結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 3話 「にちじょう」 感想!

かけがえのないもの

銀の国防仮面姿も見たかったな。

 と考えると不穏な影をめちゃくちゃ出している回ではあるんだよね。「にちじょう」というサブタイトルが付けられながらも日常とはかけ離れた影が物語に食い込んでくることを実感する回。劇場版では次回と共に一期に流れていった分のものもあるがTVシリーズではよりその影がはっきり出たようにも感じられるところだ。

 あわてない。あわてない。一休み、一休み。だからこそめちゃくちゃ詰め込まれた回でもあるプールに国防仮面に非国コスプレ大会とかこれでもかというくらいにイベント詰め込んでやったぜ!と言うのを感じれる回であると思う。やっぱりこれだけでも2話くらい作れるんじゃないかな。 TVシリーズで見れば見るほど6話構成って勿体ないような気が大きくなってくる。

 もうラストなんてフラグ作っているという感じしかしてこないから何とも言えなくなってくるところではある。でもだからこそこの『日常が光を持って輝く」というのを実感させられるところでもあるのかもしれない。

 次回 「たましい」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示