賭ケグルイ 6話 「誘う女」 感想!

死らからのいざない

"SAW"で出てきそうな部屋

 二つの誘い一つは天国で一つは地獄?もしかしたら両方とも天国であるかもしれないし恐ろしくは地獄かもしれない。入ってみるまでその答えを知ることは出来ないし知ってしまうことすらも許されない誘いを受けた時点で避けることのできない急転直下の運命であることは確かなのだ。

 妄な女の登場。ある種夢子と同じように賭けぐるった存在であるだけに夢ことはどんな形であれ様々な相性は良いかもしれない。こんな形で出会うことがなければそれこそ最強のタッグとして世界中のカジノから出禁を喰らう子tの出来るコンビとして世界中に名を馳せることもあったかもしれない。

 生徒会長は謎女、会長の腹の底を知ることになるのはもっと先になることだけは確かだろうと感じるところではあるけれどもそのうちに秘めるものは到底通常の精神では耐えきることは出来ないだろうな。

 次回 「拒絶する女たち」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示