Dies irae 2話 「獣の爪牙」 感想!

牙の鼓動

日常の鼓動

 悪夢は向こうからやってくる。強制的に巻き込まれたというか巻き込んだというか。蓮は0話の予言者であるメルクリウスと同一人物かな?いわゆる蓮から見るとメルクリウスは敵方に位置していた存在だけれども現状からすると味方側になっているのは後々明かされることにはなるだろうか。

 アニメだけでも膨大な設定の上に成り立っている感がすごい。と考えると設定資料集とか出したら広辞苑ぐらいの厚さになっても不可思議ではないな。どちらかといえばすべて解き明かされた後にこそこの序盤の意味合いが出てくるような形になっているから今は思い切って現状を受け入れるしかないのかも。

 いつの間にか周りは敵だらけというか蓮にとっての日常って何なんだろうな。教会での空間は蓮にとっての幸せであるのには違いないだろうけれども蓮がそれを日常として欲したのだろうか?

 次回 「悪夢の終わりは始まり」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示