アニメガタリズ 2話 「ツドエ、アニメガタリズ」 感想!

そこにアニメがあるから

イッパイアッテナ?変な名前~。

 やっぱり原典作品をそのまの名前で使えないというのはこの作品にとって不利だよなぁ。協力という形で名前だけでも使えるようにするべきではあったように思う。まあ絡んでくるから難しいし絡みを抑えるためには変えたほうが簡単でよいという判断ではあるのだろうけれどもやっぱり残念。分かりづらくなるときもあるからなぁ。

 部員も揃って本格始動というか毎回ピンチになる仕様ではあるまいな?アニメションを楽しむ者たちが突き当たるあるあるとファンタジー要素(つまりは普通のアニメ的な要素)をミックスさせた作品と言うんがよりはっきりしたように感じられる。その分この融合とファンタジーの結末をうまく取り繕うことが出来るのかかなり平均台の上で演技するような状態になるとも感じるところではあるけれども。

 ねこ先輩はオタスケキャラなのかラスボスなのか?原作なのかアニメなのか。スタイルがあるからこそ譲れない、そこをどう融通を聞かせていくのかがアニメを見る者たちが計りかねるところでもあるのだ。そいった意味ではいつでもどこでも調停者は必要不可欠なのである。

 次回 「エリカ、レイヤー×レイヤー」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示