Fate/Apocrypha 11話 「永遠の輝き」 感想!

孤独なる輝き

ブラドVSカルナ

 大戦状態もクライマックスに近づいてきた。ブラドとマスターの密約はフラグにしか見えてこないところではあるのだけれどもこの状態からの脱出がなされることはあるのだろうか?ある種両陣営のセイバーだけがこの乱戦状態を心から戦える存在と言っても過言ではないようにも思える。

 赤の陣営は赤の陣営で繋がっている訳であるし、黒の陣営も同じようなものだし…そう考えるとセイバーだけがこの聖杯大戦において異質な存在になっているように感じられるところではある。それがこの聖杯大戦をひっくり返したりすることになるきっかけやカギになってきそうなところもあるけれど。

 ある種今回の乱戦はブラドVSカルナとWセイバーの為に用意されていたように感じられるところである。それだけにもっと乱戦があってもよかったかなと感じられるところもあるかな?

 next #12
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示