セントールの悩み 11話 「花の名前は……は人の数だけあるんだよ、ってきっと嘘!/美しさは人の数だけあるんだよ、広義で言えばきっと本当?」 感想!

大人には分からない世界

ちーちゃんず回

 ラスト前だからか一気にちーちゃんたちに振り子を振ってきた構成になっていた感じ。大人には分からない子どもの世界、子どもには分からない大人の世界。いつの間にか子供は大人になって子供の感情を忘れてしまうし大人はいつの間にか大きくなってしまう。子供も大人も満足する人間っているのだろうか?

 子供も子供の世界で大変。周りの子の為に勉強をしなければならないし周りの子のために自分の身を挺して守らなければならない。そうして大人への階段を上っていくわけだけれども、そういった意味では子供の時が自分ではわからないけれども一番輝けるときでもあるのかもしれない。 無我夢中で何もわからなくても世界を広げていけるわけだから。

 大人から見た子供の世界は楽そうだけれどもいつの間にか大変なことを忘れてしまっているんだよね。そういった意味では日常は日常にかき消されているともいえる。

 次回 「ファンタジーをRPG気分で作ってみた。/激闘!腕相撲!女だらけの勝負の行方は」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示