戦姫絶唱シンフォギアAXZ 11話 「神威赫奕の極みに達し」 感想!

幻想溺死

アダムのあのセリフがフェっとぽい

 神の力を打ち砕く者。そして神の力が宿りし人間。地味に5期でボス候補と言うか戦うならば風鳴家になるんじゃないかな?と思える登場の仕方をしているように感じてしまう所ではある。大掛かりというか敵の敵は味方なようで敵という感じ。シンフォギアそのものはどうやら今回で戦うことになるのだろうか?

 アダムも巻き込んだ共闘作戦になるのか?響にどうして神の力が宿るに至ったかというのは次回辺りに明かされることになりそうではあるけれども、神の力を打ち砕けるからこそ逆に神の力を宿せるということでもあるのだろうか?ガングニールそのものの秘密に迫ってくる展開となってきそうではある。

 なんだかんだで響中心というかどのように物語が転ぶことになろうとしても響に帰ってくるということを実感させられたように感じられてしまうところ。 5期ですべて綺麗に終わるとしてもこの響に帰ってくるというセオリーは崩れることはなさそう。

 next #12
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示