ゲーマーズ! 10話 「ゲーマーズとネクストステージ」 感想!

もう解けることはない

洗いざらい総ざらいとは一体何だったのか?

 結局のところ5人が集まっても何も解決することなく謎の関係を複雑化させるだけであったということは間違いないというところではあってそれならばもう行くところまでいくしかないという。dふでも2~3人の疑問解決しても残り2人から別の疑念が出てきてそれがさらに転がっていくという。

 折角5人が全員揃ったのに浮く雑化した関係が解決することなく逆の疑念が深まるとは。もう神がいじめているとしか思えない関係になっているように感じるところではあったり。5人の関係が開所素荒れた時にそこに神がいたら5人は神に対して何を言うのだろうか?神様フルボッコになるくらいに言わないとおかしいと感じてしまうけれど。

 ゲームよりも景太も結局人間関係重視?もう焼け野原になるまで突き進むしかない我が覇道状態。花憐と景太が付き合っているって実は夢なんじゃ?

 次回 「ゲーマーズと青春コンティニュー」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示