プリンセス・プリンシパル 10話 「case22 Comfort Comrade」 感想!

その時だけは全てが輝いて

ドロシー回

 ドロシー・アンジェの旧友委員長。アンジェよりも訓練生時代はドロシーが人気。ドロシーだけが出来る生き方をしていたからでもあるんだろうな委員長だけではなく他のクラスメイトからも地味に表には出さないにせよドロシーのことを委員長と同じような目線で見ていた存在は居そうだ。 彼らの物語をやるだけでもまた新たなシリーズが作れるな。

 旧友の処分。スパイにとって避けられない未知の一つでもあるように感じられるところ。委員長が2重スパイに手を出したのも薬に手を出したのもと考えるとドロシーと過ごした夢の時間は彼女にとって永遠に忘れられないものであると同時に永遠に解けることのない重荷にもなってしまっていたんだろうな。 発砲のその瞬間を映し出すのには驚いたけれど。

 Lはプリンセスたちをかばっていたから飛ばされたのだろうか?飛ばされただけならば御の字ではあるかもしれないけれども…アンジェとプリンセスの物語はどのような結果になるのだろうか?

 next #11
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示