劇場版 RWBY VOLUME 4 感想!

4つの欠片の物語

物語りは新たな始まりを迎える4章目

 ということでシリーズ5作品目も公開予定の「RWBY VOLUME 4」見に行ってきました。いわゆる「ビーコンアカデミー編」はTVシリーズとしても放映された部分つまりはVOLUME 3までではあるので今作からは新章となる。物語そのものが劇的に一新されるという訳ではないけれども岐路を迎えたチームRWBYの面々の個々の物語と世界の裏側で蠢く闇の勢力の物語が展開されていく作品となっている。 この大いなる闇との決戦を控えた新たなるシリーズもやっぱり3部作製みたいな感じになるのだろうか?それともVOLUME 5で勢力との決着をつけることになるのだろうか?

 このVOLUME4からは原作者であるモンティ・オウム氏が生前に残した素案を基にしたストーリー展開がなされている。こじんてきにはそれこそVOLUME1~2とVOLUME3でも割合違うところを感じるのではあるが、ここからはより演出的な違いを感じるものとなっているように感じられるところ。
 制作エンジンを大きくチューンしたのか各キャラクターのモデリングが変更になっていることも演出的な違いを感じる一因にはなっているように感じられるところではある。 より複雑なグリムを登場させることが出来ている訳だし基本的な制作環境が変わったように感じられたところだ。

 戦闘演出はやっぱり全体的に変わったとよくわかる感じになっているように思う。印象的なことになってしまうけれども少しづつシリーズを通して変化していっているがより変わったかなと感じられるようになっていたように思う。カメラワーク的なものよりも攻撃そのものに対しての変化が大きかったかなと思うところ。

 今回はチームルビーがビーコンアカデミー崩壊の折にバラバラになってしまったが為に、物語の軸として4つの物語が展開されている。 ルビーはジョーン・ノーラ・レンの3人と旅をする物語りが、ワイスは実家での物語が、ヤンは片腕を失ったことに対する恐怖とそれに伴う復活劇が、ブレイクは生まれた故郷をめざし旅をし、そして帰ってきた場所で新たなる目的を得るまでの物語が描き出されている。
 この4つの物語が入れ替わる形で1つの物語として形成されている形になっている。またルビーたちの物語の裏側で暗躍するホワイトファングとセイラムとその配下の姿も描き出されているのも一つの特徴となっている。
 4つの物語とそれに伴う一つの物語が一つの場所に向けて収束している形になっているように思う。

 ルビーたちの物語はレンとノーラの出会いと過去が明かされたのが大きかったように思う。2人の不思議な関係はどこからきているのか明かされたことによって2人の関係がより広がったように感じられるところだ。 レンとノーラの過去にグリムが登場したことによってこれ戦うのかなと思ったらその通りだった。でもケンタウロスタイプのグリムは今まで登場したグリムの中で一番奇怪だったかも。

 ワイスは父との関係が描かれたところ。ブレイクの家族と比べてしまうとある種天と地の差が出てきているように感じられるところではあった。姉と同じように父からの家からの脱出はワイスをこれからより変えていくことにはなってくるんだろうな。ワイスはこれからどのような道を歩むことになるのだろうか?

 ブレイクは暖かい家庭環境が示された。まさかの同行者であるサンもついているというおまけつきではあるが、サンが一緒にいることによってブレイクの心が一辺倒になり過ぎることはなかったように感じられる。ブレイクもホワイトファングとの決戦というか奪取という目的を得た以上にルビーたちとの関係をどうするのだろうか? ヤンとはわだかまりが生まれてしまった以上に解決する方が大変そうではある。

 ヤンはふさぎ込んでいた訳ではあるが大人たちからの励ましの言葉を貰い無事に前神酒なヤンに戻ることが出来た。ヤンはこうしてみていくとよりリームの柱として土台骨を支えていく役割を担っていくんだろうな。大人になるというかお母さん的な役割になっていくというか。 それでも母親のことはヤンにとっての大きな節目になるのだろうと思えるが。

 蠢きだし暗躍する影。 今回は敵方の幹部も明らかになったことによってよりこれからの対決姿勢が明らかになったように感じられる。 シンダーも傷からの復帰になったわけで敷く無くとも次章ではシンダーと決着ぐらいはつけることになりそうだ。

 オズピンは生きていたがオスカーと魂の共鳴しているし、セイラム側がそれこそ話を有利に進めているように感じられるところではあるだけに、チームルビーの再結成とセイラム側との決戦の血になるであろうヘイヴンアカデミーは物語のこれからを大きく動かす地になりそうだ。

 さまざまな雰囲気や演出が変化した章に感じられると同時に、今まであまり語られなかった家族との関係が語られた章でもあったように思う。 次は激動になると思うからある程度は今まで引いてきたものを片付けてほしいところもありつつ爽快ないものを出していってほしいと思う。

 次章 RWBY VOLUME 5
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示