新しい血は常に入れ続けなければならないのかもしれないと思う。

*ヤング ブラック・ジャック 2点

 手塚治虫のブラック・ジャックを原作としたブラックジャックがブラックジャックになる前を描いた作品。混沌とした時代背景が一番でていたように感じるしその時代だからこそやり取りが行われるこの時代だからこその命の物語。個人的には時代的な背景が命の物語よりも重視されたように感じられるかな。それこそもっと命の重みの物語を出していってほしかったと思うところではある。この時代だからこそ描かれるものでもあるけれどもブラックジャックとしてはやっぱりそこよりも命と命の物語が本質として重要かなと感じるところではあるので。それがより出てきたのがラストだったと思うのでこのあたりの物語をより出していってほしかった理不尽さもあるけれどもブラックジャックとしてはいろいろと物足りなく感じてしまって「ヤング」としてはこんな感じになるのは感触的にありかなとそう感じる作品ではあったかなと思う。スターシステム等々手塚作品らしさもあったりしているけれども、やっぱりヤングブラックジャックがブラックジャックになるまでの物語は描いてほしかったかなと思うところではある。

*ノラガミ ARAGOTO 5点

 ノラガミ2期。神を扱った作品であるからか2期にしてあんなことが起きるとは予想外だったと。オリジナルストーリーを展開させた1期とは違って2期は原作の展開重視になったように感じる。ラストから見てスタッフは3期や原作完結まで展開させたいだろうしこの地力があるならばそこまでやってほしいと思うところではあったりするけれども…現実的には難しいところがあるのかもしれないけれどもその山を乗り越えて欲しい。ストーリーの山場的に2つの物語が展開させられた訳ではあるが構成的に収まりよく展開されたように思うしラストの次への布石は兎も角終わり方も上手くこなしていたように感じるところではある毘沙門篇がもう少しだけテンポが速く消化していたらとも思う部分はあるけれども、前半の始まり方に違和感があった1期だったり1期にあった予期部分をきっちり伸ばしてくれたようには感じられるかなと思う。アクションシーンもそのうちの一つではあるかな。少しだけ日常部分が少なくなったのは残念ではあるけれどもそれでもうまくやりきっていたとは思う。

*緋弾のアリアAA 1点

 緋弾のアリアのスピンオフ漫画作品のアニメ化である。本編主人公の金次がほぼ出ない女性オンリーみたいな感じになっているのが印象的である。本編とは別の視点から描くという意味合いからも女性重視になったのかもしれない。前半コメディ後半シリアスというのは1クール作品の構成としてはよくあると思うけれどもシリアスに対するコメディ部分への伏線が足りなかったように感じるところだ。もっとあかりの事だったり水蜜桃のことだったりと後半への布石をもっと序盤に感じられれば後半もより盛り上げることが出来たのではないのだろうかと思うところだ。だからこそコメディ部分とシリアス部分のバランスが上手く両立することが出来ていなかったように感じられるところではある。周りを出すことを掘り下げることを優先してしまってなんだか全体的にメンストーリーへの肩すかし感があったと思うしだからこそ思い切って周りの掘り下げはそこそこにして中心点をより掘り下げる形にしてもよかったかもしれないと思うところ。なんだかもう少し全体的な歯車がかみ合っていればと思うほかないところではあったように感じる。

*ミス・モノクローム -The Animation- 3 2点

 まさかの3期シリーズというなの2クール目ではある。地味に急に「3」を作ることになったのでは?と感じさせるところもあるわけだけれども2クール作品としてはいろいろとやりきったようなところも感じさせられるしメインストーリーを程よく進めて終結させた作品ではあるかなと思うところだ。でもその分理解領域を超えた展開が少なくなってしまったように感じされるところではある。本当にぶっ飛んでいる回もあるけれどもそれらをもっともっと見てみたかったというのが本音ではあるのだ。それらが繋がってこその作品であると感じるところもあっただけにその辺り連続ものになったことによって少なくなってしまったのはちょっと残念に感じてしまうところではあるんだよね。出来ることやりたいことをまとめ上げた感じもあるだけにこれ以上展開させられないような感じもするが理解領域を超えた話を引き下げてさらに昇華された展開をこれから先も見せてほしいところではある。

*ご注文はうさぎですか?? 0点

 ごちうさも2期ですか?この作品が受け入れられた一番大きな要因は体の大きさに対しての頭の小ささ堅持してバランスに常に気を使っていたことにあると思う。顔(頭)は中・高ヘルなのに体は幼保ボデェということがない(少ない)というところが小中学生向けアニメでも何気に出来ているところが少ない部分をやったということにあると思う。だからバランス的に違和感を感じることが少なかったと思う。だが笑いのポインとが見えずらいままなのは1期とはあまり変わっていなかったように感じるところであるアタラシイキャラクターを増やしてもそのバリエーションが増えたとはあまり思えないかな。甘い世界でのギャグだからこそその世界に入っていないと笑いを感じにくいように感じられたところだ。内輪感が強い世界だったのがさらに内輪に向っていったように感じるところでありそれは次第に外に対してはさらに弱くなっていったように感じる。キャラクターに対するかわいらしさを増やしたとしてもそこからの深さが生まれていないように感じるしこのうち世界への違和感はぬぐえないところではあったと感じるところだ。もっとキャラクターに対して踏み込んでいってもらいたいところではあるけれどもそこまで行くことはあまりないんだろうなと感じる。

*ゆるゆり さん☆ハイ! 4点

 OVA+特別篇を経ての3期シリーズでありつつこの特別編スタッフが製作したシリーズとなっている。1・2期にあったような強いギャグ要素が消えて穏やかなギャグ要素になっているのが特徴にあげられる作品。だからこそギャグ重視だった時と比べると日常の掛け合い重視原作的な要素を重視した作品となっているように思う。強いギャグ星から下手OVA作品としてのこの手法が受け入れやすいとは思うけれどもTVシリーズとなると少し弱腰のパンチを打ち続けているかなとも思える部分。常に気を張ってササエの土台になっている要素を失っているというか排除している部分もあるので弱いところは弱いというところが強調されたように感じる。ストーリー的な強弱がついていないで淡々とこなしたと感じるところが多々ある。これは劇場版OVAを経た特別篇でもうすうす感じられた部分ではあるけれども淡泊なところはとことん淡泊なのでもう少し塩味が強くても十分よかったと思うところではあったりする。まったり楽しめるテンポは維持しているだけにある種日常系武装である薬という笑いをところどころ取り逃がしているように感じられてしまうのは少々残念なところではあるかな。時折1話に対するオチも弱いところもあるし強い毒に対する薬は出来ているけれども薬に対する耐性に対抗する手段は持ち合わせていなかったかなと感じるところだ。

*俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツ♥された件 2点

 作品タイトルが変更されたけれどもそれを逆にゲッツに使うとは。そして本編のゲッツ構成に拍車がかかったようにも思えるところではあるかな?この作品はこの作品で独特のノリを享受していると思うのでこの独特のノリについていくことが出来るのか独特のノリに慣れることができるのかどうかによって作品の印象は大きく変わるように感じられるところだ。メインストーリーの外で展開されてきたことが今回のシリーズではあまり回収されるままに展開されてしまったけれどもいつかアニメとして回収する用意はあったりするのかな?それとも続きは原作でどうぞコースだったり?ラストの一応シリアス展開はTVシリーズとしてオチをつけるために必要だったのだろうけれどもそこをシリアスせずにコメディで行ってもよかったかなとは思う。庶民に対するお嬢様要素とお嬢様に対する庶民要素が上手く合わさっていたかというとあまりそうは感じないところではあるのだけれどもいろいろと噛んでいくごとにどくどくの味が出る作品ではあったと思う。

*対魔導学園35試験小隊 1点

 角川本店には珍しく全12話作品が2本あるうちの1本目である。魔女と科学と戦争と割と個人的な琴線に触れる部分はあるのだけれどもそのワードから想像していたものからはかなり違うものが出てきたように感じられる作品となったように思う。鎧騎士の要素は個人的には突き放されたかのような感じではあったけれどもその辺りは関z千二好みの範疇ではある。でも最初から設定先行・世界観先行なところが感じられたのは少々残念ではあるかなと。もう少しキャラを出してからのこの展開だったら印象も違っただろうと思う。この世界だからこそのキャクターという感じがして設定の中でキャラクターの性格や行動理由が生まれてしまっているように感じられてしまった。だからこそ世界にもキャラクターにも今一歩踏み込むことが出来なかったように感じるところだ。もう少し自由な感じは欲しかったと思えてしまう。キャラクターと世界と逆に出していたらもっと大きなポテンシャルは出せていたかなと個人的には思えるが…。

*櫻子さんの足下には死体が埋まっている 3点

 角川本店には珍しく全12話作品が2本あるうちの2本目である。最初はこの作品は「死」や「生死感」に対してのアプローチ・「死に対する意味合い」へのアプローチを強くしてくれる作品だと感じたのではあるがそのアプローチは作品のフックとしてしか使われいなかったのが非常に残念に感じる。個人的にこのあたりへのアプローチはカナリ的を得たところがあるからこれらへのアプローチを続けていってくれると思っていただけにね。実際の所は生者の方へのアプローチが強かったように感じられる。結局死を起こすのも感じるのも人間というところはあるのかもしれないが、それならばもっと生者の狂気をよりまがまがしくしてもよかったと思う。花房みたく…大半が狂気にまみれていない感じだったところもあるので。この歯車違いがこの作品に対する見方の違いに大きな影響を及ぼしてしまったところは否めない。単話完結に徹してほしかった部分も存在するかな。花房の話は兎も角としても…それと各話回によって根幹からのアプローチが足りてない底堅い回があったのに次の回には底板が外れているような違いが大きく出てしまった部分は否めないように思う。もっときれいに取り出されることができる骨ではあったように感じるだけにこの違いは綺麗な骨にひびが入ってしまったかのようだ。
 

*スタミュ 高校星歌劇 3点

 青春歌劇アニメーション。ミュージカルではないものの不思議と土台が似た作品が揃った時にやってきたオリジナルアニメである。散らばった流星が一つになって星を作るそんな青春激を中心とした物語が展開されていて青春劇としては1クールで収まりよくやっていたと思うところだ。困難を乗り越えつつ団結して意図つの大きな事柄をやっていくという意味ではベタなら柄もそのベタをアニメとしてやりきった感じではあるかなと思うところ。華桜会の確執だとか拾いきれていないような感じもする話も展開された部分もあるのでこのクールでは彼らが一つにまとまって一つのことを成すという部分を中心として描いていってほしかったという思いはあるかな。前半部分はそれぞれの担当攻略界に寄り過ぎていたように感じるところもあったりするところではあるし、他のとの絡みや繋がりももう少しあってもよかったかな。青春劇としては綺麗ない感じではあるけれども少し綺麗すぎたところもあるのでこの先があるならば熱量ととより尖った部分が出てくるところを期待したいかなと思う。

*Dance with Devils 4点

 吸血鬼と悪魔によるミュージカルアニメーション。エレガが関わっているとなればこの作品がどうしてミュージカル仕立てになったのかも推察することができるというものである。個人的には海外洋画ミュージカル作品のようにずっと歌っていてもよかったのだけれども流石に日本アニメーションではそれで作り上げるというのも難しい部分ではあるかな。でも見たかったという思いも強いからちょっとさみしさを感じるところではある。歌劇に近い印象は強いように感じられるところではあるけれどもちゃんとミュージカルらしさは取り込んでいたように思うし、ストーリーもしっかりそていてきっちり作品のテーマを出すことが出来ていたと思うし一つの恋模様にちゃんと決着をつけることが出来たというのはよかったように感じられるところではあるキャラクター見せが終わった後の中盤~終盤に差し掛かる辺りはもっと大きくストーリーが動いてもよかったかなとは思う。新たな可能性としてアニメーション界に一石を投じることを始めたそんな作品ではあったかも。

*DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD 1点

 1期の時は後半から一気に畳みかけるように物語を回収したから今回もそういった感じで回収するのかなと思ったら回収するどころか流しただと?続きはゲームでということなのかもしれないが乙女ゲーはナンバリング方法が複雑だから原作はどこから始まりどこが最新なのか分かり難いという欠点が。新たな兄弟たちを迎えての新シリーズではあるけれども基本的に1期とはテイストは変わらないままにやっていたように思う。若干Sポイントが少なくなったと感じるところではあるけれどもあとはどちらの兄弟が好みなのかどうかそれとストーリーに対する思いがどうなのかによって2期の反応は変わってくるところだろう。若干人数が多くなっているので出番に差が大きく出始めているようにも思う。だから登場人物の過去や人物背景の掘り下げなど回収・吸血イベント一辺倒になりかけていたところも感じるかな。やはりストーリーというか謎はきっちり回収してほしかったと思うところだ。尺が短いとはいえね。やっぱりこうなると3期目で決着をつけるという展開はありえるのだろうか?

*シュタインズ・ゲート- STEINS;GATE - 23話 「境界面上のミッシングリンク」(β) 4点

 TVシリーズ再放送での内容変化というのは初かな?再放送に新作を入れ込むというのはハルヒがやっているけれどもそこだけ内容を変えるというのはこれが初めてのように思う。正統続編のゼロ-0-の宣伝の為とはいえこういった形で新作を宣伝するのも機関の罠ではあるのかもしれない。新分岐というか確かにEDとしてはあった世界をやるというのはTVシリーズではやり切れなかった部分でもあるので再放送だからこそやることのできることをやったようにも感じるところだ。初見には厳しいのは確かにあるけれどもゼロに対する興味を既存ユーザーに伝えるということにおいてはこの作戦は成功していたと思う。一粒で二度おいしいというはこのことではあるのかもしれない。ただ同じことを繰り返していくのではなく新しい形を模索することは広がっていくことに繋がりそれが重要である。世界はいつだってどこだって選択による分岐を繰り返している。いわばここが始まりであり終わりであるのだ。そして世界に終わりも始まりもなく永遠を繰り返していく。エル・プサイ・コングルゥ


*掟上今日子の備忘録 3点

 西尾維新作品の初の実写作品である。化とかではなくてこの作品からドラマシリーズというのは不思議な感じではあるけれども怪異等々奇想天外要素がそこまで関わってくるわけではないからこそドラマ化しやすかったという部分も大きいだろう。ドラマとしてはアニメ寄りの演出がされていたようにも思うところ。コミカル演出を意識して演出することによって作品ファンと出演者のファンだけではなくアニメのみのファンも得ようとしたことが分かる。このコミカルな演出は全体的に言えば作品を簡易に理解するための助力をしていたように感じるところだ。 最大にして最新の謎が明かされず仕舞いだったのは原作が続いているからであるのだろうけれどもなんだかんだでいえばカジュアルな探偵ものかつカジュアルな恋愛作品にはなっていたようには感じる。もっと強い探偵要素+推理要素があってもよかったと思うけれどもそこはカジュアル気質になってしまっていたように感じるところ。化をこのスタッフでドラマ化して、備忘録を化スタッフでアニメ化してみたらどうお互いに変わるのか一度やってみてほしいな。


*てーきゅう 6期 3点

 てーきゅうももう6シーズンもやっているなんだかここ最近連続している気もしないでもないしクールで○期って分ける必要性を待腕感じ無くなってきた気がするしもう本当に一時的な休みを入れないとなぁと自転車操業感がシリーズが続いていくごとに感じるところではあったりする。アーススターの陰謀を感じるかもしれない。6期目は力強いというかてーきゅうらしいぶっ飛んだ話を時折ではあるが感じることも出来たわけだしそれなりにシリーズが長くなることが前提の話作りというか爆弾設置も出来ているようには感じるところではあるかな。個人的にはもっといろいろな方向にぶっ飛んでいってもらいたいところではあるのだがそれはそれで難しいところではあるのかもしれない。 このままいったらどこまで行けるのかはある種見ものではあるがぶっ飛んでいくことだけは忘れないでほしいところだ。

*血液型くん!3 -2点

 これも4期シリーズ決定済みの作品ではあるが…折角キャラクターを増やしたのに対して上手く使われているような気配が全くない。というか女性陣がほぼ出ていないような感じではあるのだけれどもそいうのも男女間の絡みがほぼない状態だし何のために男女きっちり出したのかその意味すら失いつつあるように感じられる部分が強くなってしまったように思う。それこそ2期までにあったものが一気に無くなったかのような印象を強く受けるところではあったりするところだ。血液型という要素が一気に消えたように感じられるし血液型としての意味合いもないようなそんな印象すら受けるところではある。血液型バラエティから血液型を取ってただのバラエティになったかのようなそんなところではある。ある種もうネタがないのに…というところは感じれるのでこのままネタなしで行くのかそれとも大きな爆弾を持ってこれるか…もうどちらしかないのかもしれない。

*あにトレ!EX 5点

 いっしょにとれーにんぐのTVシリーズっぽい作品。企画・スタッフ・キャラクター・CVは違えども発想原典は同じに感じるところではある。あくまでストレッチが主体だから人物背景とかなかなか見えてこないところではあるけれどもこのエクササイズ撮影をしている「男」と思われる存在が一体何者なのか最初から最後まで気になって仕方なかったところではある。その撮影者=視聴者という感じあるのかそれともないのかはっきりしないままに過ぎ去って行ったように思うところだ。エロイズム・フェチズムを最大限に生かしたアングルづくりがされていたけれどもそれが最初から最後まできっちり続いてほしかったなぁとは感じるところではある。それこそダンスはそれを排除した作りになってしまっていたのはこの作品の根幹を揺るがしているようには感じられるかなと。願わくばこれから先の展開も十分に考えられるだろうからその根幹たる土台を大幅に強化して次なる期で大きく戦って欲しいところではあると思う。強化する・出来るところはさまざまあるからこそ夢として見てみたいのだ。

*雨色ココア Rainy colorへようこそ! 0点

 まさかこの作品は2期目をやるとは思っていなかったのだけれども時間的な尺が増えたと思ったら実写パートで実質この作品の尺は変わらない。監督が変わったことによってテイストもかなり変わったように思うし、1期のメインキャラクターがこの2期ではほぼ出番なしということもあってかなんだか馴染めないままに終わりを迎えたようにも感じるところではあったりする。ほぼキャラクターを入れ替えた理由は察することは出来ないがそれならば既存のキャラクターとの絡みを増やした方がよかったんじゃないかなとも思うところではある。時間が短いこともあってかキャラクターの掘り下げもままなっていないところはあるかなとは思うところではある。力を発揮することなくというか力なきまま戦いに挑んでしまったかのようだ。上手くやれば安定した作品をとしてより楽しめそうな感じはするのになと思う。

*青春×機関銃 13話 特別篇 「獣たちの戦場だなっ!」 5点

 TVシリーズとは一線を画すかもしれない特別篇。本編は後半はシリアスムードが漂っていたけれどもこちらはふっきれてギャグ重視のシナリオ作りになっていたように感じられるところだ。個人的にはこれくらいのテイストをより多くの本編ストーリーで見てみたかったと思うところではある。それは全体的な兼ね合いもあるから難しいところではあったかもしれないけれども折角だからコノテイストをと…。ある種これが一番見たかったという思いは自分の中で前々から根付いていたのかもしれない。本編から離れたからこそ出来たエピソードではあるのだとは思うが。でも出来ないことをこういった特別篇でやるというのは利に叶っていると思うしTVシリーズのOVAの形としては理想形態ではあるのかもしれない。なんだかんだでメインの6人以外の活躍も見てみたいところでゃあるがそれは原作に期待するところではあるのだろう。でもメインの6人の夢の共演ってこれが最初で最後になるのだろうか?それともこれから先もあるのだろうか? 

*普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。クリスマススペシャル「みんなでお祝いしてみた。」 5点

 定番シリーズ化しているようなろこどるOVA第2弾である。定番シリーズとしてやっていけると思うからこの単発OVAシリーズはこれからも細々でもいいから続けていってほしいと思う。前回はTVシリーズのラストから続いている部分はあったけれども今回は本当に単発している。メインの2人というよりは周り菜々子友人ズにスポットライトを当てた作品になっているかな?本編ではそこまでスポットライトが当たったとは思えないだけにこういった形で新たな側面を出していって貰えるのはありがたく思うところだ。メインのシリーズでは出来なかったことスポットライトが当たっていないところをからスポットライトを当てるというのは実にこの作品系のアニメにとっての王道をいっていたように思う。大きな山場もなければども大きな損失もない作品であったかなほのぼの楽しめる作品としてしっかりとやっていたように思うところである。ポイントを把握しソノポイントを抑えた作品になっていたと思うしだからこそシリーズをやり続けることも出来るように思う。


*Peeping Life TV シーズン 1 ?? 2点

 タツノコ×手塚プロによるゆるゆるCGアニメーション。本家本元とは一線を画す作品でCVも違うけれどもアドリブで作られている作品である。笑いを狙うのではなく半笑いを狙った作品だそうだけれどもある種このトリトンとサファイヤとハッチとBJがうぜぇという軽い気持ちで見るのが一番あっている作品であるように思う。個人的には其処に至るまでTVシリーズから入った人間だと時間が掛かるように感じられるところではある。それこそ今までシリーズ向けの作品を楽しんだ人向けにわざわざしていたように感じられるところではあったりする。登場するキャラクターに非常なる偏りが感じられるのは少々残念ではあるところかな。もっと折角のコラボTVシリーズなのだからもっと万遍なく尚且ついろいろこれでしかできない絡みをやっていってほしかったと思うところではあるかな。慣れるとすんなり世界に入っていくことができるというかゆるゆる雰囲気で楽しめる作品というのは最初から最後まで安定していたように感じられるところないのだろうか?

*旅のロボから 5点

 カラワンゴの例の企画34話目にして沖浦啓之監督作品。ももへの手紙を彷彿とさせる明るい作品であり起承転結纏まっているロボットの為の作品であると感じる。ロボットのエロを前面に押し出しながらも作風そのもの影響もあってかエロという感じではなくさわやかに収まっているのが印象的であるように思うところだ。このさわやかなるエロスは登場人物の個性を考えるとすごい異質なんだけれどもその異質を感じさせることなく収まっているのはすごいと感じるし、エロロボットをうまく使っていると感じさせられるところでもあるように思う。尚且つエロオヤジロボットというだけで分かりやすさを十分に醸し出していると思える。エロオヤジがどうしてエロオヤジでありそれを続けているのかこの作品にはその心理すら表現してる部分はあるのでないのだろうか?纏まりの良い笑える作品にきっちりと仕上がっていたように感じる。

*カセットガール-Cassette Giel- 4点

 例の企画35話目にして見本市そのものメインテーマ性も見えてきたような見本市の最終話。ベータがVHSが出てきたりと95直下のような昔と今が巧みに織り交ざるアニメ。最新鋭の自立型ロボットなのにベータで変身するとか時代逆行しているようにも見える作品ではあるがだからこそくすぐられる気持ちがある。画面アスペクト比をうまく織り交ぜているのも昔と今の上手く融合させている結果だと思う。今を知るならば昔を知れが如くここ最近の見本市の話に通じるテーマ性を十分出していたように思うところ。アクションシーンもしっかりしていたし短い時間の中で魅せるものを見せたといったところだろうか?懐かしさだけを出すのではなくそれをうまく感じさせることが出来ていたのではないのだろうか? 新しいものばかりが並ぶ中で昔懐かしい素材を出してきたことは大きな意味があるように思えるところ。

*トライブクルクル 0点

 ダンス教育義務化によって登場したダンスバトルアニメーション。最初の作品だからかダンス実写付ではあるけれども…これが必要ないかなと思うのはやっぱりダンス教育から溢れたものだからでもあるのだろうか?ダンスシーンはCG出しかできないだろうけれどもちゃんと細かい動きまで出すことが出来ていたと思うのはやっぱりDNP内でのCG作品の技術共有が出来ていると感じられるからでもあるのだろうか?全体の予算の違いってのはあるだろうけれども。後やっぱりこの手の作品はダンスによって世界が動くことになるわけではあるけれども、この作品によってダンスの良さを訴えていくことが出来たかどうかと問われれば難しいところではあるかな? 全体的に掴みずらいというか入っていきにくい空気みたいなものが感じられたし、ストーリー的に熱い展開が出来ていたかと言えばそうではないと感じられるところだ。 子供たち受けがどうだったかわからないけれども+に出来たとは個人的にはあまり感じられない部分ではあったかなと思う。

*わぐばん 2点

 アニメ系バライティーテレ東が声をかけたのがWUGってのは何か感じさせるものがあるように思う。それこそ両社は運命めいたもので繋がっているのかもしれない。それと劇場版の宣伝のため成ればこそ2クールで見たかったかなぁ。バトンを繋ぐ形だと言ってはいたけれども中間の代走者の役割もやってもよかったように感じる作品。いろいろと出来ることは多いと思うしまだまだやることもあると思うからこそずっとやってもよかったんじゃないかなと思うところではある。番組を持つという意味ではTV番組をオンリーでやるってのはすごいことだと思うしいい形で掘り下げもそれでいて別の姿も出すことが出来ていたし、しっかりと基本の甲地は抑えられていたように思うところではある。だからこそこれからやるにしてもどこまで発展していくことができるかこれからが勝負になってくると思う。だからこそその勝負も見てみたいかな。

*カードファイト!! ヴァンガードG 0点

 シリーズの転換点。スタッフ・主要キャストを一新しての新シリーズではあるけれども、やっあp理いろいろなところがガチっと嵌っていたと個人的には感じられる初代無地からすると、普通のカードアニメになっている感じがしてヴァンガードらしさというべきかそれともこの作品らしさを強く感じるところがあまりなかったように感じるところだ。強いフックがあるようにはあまり思えなかったのはちょっと残念。であり前作キャラも出てくるので…最初期は前作キャラクターを一切出さないで新規オンリーでやるべきだったところはあるかも。そこから発展させていってもよかったかなぁ。この作品らしいところを強くもっと強くあってもいいはずだと思うところではあるので、新シリーズがGを経てどう変化するのだG編の真価が問われることにはなってきそうだ。敵方にももっとイアンパクト的に強い人濃い面々がより見たい。

*仮面ライダードライブ 2点

 仮面ライダーなのにドライバーな刑事もの。強力な顔芸を持つ人たちの演技も見ものな作品。刑事ドラマを意識しつつ仮面ライダーシリーズに入れ込んでいる作品だとは思う。だからこそもっと踏み込みが欲しかったりするところではある作品のように感じられたところかな。謎をばら撒いている時がいろいろと試行錯誤的なところが感じられたというかここでよりきっちりした感じが欲しかったように感じる。終盤に行くにつれてすべてがいろいろと回収され始めた時はそれを感じられることはなかったので感じ方によるのか。 エピローグ等々を含めてすっきり終わることの出来た作品ではあると思う。 目立った派手さや尖ったものはないけれどもライダーという作品に触れるにはちょうど良い塩梅に仕上がっている作品であったかなと。あとドライバーでもライダーやっていけるんだなとライダーの懐の深さを感じられたようにも思える。

*ワールドトリガー 1年目(邂逅・黒トリガー争奪・ボーダー入隊・大規模侵攻・B級ランク戦(下位).各編) 3点

 ワールドトリーガ原作水準の1年分。2年目からはオリジナル展開に入るしスタッフも大きく変わって毛色自体も大きく変わってくると思うので1年目は1年目だけで…。最初は大規模侵攻+記者会見で終わると思っていただけにランク戦までしかも原作単行本放送当時の最新巻までやってくれたのは予想外で嬉しさを感じた。アニメとして見たかった部分を見れたと思う。しかしながら最序盤は全体的特に演出・構成的にワールドトリガー感を感じられる作品で無かったことが悔やまれるところだし、1年目全体を通して見てももう少し戦闘演出は頑張ってほしかったと思うところは多々ある。けれどもそれ以上にしっかりした力のある戦いも見れるところはあったのでマイナス分は強いけれどもワールドトリガーの戦闘はやっていたのではないのだろうか?全体的に日常演出も少し違うなと感じるところが多かったのは痛かったかな。2作品のOPはすごい好みに仕上がっていたし、特に後半のOPは出せるだけ出しておけ的な気合を感じた。1年という短い間ではあったがワールドトリガーのアニメは見れたように思う。

*ジュエルペットマジカルチェンジ 1点

 7年目に入って3クールになってしまったと思いきや7年目はご褒美であり6年目でシリーズは終わる予定だったらしい。でも地味に7年もやりサンリオ作品でも最長・最強のシリーズ作品となったというジュエルペット様王道から奇行種まで取りそろえるとはサンリオ様の懐は無限大だ。7年目の作品としてはもう少し毒気が欲しかったところではあるしCパートはなくてもよかったように感じるところではある。その分本編の話をやってほしかったのだけれどもあっちいったりこっちいったりと様々なことはやっていたと思うところではあるしいろいろとやっていたけれどもオチとしてもそれでもきれいに落としたわけだしシリーズのラストは飾ることは出来ていたように思う。3クールで集大成的なとはいかないまでも毎回シリーズで出来るだけ多くのキャラを出していって欲しいところではあるかな。メインが急にリスとトラになるとちょっと辛いところがあるしね。このシリーズを経て新作シリーズどこまで行けるのか気になるところではあるがやっぱり爆弾は持っているのかな?





*心が叫びたがってるんだ。 7点

 長田将のあの花仲良し主要3人スタッフによる完全新作オリジナルアニメーション作品である。恋愛劇な作品というよりはより青春群像劇としての色を強めた作品になっていて恋愛要素はあくまで付属としてついてきた感じが強くする作品でもある。誰しもが抱えていることを問題の柱とすることによって共感しやすいように作られているし、メインの4人の問題がリンクしつつも各個人の問題として離れていることによって、その隙間に共感や共鳴そして自分自身を入れることが出来るようになっていると思う。だからこそ誰しもがとは言わないが幅広く層に見やすく尚且つ共感しやすい環境が作られていると感じる。あの花で得たことが生かされているとも思うしそれが苦手だった人にも受け入れやすくなっていると思う。アニメ的に難しいことに挑戦することによって得られる部分も多いと感じるかな。物語がヒロインメインなところもあるからか少し男性陣からのサインor矢印が薄いように感じられた。そこはもう少し描写して彼らからの物語も強くしてほしかったと思う。その辺りは少し引っ掛かりを感じてしまうというか後あと1文が欲しかったと感じるところだ。さすればよりラストをよりクリアにすることが出来たと思う。それでもこの物語は非常に澄んだ物語で心の中に染み入ってくるように感じられたところでもある。ただ綺麗なだけではなくクリア・澄んだ・清いというところで収まっているからこそこの作品は昇華されたものになっているのではないのだろうか?

*劇場版 ガールズ&パンツァー 5点

 TVシリーズ開始から3年、OVAからは1年と時間を掛けることになってしまったガルパンの劇場版である。だがしかし時間を掛けるだけの物を出してきたと思える。シリーズ集大成とも言われるかもしれない試合シーンは今までの演出をまとめ上げてちゃんとシリーズとしての演出を確立したものになっている。音楽・演出・音響とこの3つの歯車がしっかりと結びついてこそこの作品はより強固な力を発揮するその力を見せた劇場版でもあった。爆破・爆炎・爆風エフェクトなどでその力を十分体験することができるように思う。何十人と居るメイン・サブの登場キャラクターそれぞれにしっかりと見せ場を設けているのは圧巻というか劇場版だからこそオールスターというのをうまくやりとおしているように見える。大なり小なり出番に差が出てしまうところは仕方ないとは思うがその大なり小なりできっちりキャラクターを出しているとは思うところだ。それだけのキャラクターがいながらもちゃんと各チームに見せ場が用意されているのも思うだからこそ劇場版から入ったキャラクターも入り込めるようにその辺りは上手く作られていたように感じるところだと思う。だがしかしキャラクターを見せ場は用意することが出来ていてもキャラクターを本位から行動させる掘り下げることは出来ていなかったようには思う。心のうちまで描き切ることが出来ていなかった。特にTVシリーズでメインを張った人物ほどこの傾向が強い。この戦いの中でのより多くの成長を見せることは出来ていなかった。たとえ集大成的な物語だとしても別の一番は少しだけでも見えてもおかしくはないけれどもないのは気にかかる。新旧のキャクターを見ることが出来てもそこから奥深く感じることは出来ていなくてどちらかと言えばこのあたりはキャラクターの多さに振り回されていた部分でもあると思う。ストーリー展開としては予期されたものではあるけれどもそこを不愉快に感じさせない勢いをうまく使った展開をしていたと思うところだ。廃校話の再蜂起やオールスターを作るための展開等々もう少しやりようはあったかなと感じる部分があるのは確かだと思うしもっと別なものを見たかったと思うし、試合シーンはもう少しTVシリーズぐらいの分量に劇場版は締めておくべきだったかなと思う。この作品にとって長さを感じさせてしまうのはよくなかったと思う。そこ以外の部分はDVD版にDCとして入れ込んでもよかったかなと。予期される展開だからこそ安定性はあるけれども試合に対する熱さというものが薄まっていると感じる。TVシリーズやOVAと比べるとよりそう感じてしまうのだ。だからこそそこを重視・予期した展開を吹き飛ばす力を出してもらいたかったかなと感じるところも存在する。だからこそ単作品としては平均点ではあるがシリーズとしては及第点であるかなと思う。

*リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード 6点

 アニメミライから単独劇場版へと至ったある意味アニメミライを体現した始まりの一つの作品ではあるのもと思う。約2年越しの新作アニメーションではあるが1作目の時と雰囲気も作風も変わらなく尚且つ上映時には1・2作連続上映というとても優しい上映構成になっている。勉強もケンカもあこがれも全部ひっくるめた奮闘記にしっかりと仕上がっているように思うし、大きな壁を乗り越えるシーンはしっかりと動く演出がなされているように思う。度のキャラクターも個性的になっていて短い時間でもキャラクターを掴みやすいように工夫がされているように思う。独特の造形と相まってこの作品だからこそできることがなされているように思う。2作目からのキャラクターも同様のことを記す。個人的に言えばもっと画面的な派手さが欲しいところではあるけれどもその辺りは好みではあろうか?物語にのめり込む、キャラクターに深い感情移入をするというっ寄りは其処に立っている感覚を味わえる作品であり童心に帰ることのできるかのような感覚を味わえる作品だったと思う。アニメミライにおける上映(OVA)→劇場版ときたからには次なる展開はTVシリーズを期待したいところだ。

*劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza 4点

 TVシリーズ・劇場版DCを経ての劇場版後編かつアニメ版アルペジオ完結編となる作品。完全新作ということもあってか艦隊戦には力が入っていたように思うし、TVシリーズ以上に派手になっていたように思うところ。どちらかと言えば派手メインなところもあってもう少し物量作戦(ありったけのミサイルぶっぱなしまくれ的な)メインな戦闘描写も見たかった自分としては少し戦闘的なパワーを感じたかったなと思うところもあるけれども…。DCからのメインキャラを含めてのある種オールスター作品であり物語にしっかりと落ちをつけていたように思うところ。まあ登場シーンに差があるし各個人をより掘り下げていくことが出来たのかと言えばそうではない(特に霧の生徒会メンバはもっと描写があってもよかったはずと思う)キャラクターに対する割り振りの消化不良は大いに感じてしまったかな。描写というか物語の謎としては謎のままに捨て置かれてしまっているところも存在するわけではあるけれども、アニメシリーズ的に考えればこれはイオナと偶像の物語でありこのラストに「なる」「よる」というのは必然でもあったように感じるところではある。DCでの総集編で切り取りされた描写と新規の描写を合わせてもこうなると言われていたと思うしアニメ版が目指した道は理解することが出来るしこれでよかったと思うところだ。だけれども感動には寄り切ることが出来なかった部分も感じるし尚且つ熱さという部分にも寄りきれなかったとは思うかな。

*屍者の帝国 1点

 ノイタミナムービーシリーズ4作品目にしてProject Itohシリーズとしては1作品目になる作品である。良質な大人向けエンタメ作品を目指している感じであり映像力と言葉の表現力が作品には求められて、視聴者側はこの作品の映像力・言葉の表現力を理解し解体再構築する力が求められる作品だったように思う。ある種3部作の1作品目としてはとてもハードルが高い感じがしてならないし、この作品が提示した100の事柄を100として還しているのかと考えるとそれを絶対的に出来ていたとはいいがたいと思う。逝ってしまえば難解ではあるけれども難解として解くための解が不足しているように感じられる作品ではあったように思う。問題と答えがちゃんとすべて描かれていないような…。もっとエンタに徹してもよかった感じはするかなと思う。軟式でやるつもりがいつの間にか公式でキャッチボールをしていたと思えてしまうところではあるかなと。前半パートと後半パートの根底成る性質は変化していると感じられたし2つを繋ぐパイプはもっと太くてもよかった。一つ一つの表現しきるためのギアがそれぞれ1つづつ足りなかったという感じでもっと踏み込んだものは欲しかったかな。しいて言えば始点は確かに伊籐計劃ではあるがそこから円城さんの伊藤さんへの語りや問いかけになり自分の中での伊藤さんに対する死への整理になりその後は最後は追伸:仲間たちとうまくやっていますがあなたのことは忘れていませんという言葉が綴られる物語であると思う。

*劇場版 FW:ハマトラ (Fw:HAMATORA フォワードハマトラ) -8点

 ハマトラも劇場作品と相成った訳ではあるけれども短い尺の中の中で2クール分の総集編というのは無理をしすぎていると感じるところだ。そもそもSDアニメをプラスしても90分ほどしかないのに2クールを纏めきれるわけがない。1クール目や2クール目前半をほぼカットして後半のみ集中した構成となっているからなかなかにして知っている人間でもこれをうまくとらえることは難しいと思う。何のためにこの総集編を紡ぎ出したのか明確な答えを得ることが出来ない気持ちが強くなったのは言うまでもなく中心核として魅せたい物語を再度出したに過ぎない。マワリノキャラクターもいろいろとカットされた部分が大きすぎてこれだけだとただ出ているだけになっているのはいかんともしがたい。出番を得ている人物についてもそこまで強くやりきっている訳ではないので起承転結の起承部分が抜け落ちてしまっているように感じるところだ。それならばアニメでは描けなかった過去の出会いの物語だったり完全新作として世に出して欲しかったと。劇場版制作という報がこの作品のことだとしたらそれはとても寂しいことである。SDアニメもギャグ要素をうまくやりきったとはあまり感じられなかったので何とも言えないものを感じてしまった。だからこそエゴを扱うことが出来なかった作品であったとおもう。

*ハーモニー  5点

 プロジェクトItouの2つ目の作品であり2作品目→3作品目→2作品目という公開予定遍歴を巡った作品である。生への執着と死への恐怖。生と死への挑戦状がこの作品では描かれたように思う。この作品を図として死者を鍵にし器官をまた図とするとこの計劃はおのずとプロジェクトを見せる。そのプロジェクトが何なのかはおのずと答えを見出せるだろうがその図を手に入れるまではとても困難にされている作品でもあるように思う。何重にも言葉を重ね欠いていて本質を見るには答えを探さなければならない一つではこの計劃はプロジェクトとして完成しない。鍵を持っているからこそ死と生への恐怖という図を手にれられたのかもしれないと感じる。映像的に常に動きを入れたシーンがあったり3Dと2Dのへの入れ替えが頻繁に行われつつそれを気付かせる作りになっているのが多々気にかかるところではあるがそれらのものを補うものは十分に感じることが出来たように思う。また赤と血がこの作品に特徴的に使われていたことを記す。それは生と死の象徴であるように感じられた。最初は死への渇望が描かれていたが最後には生への執着が描かれたと感じつつこの作品が2つでありつつも1人の物語であったように思う。この計劃が生と死を経つつも新たなる生へと紡がれるのであればこの計劃は完成しているのではないのだろうかと思う。
 

*GAMBA ガンバと仲間たち 2点

 今なぜにガンバ再アニメ化なのだろうか?その答えはどこか案外近いところに転がっているのかもしれない。白組によってフルCGアニメーション作品として生まれ変わったガンバである。長年の功績や技術のたまものでもあるCGは違和感なく収まっているように思うキャラクターも異質に感じなく動物というイメージと現代的アニメーションをうまく調和させているように思えるところ。もう少しノロイとの決戦ではバトル感やバトルそのもの熱い展開は欲しかったかなと思うかな。子供向アニメーションとして作られているからかノロイの怖さみたいなものが少なかったのはちと残念であるし全体的にマイルド感はすごくするところ。でも子供向けアニメとしては上手く収まっているように思うしこの作品を見てもらいたい層というのははっきりしていたと感じる。仲間たちとサブタイトルが打たれているが仲間たちとの絆をうまく表現しきることが出来たかと言えばちょっとそこまで行くための表現は足りなかったかなと思う。それぞれにガンバについていく前までの掘り下げみたいなものがあってもよかったかなと思う。動機付けみたいなものが足りなかったと。考えれば考えるほどにもう少しの展開があるので生み出しにくい部分ではあるがそれぞれもう少し踏み込んでほしかったかな。

*009vsデビルマン 6点

 009とデビルマン。似ても似つかないような2つの作品が時を超えて奇跡のコラボ。水と油どころかたしても掛けても合わないような作品を見事に調和融合させた作品であるように思う。前提として009とデビルマンの基本的な要素とキャラクターを知っておく必要性があるけれども、初弾からそれを吹き飛ばすようなインパクトは十分ある。2つの作品の演出基準を持たせながらも1つの作品のとしての落としどころはしっかりとあると感じる。30分×3本のOVA仕様でありOPとEDが毎回挿入される作品となっているがそれを削ってもう30分追加して本当に一つの2時間映画として作り上げてほしかったと思う。さすれば細かな説明だったり、要点つまむ為に削られて説明不足・演出シーン不足になってしまったところを補うことが出来たのではないのだろうかと思うところ。その辺りが気になってしまうところを覗けば本当に一つの融合した作品としてコラボレーション・VSシリーズとしてキレイな着地を見せていると感じるところだ。既存のメインキャラクターだけではなくオリジナルキャラクターもこの作品には登場しているけれども両者を融合させるための働きを見せていると思うしサイボーグ(人間)と悪魔が出会ったら神が誕生するかのごとく物語の要素としてみせているように感じる。それぞれのキャラクターが上手く調和し2つの要素を見事に1つにしている作品だった。今の時代・今だからこそ生まれることが出来た作品だったのではないのだろうか。

*たまゆら ~卒業写真~ 第3部 憧-あこがれ- 4点

 たまゆら4章中3章目の物語であり大きく次章へと最終課題を持ち越した今までにあまり感じなかった展開をしている作品だと感じるところだ。それによって全体的に言えばオチが持ち越した感じにはなっているけれども大きな確信めいた最後の本題も見えてきたようにも感じるところ。この最後の確信に対してどのような決着をつけるのかは最終章へとなっているけれども。一応皆の進路も出てきたことだし笑顔で終われるのかそれとも涙で終わるのか。時期をも合わせてきているだけにこの3章目は何とも言い知れないものも感じるところでもある。不穏な雰囲気というか完全に綺麗な空気以外を感じるからこそでもあるのかもしれない。いつも以上にサブタイトルが生きた展開をしていたようにも思う。そういった意味ではたまゆらが描いてきた一つの道にが終着駅に至ったとも思うところではあるかな。悲しさというよりは寂しさを感じる章でありすべては次章の為の章だったかなと思う。

*Wake Up, Girls! 続・劇場版後編 Beyond the Bottom 3点

 WAG新劇場版第二弾にして新劇場版後編完結編となる作品。TVシリーズにつなぐことになった1回目の劇場版や時間を掛けてストーリーを作ることができるTVシリーズ、後半に向けての盛り上がりを提示することが出来た新劇場版一作目からすると今回の後編か今までのストーリーラインとは別なストーリーラインに急激に入った感じがしていろいろと無理に詰め込んで盛り上がりを欠いてしまったように感じてしまうところだ。ストライクだったと思ったのにボール判定を受けたような女ギリギリの感情ラインではあるけれども少しだけ今までとは違った感じはするところではある。でもこれからに向けたと思われるストーリーが水面下で進行していたり、ダンスシーンには力を入れてくれたりといつも通りというかちゃんと2部作の劇場版らしくしているところもある。WAGらしさとはなんなのだろう?という大きな問いに対する答えも見えていないようで見える結果となっているし、全体の問いに対する回収はしっかりとやっているように思う。1本の物語としてのこの後編劇場版は2つの物語に分裂してしまったようではあるけれども、1つの劇場版として出すことになっていたら、1本120~90分×2本として出すことが出来ていたらまた違ったのかも…。


*映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン! 4点

 妖怪ウォッチの劇場版も第二弾で第三弾も決定済みな第二弾。今回は1本の長編ストーリーを展開させた前作とは違って、オムニバス形式が採用されている。5本の短編を見ると1つの物語になる方式である。メディアミックスとして次なるTV・映画作品である「スナックワールド」も展開されるけれども妖怪層にこのスナックワールドが受けるかどうかというのは完全に未知数だけれども…。5本のストーリーはそれぞれきちんと感動系のストーリーとしてまとめられてはいるし、5本目の物語につないでいく要素が他の4本には出ているように感じられるところではある。けれどもこの物語を1本の映画としてひも解くには考えなければならないというのが小学生やその小学生に連れられて妖怪を見に行く大人たちにとっては少し難しいのではないのだろうか?と感じられた。それぞれの物語を大人が子どもに伝えることによって親子間の会話を生み出そうとしていたのではないのだろうかと感じるところだ。だからこそTVシリーズをそれなりに見ていないと分かりずらいところがあるように感じられる。こもたちにとってみれば単作でもインパクトがある回の方が受けやすいだろうしね。そういった意味では今回の映画のターゲット層が少し引き上げられたようにも感じられるのだ。だからこそ単純で明確な部分が求められたようにも感じられるし妖怪ウォッチとしての力としては少し不十分には感じられてしまったところではある。妖怪が本当の意味で定着していくのかどうかはこれからの1年間と次なる劇場版に託されているのかもしれないと思う。

*デュラララ!!×2 転 外伝!? 第13.5話 「お惚気チャカポコ」 2点

 TVシリーズ2期目の2クール目から派生したスピンオフOVA作品であり前回のOVA上映と同じである。2期2クール目の13・14話の間を描き出した物語であり前回とは違った縦の中の物語ではなくて横に平行した物語が描かれている。前回と同様の構成であって最初に総集編がつくわけではあるが、ナレだけではないものを入れてほしかったかなと思う。2回目ではあるのだしそれくらいのものはあってもよかったのではないのだろうか?今回のOVAはそれこそTV放映時から企画されていたように感じる上手く本編とリンクしていたしそれこそ予定されていたからこそ切り取られたのではないのかと思えるくらいにはリンクしていた。物語上明かされなかったことも明かされるわけではあるけれども本編ではなかなか拝めなくなった非日常の中の日常だからこそ日常出というかイチャラブ要素はもっと欲しかったかなと思う。あくまで一つの話としてのキャッハウフフ感もより欲しかったかなと思う。短編としては確かに馴染むことができるのではあるが一つの物語とすると少し縦横のシュチュエーションが欲しかったように感じるところだ。枠を守りつつも枠を超えてほしかったかな。

*劇場版 デジモンアドベンチャー tri. 第1章 2点

 初代TVシリーズたるデジモンアドベンチャーの続編にしてデジモンシリーズ最新作にあたる作品。キャラクターデザイン・CVの変更など大きく様変わりを遂げることになった作品ではある。やはり初代デジモンアドベンチャーに思い入れがあればあるほどにこの作品に違和感を感じてしまうところがあるのは事実であるし慣れるとしても時間が掛かるところはある。物語的に言えば今回はまだキャラクター紹介と舞台説明が終わっただけで何も始まってはいないものの全体的に初代の影を意識しすぎて引っ張られていたところはあると思うし、この作品らしさを十分に出すことが出来ていたのか?と思うとそれを十分に発揮することが出来ていたとはいいがたいように思う。デジモンの「進化」やデジモン同士の戦闘シーンなど力が入れられていたところはあるけれどもそこよりも引っ張られてしまった全体の足を止めているように感じる。悩ませなくてもいいところを悩ませたりしていたと感じるところもあったし新キャラクターをどれほど生かすことができるのかと思うと滅入る部分はある。それ成ればこそ、6つのTVシリーズを1作品1部として6部作品のオムニバス形式でもよかったんじゃないかなと感じるところはあるというかこっちでやってもよかったんじゃないかなと思う。初代の影に入ってしまいつつ(も)自分で大きく飛び立つことが出来ず仕舞いのまま1章目は終わってしまったと感じる。このままいくと不安の方が強くなるがそれでもこの作品らしさは十分に出していってほしいと感じる。


*RWBY Volume 1 6点

 アメリカの「RoosterTeeth Productions」が制作したWEBアニメシリーズの日本語吹き替え版である。3DCGで作られた本作は荒さはそれなりに感じるものの日本のアニメを意識して作られているからかその質感は受け入れやすいものになっているように感じられるところだ。日本のアニメとして生まれていたのであればこういったところは強く描くだろうと思うところはアメリカ的に切られているかなと感じるところも多い何より笑いが実にアメリカの作品であると感じさせる。「フルハウス」のような笑いを提供しているように感じるところ。コミカル演出もあるのでその笑いに慣れているのであれば十分受け入れられるように思うし、全体のテイストに気を使っているからかそこまで気にはならない。アクションシーンもしっかりしていると思うしもっいとみてみたいと感じるところだ。物語的にはまだまだこれからといったところではあるがこれからの盛り上がりを大いに期待させてくれる作品となっているように思う。キャラクターもしっかりと立っているし世界観もなじみのあるものが使われているから受け入れやすい作品になっていると思う。アメリカの個人・同人製作作品といった作品ではあるがこうした形で日本に上陸するのはある種運命だったかもしれない。多くの人が楽しめる作品であったと思うしこの作品にはそのポテンシャルを秘めているように思う。


*機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア 2点

 4部作作品の2部作目であり折り返し地点に入った作品である。前作で個人的には不要だと感じずにはいられなかったギャグ要素やMS戦闘は前者は排除されており後者は物語上必要と感じられる部分に収まっていたように感じるところではある。それらが無くなったことによって前作よりは幾分物語への感情移入をしやすくなったと感じるしすっきり自分自身の中に入ってくる作品にはなっていたかなと感じるところではある。ストーリーライン的にこれからという感じの所で終わるからか盛り上がりを感じられることなく終わってしまうしもう少し尺を取ることが出来ればとストーリー的に足りないように感じるところは少なからずあるところ。塩梅の良いシリアスに収められていると思うけれどもそこからの先行きが少し不安に感じるところ。後もう少しだけ単体の作品としての盛り上がりを感じたい作品ではあるのだがその為のピースが欠けたままになっているように思うところだ。あと一押しの要素を感じることが出来るのはシリーズラストになるのかもしれない。事実上2つの物語が折り重なっているところがあるからこそ一つの作品としての核を感じることが出来ないままでいるのかも…。

*映画 ハイ☆スピード! -Free! Starting Days- 2点

 Free!の前日談にて原作・原案ハイ☆スピード!の後日談にあたる一本の時系列にすると中学生編のストーリーが展開されるがこの作品ハイスピなのかFree!なのか立ち位置が不鮮明で物語も原案が原作になっていたり、Free!とは世界線がつながらない部分も強く色こく出ていて、だけれどもFree!的な意識も強くてとどちらかのファンであればあるほどに気になってくる部分は強くなっているように感じられるし、1つのシリーズとすると大元の作品が原案になったり原作になったりしているのはどうよと、その辺りの立ち位置なり内容をはっきりさせずに最終的に持ってきたのは広報戦略がミスっているとは感じるところだ。作品としては青春劇に中心点を置いて思春期だからこそぶち当たる問題を提示解決して上手くラストシーンにすっきり入ることは出来ていたようには感じるところだ。問題提示→解決はいいけれども全体的な物語の起伏はあまり感じられなかったかなと思う。大きく盛り上がるところがなかったというか大きな問題があるわけではないのでそこに向かって解決するという盛り上がりがなかったと感じるところだ。少しずつ問題を解決しているしあくまで日常の中で問題を解決しているように感じる。それぞれの物語は一本の意図として出来上がっていたけれどもそれら束になった時に京子のものになっていたかというをそれは感じにくいと思う。Free!とハイ☆スピード!の違いが出ていたように思うしその違いが違和感に繋がり今回の作品においてはFree!に寄り過ぎていたように思うし離れていてサブタイトルとしては入れなくてもよいとも思うところだ。この作品の複雑な部分が出てしまったように感じるし唯一無二にはなりきれなかったかな。


*実写映画版 バクマン。 0点

 デスノート実写ドラマに続いての実写映画化である。どちらかといえばこの作品もドラマ化しやすい作品ではあった。漫画を描いているシーンやランキング上位を取るためのバトルシーンなどこの作品独特の表現があるけれども個人的にはそのシーン描写として必要だったかなとは思う。EDのクレジット表現はこの作品だからこそっぽくていいのだけれども、バトル等々奮闘するシーンは必要だけれども態々そうしなくてもよかったんじゃないと思えるところではあったし全体的な決着をつけるところを無くしているのでなんとなく収まり悪い。俺たちの戦いはこれからだ+○○先生の次の作品い期待してください。的な終わり方で終わってしまったのは不満。どれか一つでも決着はつけてもよかったんじゃないかなと思う。こうしてみるとTVシリーズ化を見越して作られたような感じがすごくしてしまったし実際ありうると思う。家族の話や女性陣はバッサリカットだし全体的に一つにまとめるために話や展開が纏められているだからこそ全体的に何とも言えない印象は少なからず感じるところではあったかな。友情と努力はあったけれども勝利はなかった。そこに至る熱い展開も熱さという印象まで至ることは出来なかったように思える。
 
*劇場版 「亜人」 第一章 「衝動」 3点

 TVシリーズ・劇場版同時進行の劇場版1章目でありTVシリーズにすると4~5話相当ストーリーが展開される章である。基本的にストーリー構成的に言えば主要登場キャラクターを見せて尚且つ基本行動概念を出したところまでが展開されたように感じるところだ。まだ序盤だけに多くの謎が残る形提示された状態でとどまっているがそれらがちゃんと回収されていくのか?という点においては心配なところでもある。CG作品だけれどもちょっと終始画面が暗めであるのが気になるところ。同チームのシドニアではそういったところが少なかったからより気になるところではある。もう少しキャラクターを見やすくはしてほしかったところではある。IBM同士の戦闘シーンはしっかりしていたように感じるとこ炉であってこれをやりたいがための制作チームだったようにも感じるところではあったりする。ファーストインプレッションとしてはそれなりにやりきったかな。追い込むためにいろいろと展開をばら撒いている感はするがだからこそこれからのストーリー展開がどうなるのかまたTVシリーズとの兼ね合いがどうなるのか心配するとそれこそ心配というか不安が尽きない感じはそこはかとなくするところではあるが綺麗に落としてくれることを夢みたい。

*OVA 紅殻のパンドラ -GHOST URN- 3点

 TVシリーズ開始前にTVシリーズ換算で1~2話目にあたる部分のストーリーを映像化しつつ劇場公開された作品。だからこそ物語の機転としては終わりを迎えているがストーリー的に言えば今回展開された部分は始まりにすぎずTVシリーズが控えているとは言ってもモヤモヤを感じるところではあるかな。攻殻をゆるふわな繋がりがある作品ではあるが明るい雰囲気に照らされていてシナリオ設定も分かりやすくされているだからこそ初心者等々には入りやすく受けやすい作品にはなっているのではないのだろうか?個人的にはギャグ回りでテンポ的にうまく笑わせるには至っていないようには感じられた。なんだろう内輪受けで滑っている感じは少なからず受けたのでこのあたりはTVシリーズで別の物を見せてくれるとありがたいと思う。設定的にも物語そのもの本質的にもまだ顔見世ってところに留まっているがキャラクターの基本的なところは十分みせていると思うし受け入れはしやすかったかなとは思うところだ。アクションシーン的にも見ずらいことはなかったと思う。物語的にはこれからが本番だしアクションシーン的にはこれを基点としてより良いものを2つともTVシリーズで魅せてほしいと思う。


*機動戦士ガンダム サンダーボルト 第一話 6点

 4章中1章目の短編OVA作品でガンダムシリーズとは一線を画すパラレルスピンオフ作品である。短編アニメということもあってかやはり時間の尺の壁はついて回ってきてしまうところではあるのだけれどもそれを乗り越える要素は揃っていたように感じられるところではある。短いながらも簡潔に登場人物の関係性やMS戦を見せていて分かりやすさ重視で物語が構成されていたように感じるところだ。それゆえにここからは1年戦争に入ってもいいのではないのだろうかとも思えるところではあるか。MS戦闘もしっかりと作られていてMSが砲撃を受けた時のぐちゅぐちゅ感も表現されていたように感じるところだ。4K作品として作られていることもあってか大画面だからこその作りもしていたように感じるところ。もっと全体的な尺があれば登場人物やMS戦闘を掘り下げられると思うと短編OVA作品として留めておくにはもったいない作品だと思う。劇場版作品として世に出ても全然おかしくはなかったかなと思うところである。


*東京喰種トーキョーグール【PINTO】 5点

 東京喰種トーキョーグールOVA第二弾となる作品で今回は月山習を主役に迎えてお送りする作品。月山習という恐ろしい人物の魅力をあますことなく網羅しているとは完全にはいいがたいもののTVシリーズでは決して見ることが出来なかった彼の新しい一面を見ることができる作品に仕上がっている。テイストもシリーズそのままになっているし後味の悪さもそのままである。ファンなればこその作品ではあったかなと思うところだ。戦闘重視・というよりは月山習重視という作品ではあるので習の習による習の為の作品であることは間違いない。彼の見られない一面はある種彼によって巻き起こされるものではないからこそ彼の新しい一面を掘り起こすことに成功しているのではないのだろうか?TVシリーズ1話ぐらいでは彼の魅力を思う存分出すことは難しいとはいえこうしたシリーズをやってくれるだけでも十分なのかもしれない。

*映画 ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年 2点

 23年ぶりの劇場アニメ化作品である。映画でしかできないことをやっている訳でもド派手な展開があるわけでもないけれども落ち着いていて綺麗な作品として仕上がっているように感じる。一つの映画として出したいものを出すことを念頭にして作られていたように思う。言うなればTVスペシャルでやるような感じであり全体的な作りも映画・映画しているわけでも訳でもなくてあくまでTVシリーズの延長線上としてこの作品は成り立っているように思う。主に心の交流を描いた話でありその琴線に触れるのであればくなく楽しめるようになっているようになっていると感じるところ。しかしながらTVシリーズの延長線上にあるからなのかもしれないけれども山場は欲しかったかなと思うところではある。単調とまではいかないまでも全体的に堕ち付きすぎてしまっている感じは少なからずしたかな。あと留学生の配分はこれでもいいように感じるしもう少し全員に割り振っていたら全体的な感動は出せたかもしれないと感じるところではある。だからこそ映画的な要素は必要だったかもと思う。
 
*スター・ウォーズ/フォースの覚醒 3点

 スターウォーズ7作目にして新シリーズな作品である。EP7にあたる作品ではあるがEP7であることは大々的には押されていなかったように感じる。監督も配給も買収を経て変わっておりシリーズを冠しつつも全然な続編かというと難しく考えてしまうところではあるかな。スターウォーズを知らなくてもなんとなく聞き覚えのある見覚えのある要素は引き継がれており前作までの登場人物などファンサービスをしている部分もある。前作までのストーリーを知らなくても大体のところは楽しめるが設定上の深い部分はやはり前作までを知っておいた方が良いのだろうと感じるところ。ファイターによる空戦シーンやライトセイバーによる殺陣のシーンは少なかったようには感じるところだが殺陣のシーンが素人の剣道の試合みたいな感じだったのは少々避けてほしかったところではある。設定上致し方なくてもちょっと見栄えが悪かったかなと思う。魅力的なキャラクターを出し切れていないところもあるかな?味方側については「b」なBB-8を始めとしたメインキャラはそれなりにという感じではあるが敵方が完全に魅力的な敵にするまでに至っていない感じである。完全なヘタレにしか見えなかったからよりなんというか…という感じにはなってしまうところ。シリーズファン向けの要素もありつつ完全新規向けの要素もある、よいところも悪いところも併せ持った感じはする。この作品が単体作品としての良さを出しているかどうかは残りの8~9シリーズを視なければ分からないところなのかもしれない。

*L change the WorLd 1点

 デスノート映画版の続編でありLの最後の事件が描かれるお話でありこの3つの作品の続編が出てくるということもありつつけれどもやはりテイストからして本編とは違う展開になっている。映画版では原作では出来なかったことをやっていた部分もあるけれどもこの作品はある種オリジナルの上に成り立っている。動くLが見られるけれども動くLはLではないようななんというかとても
もやもやした歯車がずっと引っ付いているかのように感じるところではある。Lがこの世界を好きになる物語でもあるからLが今までやらなかったことをやるという部分はあるのかもしれない。Lとの同門対決もあるけれども今までの頭脳派Lはなりを潜めているようにも感じられる。見られなかったものは見られるのに見られていたものが見られないそんな両天秤がどちらかの大きく動いているけれども定まらない印象は強かったところだ。ある種Lという才能に踊らされていたのかもしれないと思う。








*<総括>
 
 尖った特徴がないのが特徴なクール。行方不明になっていた子たちが帰ってきたけれども力を蓄えていただけの力を見せつけることが出来たのか?尖った要素つまりはこれぞという強い突き抜けた要素があまりに感じられないところが多かったように思う。これをしたいこれを魅せたいんだ!という強い意志がなくてあれも入れてこれも入れて入れるだけ入れておけをして尖った要素魅せるべき展開をを無くしてしまったと思えて仕方ないように感じる。研ぎ澄まされた一点があればこそその作品は最後まで突き抜けることが出来ると思える部分もあるだけにその研ぎ澄まされた一転を感じる作品が少なかったように感じられるところではある。
 走り出した列車は止まることが出来ないわけではあるけれどもこの走り出してしまっている列車は最終的にどこにたどり着くのだろうか?このままいくと目的地すら変えることが出来なさそうではあるのだけれども。
 ここから先が正念場になってくるだけにアニメーションの底時からを魅せることができるのか本体総崩れになるのかすべては今までとこれからに掛かっている。
関連記事
プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示