戦姫絶唱シンフォギアAXZ 10話 「アン・ティキ・ティラ」 感想!

頑なな意思

「絶唱」が久しぶりな感じ

 すっかりその存在感を失っていたように感じる。近頃全く持って使われなくなったしなぁ忘れ去られた要素ではなかったって事だけは確認することが出来たように感じられるところ。やっぱり結社とのバトルはこのシリーズ中に綺麗な形で決着がつくことになるのかな?それより上がいるとやっぱり倍々ゲームになりそう。

 やっぱり共闘するんですね。でももっと早くやれていれば更なる罪を背負わなくてもよかったようにも思える。別の道を探すことは出会ったころから提案されていたわけではあるので、なんてってたってアダムを信頼できる要素がその登場した瞬間からなかったというのもあるけれど…。

 錬金術と奏者のコラボレーションはどのような化学反応を起こすのだろうか? 今までにないものを出せるかどうかってところではあるのかもしれないが、ここでアダムの本当の強さが分かることになるのだろう。

 next #11
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示