プリンセス・プリンシパル 6話 「case18 Rouge Morgue」 感想!

因果が連れて狂うもの

case18だと。

 ここにきて一気にcase18に飛ぶことになろうとは。2クール分の物語があっても不可思議ではとは思っていたけれどもそれぞれアニメで提示されない物語も作られてはいるけれどもどこか別の媒介で合間の物語を埋めることになってくるのだろうか?そう考えると全体の物語の数はそれなりにボリュームがありそうではある。

 ドロシー回。父親との物語。ドロシーがスパイになるきっかけを作った人物でもありドロシーが唯一の肉親。この先にある
真実をドロシーが知ってしまった時ドロシーは…。家族の物語が提示されるのはある種ドロシーの人間味を出しているようにも感じるからこれから先重大な決断を迫られることにもなってきそうではあるんだよな。父親との物語以上の。

 アンジェとプリンセスはこのままいくとどちらかコオされてしまっても不思議ではないんだけれども。彼女たちが目指すものがアニメの中で提示するところまで行けるかどうかわからないけれど、終幕はこの2人の物語にはなるんだろう。

 next #7
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示