2016年1~3月期(冬期アニメ作品)TVアニメ総括・レビュー 的なもの。

2016年(1月~3月)冬アニメ・冬期劇場公開作品の一括レビュー<以下テンプレ>


*個人的にはあまりアニメやゲーム・漫画作品に対して点数をつける行為というのは好きではなく
嫌いといってもいいほどなんだけれども、一応分かりやすさ重視を目指して目安の点数をつけています。
10~-10点の20点満点で点数はつけています。。

*点数はあくまで個人的な感覚であり厳格につけている訳ではないのでその点はあしからず。

*基本的に1クールごとに放映終了した作品・上映した映画をレビューしていますが、
作品の視聴管理もかねてこの期間に初めて見終えたり、まだレビューしていない作品を
改めて見終えたりした場合にもレビューをしています。

*レビュー作品のネタバレ・賞賛・批判等々あります。 以下点数目安。

10点は10年に1作生まれるか生まれないかぐらいの傑作
9点はその年における優秀作品
8点はそのクールにおける優秀作品
7点は良作品 このあたりから押さえておく・一見の価値がある。
6点は基準点よりは上の佳作
5点が基準点 大きな可もなく不可もなく
4点はもう少しだけ何かが欲しい作品
3点は粗が目立ってくる作品
2点は粗が多くある作品 
1点は決定的に足りないものがある作品 
0点は粗も足りないものも多くあり過ぎる作品 基本的に4~0点に評価が固まる
-1点~-10点 不満が多く出ていてどうしても否定的になってしまう作品。


*うたわれるもの 偽りの仮面 3点

 うたわれるものの続編というか新作完結編に向かうための作品である。これは二人の白皇がアニメ化されなければどうしようもないところもあるわけではある。まあアニメ化してくれるだろうとは踏むけれども前作うたわれるものからすると今回の偽りの仮面のアニメ化は少々メディアミックス要素が強くなってしまったかなと。ほぼオリジナル構成と要素を強く含んだことはこの作品にとって良い方向にも悪い方向にも強く働いていたと感じる。前半日常後半シリアスな構成はいいけれども原作にはなかった要素を強く足しすぎた本編との語弊も生まれてしまってしまったのはいただけないところだ。フォローするという意味合いを大きく超えたところもあるのは個人的には呑み込めないところもあったかなと。本編との違いがあっても考えればそうだよなと感じ取れるところはいいのではあるが、二人の白皇のアニメをやる時に大きく困ってしまうように感じられる。完全に同じにしろとまではいわないけれども最低限のその要素は守ってほしかったかな。今作品はゲーム原作発売とアニメが近すぎたというところも少なからずあるのかもしれないが…。そういった要素が悪目立ちした感もあるけれども、アニメ化してよかったところもちゃんと感じ取れるところはあったかな。よかったところ悪かったところを精査して次につなげていってほしいと感じるうたわれるものシリーズがここまでアニメ化されてよかったと感じられる最終章になってほしいと願うばかりではある。

*機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 3点

鉄と血なまぐさい新たなるガンダム。直近で組んでいたのにも拘らずこの作品も長田作品になっている。鉄血要素というかこの作品は監督主導だというのは超電Sやゼノグラ辺りを踏まえると分かると思う。もちろん長監督要素だけではなく田要素もこの作品には感じられるところではあるのだけれども今作に限ると2人の相性の悪いところが出てきたように感じられるところだ。鉄血的な要素を重視する側と人間的な要素を重視する側の折り合いがあまりよくないように感じられたところではある。その衝突がゆえに序盤以降から物語を回るチェーンの周りがよくなったように感じられるところではある。中心的なキャラクターを立てるところまではいいのだがそうではないキャラクターや中心的なキャラのより深い心情などは立て切ったとは言いにくいかな。物語まだまだこれからの所もあるが中着地点というか中心地点が見えにくくなっていたように感じられるところ。鉄血を優先するのかそれとも人間的な物語を優先するのか・・・どちらも取ろうとした結果ストーリー展開が少し半端になってしまったかなとは感じられるところではある。これから先これらをひっくり返してほしいと感じる作品ではあったかな。

*彼女と彼女の猫 -Everything Flows- 5点

 新海監督が世に出した最初の作品を原作とした作品。オリジナルストーリーによるアニメ化となっている。意外な組み合わせによるアニメ化ではあったわけではあるのだけれどもこれもUSATが出てきたからこそ世に出てきた作品はあるのかもしれないと感じるところ。出会いから始まって別れに会いそしてまた出会いに始まるというのはこの作品にとって当然の帰結であったのだろうと思う。2人だけの物語が展開されていくことによつてその物語に入ることができた作品でもあるかなと感じるところだ。彼と彼女どちらの側からも物語を見ることができて尚且つ全体的な余韻だけではなく各話単位の余韻もきっちりありまた感じられる作品に仕上がっていたように感じるところだ。それでいて一本の物語としての側面も強く感じられるところではあるので全部まとめてみて考えるというのがこの作品としては一番合っていたようにも感じられるところではあるかなと思う。さまざまな思いが詰まった作品ではあったかな。これあがきっかけとして新海監督が直接手掛けたオリジナルアニメのTVシリーズも見てみたく思いいたるところだ。

*BROTHERHOOD FINAL FANTASY XV EP1 4点

 FFXVのアニメ化作品でありこちらは王子の旅にフーチャーした作品となっている全体的には1時間ほどの作品を5話に分けている。CG映画も企画されているのでアニメ・ゲーム・映画とメディアミックスを極めた作品の第一弾となっている。体験版もあるがアニメからこの作品の一端に触れるのもまたいいのだろう。全体図を見ないと何とも言えないわけなところも十分に存在するが王子の旅がどんな感じではあるのかその一端に触れる作品に仕上がっている。作品そのものを知るというよりは触れて興味を持ってもらうための作品ではあるかな。アクションシーンンどはまだまだこれから見せどころがあると思うわけであってこれからどうなって行くのか腕の見どころ見せ所。本編そのもののアニメ化という意味ではこの作品は初だったかな?それ以降に続いてい来る作品が生まれるのかはこの作品次第そして個人的にはFFUのリメイクと続編が見たい。

*蒼の彼方のフォーリズム 5点

 スポコンアニメーション?な作品ではあるけれども運なく燃える展開をすることは出来ていたように感じるところではあるかなと感じる作品。1クールという短い時間の中で上手く決着をつけたオチを付けたように感じられる。ゲームから反転して主人公をサブにヒロインたちをメインに据えた構成変化はアニメとして上手くはまっていた部分は多いのではないのだろうか?少し主人公や一部ヒロインがそのあおりを受けてしまったように感じられるのが少々残念な所ではあるけれども、その編はゲームで補完してほしいということでもあるのだろう。純粋なスポーツの魅力というかそれにかかわることに対しる意味合いを出せていたと思うしグっとくる展開も多かったように感じる。負けてから勝負は出来ていたともうけれども負けた時の演出はもう少し違う変化があってもよかったかなと感じるところではある。FCという競技に魅力を感じるかどうかという基礎的なところで評価は分かれる作品ではあったとは思うけれども不安を無くす作品だったとは思う。

*シュヴァルツェス マーケン 4点

 マブラヴ第二次計画作品。今作は小説版スピンオフがメインのアニメとなっている。前作のことを踏まえてか1クールで物語が収められているのが特徴的であると思う。2クールでじっくりということをまたやってほしかった訳ではあるがそれは第三次計画でやってくれることを期待したいところだ。だからこそ小説版から圧縮を受けているのではあるがそこまで調圧縮による違和感というのは感じなかったかな?戦術機による戦闘も見ごたえのあるものになっていたと感じるとこだ。もっとグリグリといくとより好みではあるがそなお足りはいろいろと兼ね合いがあるのだろうな。展開が早かったことは事実ではあるがキャラクター等々の引き出しは開けることができたいたと思うし人間同士のドロ沼の争いというのもマブラヴらしく展開されたいたと感じる作品ではあったと思う。総てを楽しむには原作小説・アニメ・ゲーム版を体験することになるのがちょっと牙を小さくしている感じもするところではあるけれどもそれでも単体作品としてアニメ版はその核を出すことができたいたと感じるところだ。

*ルパン三世 PART IV 4点

 実に30年ぶりのTVシリーズとなる本作。それまでにキャスト陣も大きく入れ替わることになってしまったがこうして新たなるルパンシリーズがように出たことへの意味は大きいのではないのだろうか?TVスペシャルは大きな結果を残すことは出来ていないと言われているがこの作品単体つぃては弱くもあり強くもあるそんなような感じ。ルパンらしさを感じつつもルパンらしくないところも感じる。一味の出番に大きな偏りを感じるところは否めないしもっと万遍なく振ってほしかったと思う次第。オリジナルキャラクターとの絡みも寄り合ってもよかったと思う所ではある。単発の回はもっと大きくしてもよかったと思うしシリーズ摘ん狩りがる回はより繊細に繋がってもよかったと思う。30年という大きな時間が空いたこともよい方向にも悪い方向にも働いた感じは少なからずするところではあるかな?1クールという短い形でこれから先シリーズを積み重ねていってもいいのかもしれない。それこそその模索がこれから先より良いものを見出していくきっかけにもなると思うわけで。

*ハイキュー!! セカンドシーズン 6点

 関東練習遠征・春高バレー県予選準決までがアニメ化された2期であり決勝が描かれる3期目が決定している作品である、1クール目である遠征篇はシリーズの中で異質的な展開ではあったが試合を通して描いていないこともあってかあっさり風味っで進んでいたように感じてどこかもどかしさを感じたところではあるのだが春高バレー予選では1期の頃にあった試合を通して描かれるものがしっかりと出ていたと思うし後半の演出の力の入り方は群を抜いていたと思うしなおかつ毎回熱い展開をそのままダイレクトに伝えていることができていた作品ではあると感じるところだ。一気に決勝まで行かなかったのはちょっと複雑なところではあるがこのスタッフならばそんな逆境はいとも簡単に跳ね返してしまうだろうと思う。1期の頃の展開を踏まえての物語をうまく展開していたと感じるし踏まえたからこそのキャラクターの心情を現した展開が出来ていたと思う。今描くことのできる物語としては3期が現状の天井にはなると思うがだからこそより熱い展開を見せてくれると期待する。


*デュラララ!!×2 結 1点

 起・2クール承1クール転1クール結1クールの計5クールでOVAは3作品6年にも及ぶ物語がついに完結。原作における第一部の物語が完結したことになるわけではあるがここまでやりきったことはメディアミックス作品としては結果を残した作品であると思うしこれからに続いていく作品があってもいいと思う。結果として物語が収束に向かっていくことに対する分割作品との相乗効果というのを得ることは個人的には出来なかった分割にすることによって地続きの物語を中断して感じにはなってしまっていたように思う。キャラクターが増えたことによって物語も複雑さを増したことも収束することに対する相乗効果は得られなかったように感じるところだ。それこそこの作品1部としては4人の主役とその周りの構図が基本的なところではあるのでその周り中心になっていては物語に対する感情移入がしにくいように感じられた。メインの柱が見えにくくなっていたことによって全体的な要素を分かり難くしてしまっていたように思う所。だからこそ別の形があったのならばまた違った印象を持ったかなとは思う。


*GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 炎龍編 4点

 分割2クールの後期炎龍編と名はついているけれども炎龍編は序盤であっさり片付いてしまうから実際合切公式が一時炎龍編と呼称していたのは全体を通して見ると違うかなと思う。分かりやすさを重視した感じではあるのだろうが。1クールかけてキャラクターを出していったからかキャラクターの魅力というものは十分に出すことは出来ていたように思う所ではあるが同僚勢(分隊勢)の活躍が極端に少なくなってしまったように感じられるのが少し残念であり大型の作戦もDチラ化と言えば心情ではなくて描写の方に配分を強くしていたように感じられるところではある。物語の終着駅を思わせるかのような展開も感じられたがそこまで行けるのだろうか?何かと原作から削られている所は多いようなのでこの作品としてはキャラクターをより重視したようには感じられるところではあるかなと思う。その真髄がラストであるかなと感じるところではある。魅せるよりも診せる重視になった感じはする作品ではあったかなと。


*牙狼 -紅蓮ノ月- 1点

 新たなスタッフで送られるアニメーション牙狼第二章。アニメーション作品としては珍しいかもしれない平安を舞台にした作品前回の構成も特撮ならば今回の構成も特撮なのである。が今回もシリーズらしく単話の話が続いて大きな物語へと変化していくのではあるがラストに向けて繋がりがあまり強く感じられなかったかなと思う、自分として前作んび引っ張られているかもしれないしアニメ側がそうなっているかもしれないと感じるような印象が強かった。だからこそ独自要素の強みがあまり感じられなかったと思う所ではある。もっとキャラクターたちを掘り下げることは出来ただろうと感じるところもある。紡がれていき積み重なるものを十分に提示できていなかったような地味にそしてあっさりしすぎたような印象はある。だからこそもっと熱い展開を提供することは出来たのではないのかなと思い至る所存。それだけになんだか腰を抜かれたかのようだ。

*おそ松さん 4点

 平成版のおそ松くんから27年ぶりの新作TVシリーズ。まさかここまで爆発するとは思っていなかったけれどもギャグメインの作品がここまで受けたというのはこれか先の希望の光になったと感じるところではあるしこれからも過去作の復活新シリーズというのはこの作品をきっかけに続いてい来るのかもしれないと感じるろではある。イヤミ・ちび太メインだった印象が強いところもあるから六つ子メインというのはイヤミ的な気持ちはあるかな。カナリマワリノキャラクターの登場傾向というのは偏っていたと思うし。それでもそれを生かしたものが作られていたように思う所だ。投げ捨てられたオチを使った回多々あるけれどもギャグの合う合わないはやっぱり自己責任なんだろうなぁ。楽しめる回もありつつそうではない回もありつつある種気性が荒い作品ではあったかなと思うギャグを作るというのはそれだけ大変だし笑いは千差万別だからであろうと感じるところではある。これから先いくところまでいくことにはなるのだろうと思うけれども勢いだったり笑いに対する信念はこのまま貫き通してほしいところだと思う。

*金田一少年の事件簿R(2015) 2点

 Rとしては第2期となる作品復活してからあっという間に4クールを積み重ねるというこれから先もいくらでも作ることも出来るだろうしその辺りはどうなっていくのか不透明ではあるが金田一×コナンという形は続けていくことにはなりそうだ。実施合切アニメとしてのコラボまだなんですかね?OPに2連続でJPが関わってきたのが一番の驚きだったりするわけではあるのだが…今回のシリーズとしてはなんだか前回のRの時よりも力を感じられなくなってしまったように感じるところ。初発のOPHその印象を強くしてしまった感じは個人的にはするところではあるのが、いつも通りではあるのだけれどもどこかいつかとは違う歯車が回っているように感じた作品ではあった。ストーリー・トリックや驚き心理描写等々に対しての新たな掘り下げというのが重ねるうちにより難しくなっていっているのかもしれないと。積み重ねだけではなく内情を一度見直して新たなる力を出していってほしいと感じるところではある。

*アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 4点

 分割2クール作品の1クール目。戦隊ヒーローの製作陣(脚本)が参加しているだけあって戦隊ヒーローものっぽく作られているように感じられる作品ではあったと思う。いろいろと事件を出してきたけれどももっと深いつながりを単話で感じられる部分があってもよかったかなと思うがこれは2クール目にも繋がってくるところではあると思うし、丸々1クール目が全体的に後半の為にも感じられるためこればかりは後半部分を見てみないと何とも言えないところではあるかな。キャラクターを憶えさせるためのクールでもあったと思うし。ロゴス側やダイハチ側によりアプローチをかけてほしかったように感じられるのは確かではある寄り魅力を出していってほしかったとそれこそ組織的なロジックを出し過ぎてしまったかのような感じ。単話の話のそれぞれの話のテンション落差は割合大きく感じられてしまったのはちょっと残念に感じるところではあるかな。そこはわざとやっている部分もあるのだと思うけれども。1クール目に培ったものをうまく2クール目に出していってほしいと思うところだ。

*無彩限のファントム・ワールド -2点

 いつも通りの自社作品オリジナル展開+オリジナルキャラを足した作品。とりあえず一本釣りをしておいてその後いつもどおりの土俵へと持ち込みたかったのか一本釣りをしたかっただけなのかは分からないけれども自社版権をいじるというのも一番最初から見えていたわけではあるが限界はある。京アニは改変がほぼすべて作品でおこなわれている訳だが今回は特に悪い方向へと舵を切った感じはある。誰も求めていなかった方向に舵を切ったと。キャラクターもストーリーも出さぬうちから漁に出ていたのではいけないと。もっとストーリーでもキャラクターでも勝負すべきだった感じは否めないところだ。さまざまな話を展開させてこれからのたくわえにしようとしていた節も見受けられるけれどもそれが成功している感じはあまりないかな?作品に大切なものが欠けた作品になってしまったことは大いに否めないと思う所ではある。核無くして進行した感じはするのでほんとこの作品を通してどうしたかったのかキャラクターも物語も振り切ることができずに中途半端に収まってしまったように感じてしまう作品だった。

*プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ 2点

 ストライド…公道を自由に走るレースを題材にした作品であるゲーム発売辺りからアニメ化は既定路線と言われていただけにこうしてアニメになったことはこの手のアニメとゲームのメディアミックスがこれからどうなっていくのかの一つの指針になっている部分はあるのかもしれない。この作品以外にもアニメ化前提で動いている作品はあるわけで合って…。一つ一つのレース展開もそうだけれどももっとストライドとしての演出が生かしてあるとよかったかな。1話でレースを終わらせてしまうこともあったからそれこそアニメとしてストライドを優先していくのか?それとも恋愛面を優先していくのかそれとも男の友情面を優先していくのかという面で多数を取り過ぎてこぼしてしまったようにも感じる所はある。どれかの要素を基礎として大きく特化は意図を作るべきだったようにも感じるところではある。それだけに掴みきる前に物事が進んでしまったようにも感じられるところではあった。ライバルたちも個性豊かではあるが生かしきれている感じはあまりしないだけに惜しいところを進んでしまったようにも感じられるところだ。


*ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ 2点

 吹奏楽+ミステリー+恋愛的要素を組み合わせた青春喜劇それがこの作品であると感じる。それか一つの要素似寄ってしまっていっても十分よかったと思うがこのごちゃまぜ感覚こそ青春であろうと感じる。1クールとしてはそのごちゃまぜは厳しい部分もあったかもしれないが。ミステリーとしてはこちら側に判断をゆだねている作品であると感じられたところではある。その答えを得るまでに時間が掛かってしまったのは悔しい限りではあるが全体として核を掴ませない作りになっていたのは否めないところではある。さまざまなものをえてみてそして組み合わせて青春となるのであるからそうなるのも必然ではあるのかもしれないけれどもアニメとしては難しい作品ではあったと感じるところではある。アニメとして難しい部分がダイレクトに感じさせられた作品ではあると思うしポテンシャルとしてはここで収まっているというのは…まだまだ出していくことが出来ると感じる作品ではあったと思う。


*NORN9 ノルン+ノネット 2点

 3人ヒロインのオトメイト作品近未来的な世界観を持っているというのはオトメイトアニメ化作品としては珍しいのかもしれない。雰囲気は纏まっているが物語としては比較的に静かというか静かすぎたかもしれない。物語が本格的に動き出すまでに時間が掛かった訳でスロースターターが悪いという訳ではないけれども、閉じられた世界観だからこそできることを登場人物の中に生かしきれていなかった感じではあるかなと思う。全体的に殻にこもりがちのような感じではあった。3人の主役がいることによってなかなかにして一人一人に集中することはなかった訳だし十分主人公陣営を掘り下っげることができたとは言いにくいところもあるように感じるところだ。静かに始まり静かに進んでいくもっと物語的に序盤に大きな波を起こすことが出来ていたらまた違った印象を持つことになっただろうと思う。光輝く原石は見えていただけに光をいきわたらせることは出来て居なかったように感じられるのは少々残念なところではあると思う。

*僕だけがいない街 6点
 
 ノイタミナ枠ではミステリー作品って珍しい。力の入った作品であったと思うし映画・原作・アニメのトリプルメディアミックスとしてはちゃんと成功した例であろうと思う。同時に3つのもの企画を進行させて完結させるというのは難しい。ミステリーだからこその受け取り手に夜演出の違いだったりの解釈の違いが割と大きく出る作品ではあったとは思うけれども短い尺の中で起承転結しっかりとやりきったと思うし全体的に高いレベルでまとまっていた作品であると思う。その解釈の違いは生まれてこそこのs九品はより際立つことになるのではないのだろうかと思う。キャラクターの想いや心情行動を魅力的にそして深く描写することは出来たわけではあり感情移入はしやすい作品になっていたように感じるところではある。純度の高いミステリー要素をアニメならではのスピード噛んで緊張感を維持し続けることができたからこそ最後まで良さを保ちつつ続けることができた作品ではあったと思う。

*少女たちは荒野を目指す -1点

 タカヒロ×ロミオ×松竜によるゲーム作品のアニメ化で2部作のゲームの1部学生篇をアニメ化したものになる。メディアミックスでゲームアニメ同時展開となったがこの選択は荒野の踏み入ってはならないところに足を踏み入れたようにも感じられる。ゲーム業界版黒箱ではあるが、ゲーム業界のことをアニメとしては上手く表現できていたとは言い難くダメなところもよいところも上手く表現できていたとはいえないかな。それこそアニメとして出してはいけないところを出して出さなければならないところを出してしまったようなそんな印象が強い。それこそコゲームの2部を楽しまさせるための部分を出しているので全体的な締まりも悪くなってしまっていたように感じられるところであって何ともばつが悪く感じられた。これもやりたいあれも出したいという欲求が爆発しそれを飛散させたままになってしまったそんな印象を中盤から拭い切れることがなかった。キャラクターに敢為してもいわば掘り下げるということができていなかったように感じられる。良い部分どころか悪い部分が出てくるそうそれはまるで噛み合うように見えた歯車が実は一切噛み合わなかった、荒野には楽園があると信じたらそれは何もない砂漠だったという踏み出してはいけない物を踏み出したように感じられた作品ではあった。

*だがしかし 0点

 長くても15分ほどでアニメ化していれば全体的なネタ切れ感を感じることなくやりきることも出来たかもしれないなぁ。駄菓子ネタを詰め込むと言っても限度があるわけでそれ以外の部分をどうしていくのかがこの作品にとって一番の勝負どころであり運命の分岐点だったように感じられるところだ。駄菓子要素を詰め込むには原作のペースなど様々な問題があってそれがにじみ出たようには感じられるかな。テンポという意味では個人的にはもっと巻きでやってもよかったように感じられるところではある。駄菓子ネタを生かしてこそこの作品ではあるのだが横道にそれることも多くて生かし切れたかという意味ではそうなってい内容には感じられたところ。横道もキャラクター主体になってしまっていて本来そのものとしてはこの作品のキャラは味付けではあると思うのだがそこを超えて素材そのものになってしまっていたように感じられる。だからこそボタンの掛け違いのような違和感を強く感じる作品ではあったかなと思う。

*ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション 4点

 PSO2のアニメ化作品。メディアミックス作品ではあるけれども15年くらいに流行ったあるあるネタのアニメ化ではないのはMMO原作アニメもより幅が広がったように感じられるところ。また最終話放映時にMMOを家庭用に普及させた作品の家庭用運営が終了したことも記憶しておく。そういった意味では2つの歴史が一つの歴史になったとも考えられるめぐり合わせを迎えた作品と言えるだろう。原作のストーリーを批准しつつ展開されるストーリーは新規層開拓の為でもあるのだろうが個人的にはオリジナルキャラクターをよくアニメに反映していたように感じられるところだ。展開そのものはもう少し結ったりでもよかったとは思うし日常に振ってもらしくてよかったかなとは思う。つまり東京篇をやらないという選択肢。MMO側だけの必要批准だけではなく人間側の物語も上手く展開させられていたように思うし序盤のPSO2の必要性に関しても上手く収めたかなと感じられるところではある。まさしくセガらしい作品としてMMO作品のアニメーションに新たな希望をもたらしたかもしれない。


*ディバインゲート -3点

 これでも原作からいろいろと削られているみたいではあるのだがアニメとして触れるものが多いことを考えると絶対的な設定過多に陥って作品としての面白さや核を出すことなく終わってしまったように感じるところではある。キャラクターもそれこそ物語自体もシンプルに抑えるべきだったと感じるところではある、確実に序盤はいろいろなものがさばききれていなかったように感じるところ少なからず序盤は分かりやすく抑えるべきだったし徐々に世界を広げていくべきだったと思う。ゲームをやっている人間だけに向けたというのもこの作品としては感じにくいと思う。詰めるだけ詰め込んだ結果一つ一つの魅力を出すことなく終わってしまったそんな印象が強く作品としてこれがやりたいんだという核も感じにくくただ淡々と物語だけが進行していくキャラクターが動いていくそんな作品になってしまっていたように思う。作品としてゲームとしての魅力は出せたとは言い難い。

*紅殻のパンドラ 4点

 攻殻機動隊と繋がりがあるようなないような…そんな作品ではあるけれども割とこちらの路線に振ったのは大いにありだったのかもしれない。攻殻機動隊というのは割かし入りずらいところを感じさせてしまうのだがそれをうまくこの作品は回避しているようにも感じられたここから攻殻に入ってもいいわけで。劇場公開もされた本作品ではあるけれどももう少し戦闘シーンには力が欲しかったかなと感じるところではあるし燃える展開と日常的名シーンとの対比はもう少しあってその違いを際立たせてもよかったように感じるところ。どちらかの延長線上にあるという強いつながりではなくてスイッチの切り替えもきっちりしていたようには感じられなかったんでその辺りは強くしてもよかったように思うところではあったり。福音とクラリオンの関係に何を見出していくのかもこの作品にとって重要なファクターではあったと思うしそこから得るものを出さないといけない作品ではあったかなと感じる。

*おしえて!ギャル子ちゃん 5点

 短い時間だからこそテンポよく楽しむことができた作品であったと思うメインの3人に対する掘り下げというか理解しやすいように作られていたと思うし周りも名で体を表すようにしていて分かりやすくなるように作られていたと感じる作品ではあったと思う時間的なものもほぼ苦なくやりきっていたと思うしすんなりと受け入れられる作品だったと感じる次第ではあると思う所だ。それこそなにかをふっバスようなインパクトはなくとも心をじわじわと掴んだ感じはするところかな。誰かに何かしらはある問題を取り上げているからこその身近な家印象も強くそれに作用していたと感じるところではあるし男女問題どちらでも出ていたからこそリアルな感じはそこはかとなく出ていたように感じる。身近だからこそ下ネタを出しているという強い印象はあまり感じることもなかったのは優秀であるし不用意に下品に感じることもない誰しもが触れる問題をよく書士していたと感じる作品だった。

*石膏ボーイズ 4点
 
 石膏像がアイドルデビューという人類には確実に早すぎるアニメーション。この発想力は今までないものをうまく生み出していたと感じるところではあったと思う。インパクト重視なところも感じ取れるわけではあるが忘れた時にやってくる時の不意打ちこそこの作品の真骨頂だったのかもしれないな。インパクトよりもテンポの持続の方が少々辛かったように感じられる続かなかったように感じられるのはちょっと残念ではあるのだけれどもそれも早すぎるが故ではあるのではないのだろうか?インパクトとテンポの両立が続けることができていればこの作品はもっと遥かなる高みへと行くことは十分に出来ていたのではないのだろうかと感じるところではある。このネタはいくらでも掘り出すことができそうだと感じるしこの作品を経たものがこれからどのように続いていくことになるのかは非常に興味深いところだと思う。

*この男子、魔法がお仕事です。 2点

 この男シリーズ第5弾にして初のTVシリーズ作品ではあるが実質1本のOVAを分割した形にはなっているかな?しかしながらTVシリーズで撮影監督まで兼任した例は個人的には初めて見た。分割にするよりもいつも通り1本の作品として出してもよかったようには感じられるところではあるがTVシリーズということを出したかった面も強く出ているように感じられるところではある。個人的にはあっさり風味名作品に感じられたかな?それは尺の都合上のことも考えてそうなったように感じられるところではある。合う人には合う、合わない人には合わないという側面ははっきりしているしさらにストーリーの好みもはっきりする作品ではあるかなと思うところだ。もうすこし十四日側の物語も出してもよかったと思うけれども、千晴側から見ると割とあっさりと問題が解決している側面も見える。こうしたところがあっさり風味に感じる作品ではあったかな。これからこのシリーズがどうなっていくのかは分からないけれどもまた新しいシリーズも出てくるのだろうか?

*旅街レイトショー 0点

 コミックス・ウェーブ・フィルムによる短編アニメ。コミックス・ウェーブ・フィルムが短編作品を3つもTVシリーズとして出せるのもUSATが出来たおかげでもありそうだ。その第一作目となる全4話からなるオムニバス作品である。4つの作品とも人生の岐路をテーマした作品だそうだが個人的には大きな核となる存在が4つの話の中に欲しかったように思う。祖の核とは一つの大きな視点である。たとえば最初のスーツケースが見つめる4つの物語が展開されたら離れている作品同士でも何かしらの関連性が生まれて強く作品同士がどこかで繋がっている感じが出せたと思う。現状ではそれがないのであまりにも広がってテーマ性を感じにくい作品集となっていたように感じるところだ。また連作ではないので短い時間の中にいろいろなものを込めることがあまり出来て居なかったように感じずにはいられないところ。4つの物語かつ一つの作品としての物があればまた違った印象を抱くことになったであろう作品だと感じる。

*霊剣山 星屑たちの宴 -2点

 中国原作のweb連載漫画をアニメ化2期目も決定済みではあるが日本でやるかどうか…。なにごとにも力の入れ具合ってのは傍から見ても分かってしまうことはあり得るのだがもう少しより力を入れてもよかった作品ではないかなとは感じる作品ではあったと思う。元なっているネタを知っておくとより楽しめる作品ではあるとは思うがもう少しそういったところに無頓着な人たち向かなところを作ってもよかったかなとは思う。ただ淡々と物語を昇華していっている感覚も強く出ていた作品ではあると感じるので心を掴むことなく作品だけが過ぎ去ってしまっていったような印象は強くなってしまっているかなと思う。それでも手を掴む人もきちんといるけれどもね。寄り多くに受けるポイントはあったのではないかなと思う。第二期はどうなるかわからないけれどももう少しだけでも力がいられれていてほしいと思うほかないところではある。

*昭和元禄落語心中 3点
 
 落語を題材にした作品は数あれど本格的な落語を提供する作品はこの作品が初かもしれない。とは言いつつもこれは中心に落語が合ってその周りの男と女の関係が主軸ではあるのだが。その落語をみせる物語としては受け入れやすい作品に仕上がっているのだと感じるのではあるがその周りの人間模様これをどのように受け取るのかこれによって作品の見え方は大きく違ってくる所。人間模様でも大人の男と女の色模様なのでその印象落差は思いのほか大きく出てくるように感じられるところだ。だからこそ昼ドラをどう思うかに近いのかもしれない。あの手が苦手だとこの作品に触れてもなかなか感情移入しにくい構図とはなっていると思う。シンプルな関係発展ではあるがゆえに入り込みずらい感じとでもいいましょうか?入り込む隙間をあまり感じなかったのは残念なところではあるのかもしれない。2期決定済みで尚且つ原作完結後の2期ではあるがこれを踏まえての物語にはなるからさらに入り込みづらくはなるのかも…。

*ラクエンロジック 3点

 大人向けTCGオリジナルアニメーション作品である。分割というか新章制作も決定済みな作品である。ブシロード作品らしいというかヴァンガードやバディファイトといった作品を経た演出が成されているところを感じる。徐々に作品を経ることによってユニットによる戦闘シーンが増えていっていることがなによりもの特徴であると感じる。始まりと終わりに関して言えばこの作品らしさを十分に出していたのだけれども物語の神髄に至るまでの中間により爆弾を据えて欲しかったと感じるところだ。キャラクター紹介回に良くも悪くも収まってしまってそこから続く色を出し切れていなかったように感じる。その辺りは吹っ切ってしまっても十分によかっただろうと感じるところではあるかな。ラストはようやくこの作品の色を出したように感じるしこの作品の核を感じ取れるロジックをようやく手にできた感じは少なからずするのでこの色を後期シリーズでは出していってもらいたいと思う。寄り大人向けより悲しみと慈愛に満ちた展開を…。

*ブブキブランキ 1クール目 2点

 サンジゲンによるオリジナルアニメーション作品の1クール目な作品。超人バトルものだと思っていたらそれはロジックで合体ロボット作品であったのには一番の驚きではあった。分割として設定されているからかもしれないが登場人物の多くは使い出すことができぬままに終わってしまったように感じられるし尚且つストーリー的な謎の要素を序盤から取りこぼしをしすぎたようにも感じられる。どこか掴みあぐねる要素を残しつつ進んでしまったように感じられるところではある。通常敵方となるはずのチームをメインとして主人公となるチームをサブとして描いていたのには物語のテーマとして大人から子供にゆだねられる物語という要素があったからではないのだろうかと感じるところではあるがそれならば登場人物はもう少し絞ってもよかったと感じる次第ではあるかなと思う。中心地だけ燃えて湿っている周りには燃え移っていないそれが最後の最後まで続いてしまった感じではあるかなぁ。まだまだ出てきていない要素や設定はあると思うがもっとシンプルにやってもよかったのではないのだろうか?

*ナースウィッチ小麦ちゃんR 2点

 OVAシリーズを経てのTVシリーズ化した作品。歴代スタッフの入れ替わりが激しい作品ではあるがそれをやっているからこそ受け入れられる幅も広いのかもしれない。魔法少女ものではあるがギャグテイストを最後まで失わずにテンポよくやりきることは出来ていたんじゃないかなと感じるところかな?全体的なまとまりや単話での展開を思うと少し小粒にまとまり過ぎていたようには感じられるところではあるので爆発力はどこかであってもよかったかもしれない。なぜかというわけではないけれどもタツノコのCGダンスシーンのクオリティの高さは改めて感じさせてくれる作品ではあったと思うそれをダンスだけではないところにも出してくれればよりよかったかなと。続編前提みたいな落とし方ではあったがこのあたりは唯のミスリードフラグとして受け取っておけばよいのだろう。もう少しキャラクター同志の深い絡み合いやこのバトルに対する物語その物への絡み方などはよりディープであった方がよかったところも感じる作品ではあったかなと思う。でも軽いノリで見られる楽しめる作品であったこともまた事実である。


*大家さんは思春期! 5点

 この作品を2分枠に収めておくなんて勿体ないよと感じられる作品だった。2人の枠の中にそれこそ大家さんの魅力をあますことなく注ぎ込んだ作品となっていると思う。周りというかストーリー演出的な大家さんに対する引き立て方も十分以上だったと感じるところではあってずっとでも見ていられるかのような作品に仕上がっていたと感じるところではある。この作品はほんと2分枠で終わってしまったというのが残念至極であってそれ以上だったらどうなっていたのだろうかと思う。2分だからこそすべての全力全開をやりきることができたのかもしれないし、もっと尺が合ったらそれこそまた違った魅力やテーマを出していたのだと思う。それが作品としてすべてプラスに働いたかはまたわからないけれども、この作品としてやれることを十分にやった結果であると感じるところではあるかな。これから先がようにアニメとして出てくるかは分からないけれどもこの作品の魅力は出し続けてほしい。

*おじさんとマシュマロ 4点

 おじさんが主役のおじさん×OL=マシュマロな作品この作品の魅力は9割方ヒゲさんだから。それ以上でもそれ以下でもない様に感じるところ。周りのキャラクターが非常に濃いこともおじさんの魅力を出すために寄与しているように感じられるところだ。周りが濃厚コーミソースだからこそ割合キャラクターとしては薄口しょうゆなヒゲさんの魅力が際立つ。まあ真のメインヒロインはマシュマロかもしれないけれども。ほんわかした雰囲気を最後まで維持しつつ不思議な触感で周りを包むかのような作品ではあったと思うところだ。餌付けされるおじさんと餌付けするOL…不思議な触感ではあるが慣れてくれば甘味もしっかりと出てくる作品だったと思う。恋愛屋ギャグ作品としては異質に感じるかもしれないがその異質さがあればこそこの作品の魅力となりて最後までその触感を出し切れたのではないのだろうか?


*GOD EATER<ゴットイーター> 1点

 実に完結まで3クール(内再放送2クール・2回)掛かった作品である。1からの再放送を挟んでいなければそれこそこの作品の印象ってのは大方覆すことは出来なかったかもしれない。BVもユーフォも焦り過ぎな感は存在するかな。BVは他作品を含めて時期見定めを誤っているしユーフォは新技術を徐々に入れ込んでいってもよかったかと。それよりも個人的には動きを重視してほしかったなスピード感をより出していってほしかった。折角原作はハイスピードバトルが売りの一つなのに。ラストバトルでも一瞬止まりが張っていると感じられてしまって辛い。だからこそ演出の為の犠牲が出てきてもそれはそれでいいのではないのだろうかとユーフォもそれをフォローできると思うしやってほしい。ユーフォはそれこそこの作品だけではないがコア層を取りに行こうとして失敗している感はある。今作では設定や世界周りの状況心情などの各個人の情報を省きすぎている。コア層の声から一般層に広げていこうという思惑が見え隠れするが一般層にも見るだけで心を掴む構成設定がより大きなウエイトを占めてもいい。これはユーフォの大型案件になると顕著に見える事態だ。キャラクターも見せぬうちに過去がどうだこうだこんなにも世界は残酷していても大きな効果は得られないと感じるし自分の殻にこもってしまって周りを置いてけぼりにしている感は強い。だからこそキャラクター出しやストーリー山しが終わり収束を迎える後半にようやくエンジンの動きが見え始める事態になっていると感じる。この作品後期もやりたかったんという思いも感じられるが…。イカすっぐGOの頃はなんだかんだで予期せないところから殴るパンチ力があったと思い出ではあるが、コアが目覚めてから牙を取り手にはめてしまったようにも感じるところだ。

*ディメンションW 3点

 なんだかオジさん主役のアクション作品は久しぶりに感じられるなぁ。1クールで10巻分の物語を詰め込むというハイスピード展開いつの間にかシリーズ構成も2人になっている損座作品ではあるのでもっとじっくりやってほしかったと言わざるおえない作品にはなっていたように感じられる。それこそストーリーを圧縮しているがゆえにじっくりやれていれば溜めれた要素を水に流してしまったように感じられるところだ。掘り下げにもなったかもしれないところを流していることによってメインキャラクターは兎も角としてゲストキャラクターへの感情を写し取ることが出来なくなってしまっていたように感じられるところではある。ストーリー的にも圧縮したことによってあっさりというか瞬きするとついていくことすら出来なくなってしまうようなそんな他者を突っぱねる感じにはなってしまったと思うわけではあって原作の要素を生かしきることが十分に出来なかったかなと感じてしまう所ではある。2クールあればミラの魅力キョーマの魅力に留まらない物を出せていたと思うだけにこのあたり非常に残念なところ。

*灰と幻想のグリムガル 4点

 異世界転生ものに分類されるのかもしれないがちょっと雰囲気的には童話を意識した作りをしている作品ではあると思う。日常を非日常の中を生きていくことこそを描写してる作品であるかなと感じるところだ。だからこそそれを取り扱う難しさというのもこその感覚を感じさせるかなと思う。主人公視点が重点的・主観的に語られながらも作品としてはどこか三人称が入っているように感じられる作品であり尚且つ主人公の語りが多いのも特徴的それがどこから三人称視点をしている感覚を強くしていると感じる。だからかもしれないがどこか見るもの視点を無くしている感じはあったかな。どこから見るのかどこにいるのかという感情を移入をしにくいというわけではないが全体的にも単体的にも居場所を感じにくい。童話的な世界でありながらも生と死が混在する過酷な世界だからこそ描き出されるものは十分に出すことができていたと思う。寄りその辺りの世界を祐起こすものがあればよりよかったかなとは感じる作品ではあったが全体的にきっちりとした作品であったことには間違いないと感じる。

*赤髪の白雪姫 2ndシーズン 5点

 この作品に真の主役ってラジ王子じゃないんですか?そんなラジ王子の為の第二章だったような印象が強い。1クール使ってからのこともありキャラクターもすんなり入ってきて尚且つ安心して見られるまさしく安寧の作品だったと感じるところだ。2クール目は恋愛ものというよりもどちらかと言えば一人の少女の自立の物語それを見守っているような物語だったような印象もあるけれどもどんどん物語が進むにつれてぐっと引き寄せられる要素が出来てたのも事実であると思う。そこまで激しく恋愛恋愛していないのもこの作品からすると入りやすい要素になっていたのではないのだろうかと感じる。周りも上手いことメインヒロインたる白雪を立てていたと思うしそれぞれの要素が邪魔をすることなく引き立て合っていた作品ではあったと感じる作品だった。ここで終わってしまうのももったいない感じはするが恋愛の決着というよりは周りの仕事や因縁・成長関連の話はもっと見てみたく思う作品であった。

*最弱無敗の神装機竜《バハムート》 0点

 う~んこのなんというべきかキャラクターを出す引き立てるという部分や要素はヒロインたちに限って言えばよいと言ってもいいのではあるが物語そのものの良さを出すという意味では引き立てることができていなかったように感じられる所ではある。それならば物語要素をそこそこにしてキャラクター用をに振り切ってもよかったのではないのだろうかと感じるところではあるかな。ヒロインそれぞれを出すことは出来ていたも真の各個人の良さを引き出すに至っていなかったように感じるしもっとプレートから脱却したものを見てみたかったという思いが出てくるのもまた事実。作品として明るい雰囲気の中で暗い要素も見え隠れしている訳ではあるけれどもそれらとヒロインたちの要素を両方引き立てることはあまり出来ていなかったと感じる。だからアニメとしてどちらかに振り切ってもよかったんじゃないかなという思いが出てくる。これといった大きな爆発力のある柱を見いだせていなかった柱不在のまま戦ったかのような作品ではあった。

*てーきゅう 7期 3点

 てーきゅうも7期目もう1年連続でやっていたというなんだか感覚麻痺するというかさせられている作品。初期の頃の毒のあるテイストが少し戻ってきたように感じられるし速さが足りない感じがした昨今少しだけ早さも帰ってきたように感じられたかな。ここで7期でいったん終了というのもなんだか不思議な感じがする作品ではあるしいくらでも戻ってきそうなそんな予感はするところではあるので次に戻ってきたおt木にははたして何期積み重ねることができるのかというところでは楽しみではある。うさかめもこの作品に続くことは難しいかもしれないが準じてほしいところではあるかな?慣れというのがこの作品にとって一番の天敵だったように感じられるところ。笑いは常に最先端を走り汎用性が高くないとあっさり殺されてしまうことが多いし。そこを突き崩すにはまだまだ大きな爆弾が必要かもしれないがいったん戻ることによって爆弾を手に入れてくれることを期待したいところではある。

*血液型くん!4 -1点

 この作品もいつの間にか4期目1年間やったことになるんですよ。まさかここまでやることになろうとは誰が予想したことではあるのだろうか?だが続けば続くほどに血液型の要素が無くなっていっていうrのもまた事実正直ネタ切れは最初期から起こしていたのかもしれない。血液型を性格にしてそこの上でキャラクターを作り物語をやっているような状況ではあるのでそれでは血液型要素というのを感じられる物はほぼなくなってしまったように感じるのも致し方ない部分ではあると感じる。こんな作品だからこそより爆弾的な要素を常に注ぎ込んだりすることがあってもよかったと思う。突然キャストが新たなる血液型の使者になるとか血液型の深いところまで描写するとかA・B・O・ABの4つでは計りだすことのできない血液型の神髄を出すことがあってもよかったんじゃないかなと。なんだかんだでここで一端の幕引きとなるがこれから先どうなるんだろうかこの作品は。

*魔法少女なんてもういいですから。 3点

 魔法少女になりたくないのに魔法少女になってしまった物語ではあるけれども戦うことのない魔法少女ものだったような感じではあるかな。魔法少女を日常的な要素に入れ込むことによって物語を作り出しているというかだからこそその中心に魔法少女というものがなくても結果的に言えばいいのだけれども。だからこそ考えると謎の尽きない作品にはなっているように感じられる作品ではあったと思う。だが作品としてみればある種魔法少女よりにも日常系統作品にも寄りきれなかった感じはするところではあるかな。もっとDチラ化の要素がドバっと出てくる時が合ってもよかったように感じられるし何とも考えれば考えるほどにもどかしい作品になっているように感じられてしまったのはちょっと残念。それは個人的にこうなったからこうしなければならないという考えを持ってしまっているからそう感じるのかもしれないが。魔法少女になった少女の日常を垣間見るつまりミトン視点で見るのが一番いいのかもしれない。

*JKめし! 2点

 前半と後半でいろいろと印象が異なるかもしれないそんな作品申し訳程度のめし要素なのかめし要素に女子高生要素が入っていると言っていいのだろうか?序盤はめし要素も唐突感があったりしたものだけれども後半は物語としての調和性を見出していたと感じるところではある。突拍子もない要素が並んでいるが見れば見るほどにその飯の味に惹きつけられていくかのような作品でもあったかなと感じるところ。何とも言えないところではあるが絡み合うがゆえに一度はいると抜けることができないような魔窟の作品がこの作品であったのかもしれないと感じる。単話で見たり連続で見たりするとその印象もまた変わってくるかもしれないがまさしく週一の接種が一番あっている作品ではないのだろうかと感じる作品ではあったと思う。この作品の魅力に気づいた時はもう手遅れになっている作品それがこの作品の本質。

*この素晴らしい世界に祝福を! 5点

 角川本店アニメの全10話作品で人気が出て急遽2期が決定するというのは10話シリーズ初かな?元々分割というのはあるけれどもノリと勢いを維持しつつギャグもしっかりやれたのは10話だったからでもあるのだろうか?ちゃんと緩急を失うことなく最後までこのノリを維持することができただけでも十分であるように思うし少ない尺の中でしっかりとキャラクターの魅力を出すことができていたように感じられるところだ。それこそ基本深く考えなくてもいいところも貢献していたと思うしそれに合ったキャラクターばっかりだったからこそ登場人物と物語の相性もすこぶる良かったように感じられるところではあったりする。無理やりに暗く落とすことなくギャグ作品としての部分を維持し続けたのも大きいだろうと感じるところではあったり。それぞれの要素がぴたりとはまったそんな印象がすごくする作品だったと思う所。2期もあるがこのノリと勢いとギャグとピタリとはまったところを失うことなくやって欲しいと感じるところではあったりする。

*亜人(TVシリーズ) 3点

 TVシリーズと劇場版同時展開の大型作品でありもしかしたら原作と同時完結になるかもしれない作品。CG作品としては暗めのシーンが多かったのは少し残念ではあるかな?そう考えるとシドニアやアルペ・楽追は上手くやっていたと感じる。後半は意識して明るめのシーンが多かったので見やすさとしては良くなったと思う。序盤こそ原作と作画担当の原作違いによる語弊や展開の意図違いによる軋轢が多く感じられたものの後半は1つに絞られたからかそれをあまり感じることはなかった。TVシリーズと劇場版では制作主導チームが違うというのも少なからずあるのかもしれない。それこそ序盤がこの作品をどのように感じるのかの分かれ目にはなっていたかなと思う。そこを乗り越えることができれば馴染めることは出来るのではないのだろうか?緊張感やアクションシーンなどを序盤から出したいたらまた違ったものになっていただろうと感じる。 合うか合わないか大きくそしてはっきりと分かれる作品だったかなと思う

*SUSHI POLICE 2点

 国際的に蔓延するなんちゃってスシを取り締まるために現れたのがスシポリスだ!というのにはロジックが隠されていたわけだけれどもなんだかんだでフルCG作品だったりする作品。最初は何とも言えない感じの作品ではあったけれども積み重ねでそのなんだこんな感じなのかということが明かされるから意外と後味はすっきりする作品でもあると感じるところではあった。いろいろと改称されていくさまは爽快とまではいかないけれどもそれまで積み重なっていた負の部分は取ることができたかなと感じる。5分作品だから伏線なりなんなりもっと複雑に派手にすることは難しいだろうとは思うけれどもこれでも上手くやりきっていた作品であるとは感じるかな? なんちゃってスシの事だけではなく国産寿司に関してももっと話題を出せていればよりよかったかもしれない。ワサビのような苦みがある作品ではあったかなと思う。


*Go!プリンセスプリキュア 5点

 プリキュアシリーズもいろいろと岐路に立っているんだなとここ最近はそれを強く感じていたがこの作品は変化球しつつも王道路線を展開させていたように感じる。夢をしっかりととらえていたしシリーズ作品としてそれに繋がる努力だったり友情だったりをうまく出せていたんじゃ無いかなと感じるところだ。子供たちに伝えたいことをしっかりと見据えてそれを出していたと思う。ここ最近は変化球路線が主流だったからこその変化球に見せた王道であったとここにさらに思ふ。周りのキャラクターも立っていたと言えるけれども一発の破壊力のあるパンチを序盤から中盤に出せなかったかなという感じはするところではあったりする。徐々に効いてくるボディブローは放つことは出来ていたけれども、もっと大きなパンチも序盤から中盤に欲しかったかなと思う。岐路に立っているからこそ生み出せた作品だと思うし、良いところがたくさんあった作品だと思う。敵との関係性と決着・タイトルの意味合い等々重ねてきたからこその強さもあったかなと。ここ最近力がないなと感じる中で一筋の光を見る作品だった。

*手裏剣戦隊ニンニンジャー 2点

 久しぶりの忍者戦隊。過去作・未来作も繋がっていることを公式にしてるからか過去ニンジャーも参戦したりしてこれもうこれから気もこういったことは続けるということでもあるのだろうな。それはさておき後半の怒涛の展開への布石も序盤のギャグ展開もそこまで強い作品ではなかったように感じるところだ。親子三世代による展開はもっと生かせたところもあるかなと感じるところではあるしもっと熱くRなる場面や笑えるところは作れたかなとは感じるところではあったりする。敵方ももっと生かしてほしかったかな思うところだったり。なんだかんだで歴史の長いところがあるからかストーリーがパターン化しているところはあまり感じなかったかなと思うところ。やはりもっと生かせるところがあったけれどもそこと使い切ることなく終えてしまったところは感じるかなと思うところではある…。なんというか妙に身構えたところを感じた次第。

*キュートランスフォーマー 生誕20周年記念ビーストウォーズ復活祭への道 2点

 QTFシリーズ最新作にしてタカラトミーの金の矛それがキュートランスフォーマー。今回は本編ではなくアーシィがビーストウォーズを紹介する作品となっている。まさしく金の矛の使い方を知った作品ではあるかな。キュートがこんなにもカオスになった原因というかカオスにすることができた原因がビーストであるように思うし。ビーストの魅力をお伝えするという意味合いではこの作品内に収まることはなかったように思うけれども知るきっかけにはなることは出来たのではないのだろうかと思うところだ。キュートランスがこれからどのようなコラボを重ねていきそれがどのように本編に反映されることになるのか気になるところではあるが常に新しい血を入れ続けてほしいとは思う。マンネリがあの手の作品の敵ではあると感じるところではあるのでそれをクリアできるポテンシャルは十分持ち合わせている作品であるとは感じる訳であって…。

*探偵チームKZ事件ノート 2点

 児童文学のアニメ化作品でありミステリー作品に近い探偵もの。全16話と少な目なシリーズ話数だったこともあるし児童文学だからそこまで難しい展開が出来ないこともあるからかチームとしてのより絆の部分を押し出していくことはあまり感じ取れる部分は少なかったかな。もっとシリーズを展開させてもおかしくはなかったと思うだけに少し短めに終わってしまったのは少々残念であるしもっとチームメンバーひとりひとりが活躍する回があってもよかったと思うところではある。チームメインというよりは裏主人公である翔がメインで回していたという印象も強いかな。日常的な事件だけではないところもより見てみたかったと思う。児童文学出身のアニメ化作品もここ最近はあまり見ないだけにこの作品がきっかけでよりアニメ作品が生まれてほしいと思う。そこからよりよさを出していく作品も生まれてほしいところ。

*秘密結社 鷹の爪 DO 2点

 良くも悪くもいつも通りの鷹の爪。シリーズそのものが様式美になっているところも感じられつつも今シリーズはもっと大きな爆弾が欲しかったかなと思うところではある。これからもシリーズは続いていくことになるだろうしまだまだ出来ることもありそうな感じもするだけにどこかで爆弾が欲しくなってくるところでもあるんだよね。なんだかんだで新しい血は入れているとは思うので1シリーズで趣向の違うことを今まで見なかったものを見たいと思うところだ。安定した形だからこそよりそれを感じるところではあったりするところ。これからシリーズがどうなるのかまでは分からないがこの作品だからこそのことをより見させてほしいと感じるところではある。きっとその先にはさらにすごい物が待っていると信じてやまないところ。

*ワールドトリガー(異世界からの逃亡者・B級上位・新たなる脅威・序 各編) 3点

 ワールドトリガー延長戦の2クールである。今回も原作ストックをほぼすべてアニメ化した形となる。個人的にはオリジナル展開だけで2クールくらいやるのかと思っていただけにこんなにもオリジナルを終結させて原作を再開させるというのは想定外だった。それによって1年で終わっていたらCVがつかなかったであろう面々にCVがついているのが何とも言えない気持ちにさせてくれる。一端というのを強調していたし上手く言えば新しい形での再会となるのだろう。アクションシーンに関して言えばもっとやってほしいという気持ちも大きく生まれることではあるのだがストーリー展開は原作部分はきっちりやっていたわけだしオリジナルはもう少し盛り上げがあるとよかったかなと感じるところではあるかな。ここまでやるのかという延長クールを見ることができただけでも十分かもしれない作品ではあったと思う再会した暁にはもっとパワーアップして帰ってきてほしいとは思うけれどもここまで出来ただけでも十分かもしれない。

*ルパン三世 イタリアン・ゲーム 0点

 TVスペシャルであり新作TVシリーズPART-IV-のパラレルワールド的な総集編+新規シーンの作品。総集編としても新規作品としてもなんだか中途半端な位置づけになってしまっているように感じたところ。ニクスだったり登場させるにはちょっと欲張った感じの登場の仕方をしていた部分もあるので総集編ならば総集編として割り切ってしまったほうがよかったように感じるし、新作としてPARTI-V-キャラクターを絡ませる成ればTVシリーズとはほとんど隔離してしまってもよかったように感じるところではある。新規シーンとTVシリーズ部分がそれほどまでにうまく融合しているようには感じられなかったのは残念なところだ。TVシリーズの後にはまたTVスペシャルをやろうとすることになろうとは思うけれども次回にPARTⅣも絡ませるのであれば完全新規でじっくり時間をおいてからのTVスペシャルであって欲しいと思うところ。今回は急いで作った感じも強かったからこそそう感じる。

*銀魂゜ 4点

 銀魂シリーズ復活の章ではあるが後半はシリアスモードで残されたエピソードも始めたばかりだけれども最終章ということでギャグ回がメインストーリーとして組み込まれている銀魂はこれがラストになるのかな?は個人的にはシリアスモードとギャグモードの時のテンションの違いはやはりこのシリーズだとなれない感覚は少なからずあるかなと。初っ端からついていなくて途中参加ということもあるのだろうけれども監督も三度変更になってギャグテイストも一までとは違った感じにはなっていたように感じる。ラストでシリアスモード一色になったのはやはり監督が変わったからこそではあるのだろうか? 弾けるギャグ回はよかったしこの唯一無二テイストを最終章も忘れないでアニメ化してほしく思う所ではあるかな。前半の銀魂らしさを感じつつも後半の銀魂はいつもとは一味違う銀魂そんな感じになっていた俺たちの戦いはこれからだ!だったように思う。

*プリパラ 2年目 3点

 キャラクターもクールもACカード所持者が女の子の実数を超えたらしい2年目。キャラクターが増えたことによって狂気も増えたわけではあるがこのスタッフだからこそ狂気を狂喜にすることができているのだと思う。ネジを外して楽しむことができる作品だったと思う。怪盗のシリーズはモヤモヤさせられてしまったわけだけれどもラストクールはいろいろと感じさせてもらえたように感じるところではある。この狂気と狂喜のバランスはこれから先も忘れないでほしいところではあるしこれをさらに磨いでいってほしいと感じるところだ。ぶっとんでいることこそがプリパラなのだと。なんだかんだでよいところもそれでいてもやもやさせられるところも目立つクール1年だったかなと感じる。新たなるクールはキャラクター描写をなんというかもやもや感を無くしてほしいと感じつつもどこまでこの作品が次元の壁超えるのか楽しみではある。


*ダイヤのA 4点

 約2年半の長期クール作品となった野球漫画。ここまで来たのは想定外できっちり第一部まで使ってのアニメ化となった。熱いところありつつもなんだかんだでしっかりと良さを出し続けた作品であると感じるところではある。各キャラクターの心情もきっちり出すことは出来ていたと思うしメイン層にはドラマをきっちりと展開させていたと思うし野球の面白さを出すことは出来たいたと思う作品であったと思うところだ。長期クール作品としてやれることを十分出していたと思う。野球を含めてスポーツ作品の長期クール作品が少なくなってしまったからこそこの作品の存在は貴重なものとなっていたと思う。またこの作品が後続作品の指針になっていくのではないのだろうかと思い至るところではある。まだまだ原作は続いているからひょっこり再開するかもしれないがその時にはより濃い人間ドラマを見せてほしいところではあるかなと思うところ。


*アイカツ! 3点

 約4年に渡るシリーズである。個人的に3年目辺りから本格的な付き合いが始まったことを記したい。3年目以降はすごい爆弾と言いうかネジが外れた可能な展開があまりなかったように感じられる作品だった。穏やかに勝つ優雅に進行していくそういった印象ではあったかな。最終話はある種映画よりも集大成をしていたように感じられた作品ではあったが積み重ねをうまくやってきたからこそそれが見られたのだろうと感じるところではある。熱いアイカツの展開をもっと楽しみたかったことは事実。尖ったものを感じたかった想いもある少し展開的に言えば牙を使わなかったかなという感じは少なからずあるかな。出会いとライブ仲間たちとの活動だけではないアイカツをもっと見たかったと思う所ではある。安全圏に入り込みすぎたそんな印象もさることながらここまでやりきったことはアイカツという積み重ねあってこそなのだと思う。これから先の新たなるアイカツにこの作品の良さが生かされていくことを期待したい。

*いとしのムーコ 1点

 15分作品な犬アニメ地味にCG作品ではあるのだがなんだか他のCG作品比べてしまうと人間浮き過ぎに感じる。もう少しどうにかならなかったのかなと感じるところではあるがこの作品はムーコのムーコによるムーコの為の作品ではあるのでムーコ視点から見たものが映像化されていると考えると自然ではあるのかもしれない。どうしてもそこが気になってしまうところではあるが内容としてはムーコの日常アニメといったところではあるだろうか?ムーコをどう見るのかによっていろいろと見方も変わってきそうな作品ではあると思う。どうしてもいたずら乙女感は強く出てしまっているけれどももう少し別の魅力を切り出す回が合ってもよかったかもしれない。でもムーコは実在犬だからまたそういった展開にするのも難しいのかもしれないかな。定番化してもよかったようには感じるところではあるけれども単発作品としてのシリーズ化は現状でもやっていくことができると思える作品ではあったかな。


*闇芝居(第三期) 1点

 この作品はこのシリーズからだけれども、1・2期シリーズが怖いという要素が強かったみたいなのだが3期シリーズはどちらかと言えばビックリクリーチャー物の要素テイストが多かったように感じられる。この恐怖が最初こそあれども慣れていくうちに収まっていく作品にはなっていたかな?これを狙ってやっているのかそれとも別口の意図があるのかによっていろいろと印象は大きくする変わることにはなってくるのではあるが実際のところはどうなんだろう?もっと恐怖を出してもよかったと思う。それでも総てはラストに纏められるわけではあるのだがこのあたりは伏線どうのこうのよりももっと少年に寄っていってもよかったと感じるところではあったり…。インパクト重視な感じが最後まで抜けきれなかったところではあるのかもしれないさまざまな形が多彩に展開されればその印象もまた違ってきただろうと思う。








*傷物語〈Ⅰ〉 -鉄血編- 4点

 いつの間にか当初の公開予定から4年という周期が経ちオリンピックが巡り、いつの間にか3部作になってしまっていた作品ではあるけれども延期?していただけのものは出すことが出来ていたのではないのだろうか?三部作構成ではなくて2部構成として出せばこの作品内のテンポと演出力をさらに生かすことが出来たのでhないのだろうかと考えるところだ。それだけに少しだけゆっくりしているところを感じられたのはちょっと残念ではあったけれどもそれを覆い隠すほどの力は十分に感じられたように感じられる。TVシリーズでは全く持って別物といってもいいようにリファインされたデザインと演出はこの作品の感覚によくマッチしていたように感じられるところではある。大元は短編なだけに短編内の力だけではなく上手くアニメーションとしてのフォローを入れて物語に対する視覚的補助の役割を果たしていたと思うところだ。この演出を最後まで持続させることが出来つつテンポよく公開することが出来れば十分に4年に一度の祭典らしいものをみせることが出来ていたと言えるのではないのだろうか?

*ガラスの花と壊す世界 5点

 ポニーキャニオン主催の企画である「アニメ化大賞」受賞作からの劇場アニメ作品。原案「D.backup」+石浜監督によるエッセンス=志茂さんによる脚本という感じでこの作品は原案作品と石浜作品による折半されたオリジナル作品となっている。この作品は特殊な世界構造の上に成り立っている簡単なようで複数の糸によって世界構造が作られているが為簡易的ではない世界が作られている。その世界設定をうまく活かしたかというとそうではないと思うし世界の真実たるパンドラの箱を開ける瞬間に対するカタルシスは弱いと感じてしまう。全体的な尺不足は感じてしまうし尚且つメインの3人の絆を深めていくところはダイジェストになってしまっているのは切るかかやるかどちらか極論に振ってもよかった。全体的なEP配分に関する割り振り方もより後半部分を重視してほしかった。だがこの作品のすべてが悪いというわけでもないしこの作品は悪手を打ってしまったというと論じてしまうのはいけない。この作品には強いメッセージ性が備わっているし複雑ながらも一つ一つのシーンが一本の強固な糸-意図-によって成り立っている。この2つが合わさって一つの作品となしていてだからこの作品はこの作品こそ周回性が強くあるべきではないのだろうかと感じる。それがなされるべき力のある作品であったように思うが空振り感があるのは否めないところではある。名作になれなかった名作でありガラスの様に光の当て方によって色が変わり簡単に砕けてしまう繊細な作品であったと思うところだ。

*KING OF PRISM by PrettyRhythm 5点

 プリティーリズム・レインボーライブの公式スピンオフ作品でありこう公式的な告知は確認していないが2部作品の1章目にあたる作品でありつつ「プリ」がつくタカラトミーAC作品では初めてのオリジナル劇場版である。シリーズ作品の女児向け要素を排除し99%の本編内容が男子で構成させられる女児向け作品だったとは思えない構成をしているのが印象的でありしょっぱなのライブシーンからいろいろとネジ外れちゃっている感を醸し出しているがそれがこの作品である。スピンオフ作品ではあるので「プリティーリズム・レインボーライブ」を知っておかないとキャラクターに関してついてこれない部分はあるけれども本編がそれを焼き尽くすほどのインパクトと男同士の絆について描いている作品であると思う。もう少しこの作品からの新キャラクターに関して展開させた方がよかったかなとは思う死ライブシーンでの新キャラクターたちの活躍が見れなかったのは少々残念ではある。がライブシーンだったり男同士の友情だったりと十分この作品だけでも楽しめる要素は確立しているように思う。後編でもこのインパクトヲ維持できるかどうかって事ではあるが上手くこの作品だからこそできることを纏めた作品にはなっているように感じられると思う。

*PERSONA3 THE MOVIE ―#4 Winter of Rebirth― 4点

 足かけ3年の4部作シリーズの完結編。思ったよりもシリーズ完結まで時間が掛かった感じがするがこうして無事にシリーズ完結までやってくれたことは嬉しく思う。監督によって戦闘演出+物語の演出の振れ幅が大きかったことは残念ではあるが全体的に言えば纏まっていたように感じるところ。ペルソナ戦闘の新しい部分も少なからず見れたと思うし最終章たるこのラストは少々脚本や演出に手こずっていたように感じられたが纏めきることは出来ていたように感じる。ペルソナ3としての核心部分も出すことは出来ていたと思うしテーマ性が強い章だったように感じるところではある。最終決戦以後の展開・演出・脚本はもう少しやり方分かりやすさ重視でもよかったように思う。前半部分をもう少しコンパクトにまとめてこのあたりにより尺を割いてもよかったんじゃないかなと思うところはあるけれども長きにわたったシリーズを綺麗にまとめていたと思うし原作付き作品のアニメとしての枠組みをきっちりやりきっていたと感じるところではある。AIC・アトラス・A-1・セガとペルソナ3を取り巻く環境が大きく変化し続けたからこそここまで来れたことをうれしく感じる。最後まで楽しめる作品だったことは間違いないだろう。

*信長協奏曲 5点

 TVドラマシリーズの完結編となる実写映画版作品。TVシリーズからキャスト・スタッフほぼ継続のままの作品でありドラマシリーズの決着をつける作品である。また15年12月公開予定だったが16年1月にずれ込んでいる。恋愛ドラマとしての要素が重視された映画になっていたと思う。個人的にはそこまで重視しなくてもよかったかなとは感じるところではあるのだがドラマの性質上仕方ないところではあるだろうか?しかしながらそれがあったからこそ帰蝶との物語サブローが戦国時代に生きた意味合いを生み出した作品だということが出来ると思う。原作同様に歴史の盲点を利用しながら展開されていきドラマとしていい落としどころを提供した作品であると感じるところ。原作が完結していないからこそこの物語を提供することが出来たのだろうと思うところではある。サブローと信長としての物語、戦国絵巻としての物語、これらも上手く取りまとめることが出来ていたと感じるしこれらも含めて上手くドラマシリーズとしての落としどころを作ったかなと思う。

*コードギアス 亡国のアキト/最終章 愛シキモノタチヘ 3点

 企画発表から約7年、1章公開から4年の時を経てついに完結編・最終章を迎えた作品。少女マンガらしく終えられた作品だと感じずにはいられない。シリーズラストとして決着をつけなければならないことも多くあったと思うがメインを絞って決着をつけた感じですべて丸く収めたとはいいがたい感じかな。サブタイトルにつけられているようにこの作品は愛を語る作品だったからこそ物語の口上も実に抽象的であり偶像的であったと思う。その偶像をどのように見るのかによってやはり作品の姿は大きく変わる。EU・ルル・スザ・ロロ関連はもう少し話の展開があってもよかったと思うし、本編1~2期を繋ぐためには全体的な世界の変化にはきっちりとしたものは欲しかったかな。中心に聞けば行くほどに周りの展開が削られてしまったように感じる。後日談や彼らの話はもっと描けたようにも感じる。愛の話ではあるけれどもその愛を手に入れるまでの過程・結実へのもの足りない部分もまた感じる。まさにサブタイトル通りの展開であり物語の結実であったとは強く感じるところだ。足りない部分は感じるしもっと出来たのではないのかと感じるところもあるけれどもアキトとシンの物語それに連なる愛の物語としての結果としてはこれが最善であり上も下も無いものではあったのかも。

*劇場版 selector destructed WIXOSS 4点

 「infected」=「感染」 「spread」=「拡大」ときての 「destructed」=「破壊」 …3つ目の名を持つシリーズ最終作の劇場版作品であり中身としては総集編+αとなっている作品である。TVシリーズ総集編作品としては迷宮坩堝。入ってはいけない袋小路の中に入り込んだ印象が強くTVシリーズを見ていてもこの作品だけでこのシリーズの良さを体感することは不可能になっていると思うところである。もう少し全体的な尺や主要スタッフに時間さえあればより良い取捨選択や完全新作といった手段をとることも出来たのだろうとは思うがそればかりは神の悪戯と思うほかないのかも。1期シリーズはそのままの状態で2期シリーズは新たな構成と新規により変化していることも迷宮坩堝に力を貸している。まるで横断歩道の白いところしか踏まないようなスピード感になっていることもあるのだろう。新規部分に関して言えばそれこそこの作品への新たなアプローチを与えていると感じる。謎めいた存在だったウリスとるう子の過去がより詳細化されることによってこの2人を繋ぐ新たなパズルのピースが作品への理解度を深めることとなり新キャラクターの使いどころも上手くやっていたと思う。さらには「名前」という物語を生み出すことによって既存の物語を破壊し新しい側面と意味合いを持たせることに成功していると感じる。願いと欲望という1つの両側面がべったりとはりついているかのような作品であったと感じるところ。


*新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend 3 -夢現- 4点

 3年越しの完結編。2年ぐらいで完結するだろうと思っていたら3年掛かるとは。涼介との最終決戦がメインでありTVシリーズ無印のストーリーを世襲していた感じではあるかな。その頃とか格段にCG技術も向上したからこその再アニメ化というところも強く出た印象がある。難なく纏められてはいると思うしこれから先をやりたいという気持ちは感じられたけれどもそれは結果次第というところもあるかな。それこそこれからという一番の盛り上がりのところで終わらせるというも一興。涼介とのバトルを見ているとこれから先この作品に続く車作品のアニメが登場するのかと思える。それは寂しさも感じつつも差先輩の影の強さも感じさせるものである。伝説になる展開を再現しようとした力は感じられる作品だったと思うところだ。この作品・TVシリーズを1~100まで超えられたかというと足りない部分は十分あったように感じられるところではあるかな。新劇場版でよりストーリー的な核として魅せたいものがより出ているとよかったのではないのだろうかと感じるところだ。

*劇場版 ラストエグザイル-銀翼のファム- Over the Wishes 5点

 TVシリーズ開始から5年の月日が経ちこの作品が劇場版として帰ってくるというのは想定していなかった。新規カットに新録音を加えての根底から再構成された作品となっている。群像劇としてのTVシリーズから単一主人公により物語へと劇場版では変化を遂げているのが特徴である。TVシリーズでも尺不足や演出的現場力不足によって力及ばずになってしまったところはあった訳だけれども一からの再構成によって全体的に分かりやすく演出的なもの加えられて1本の映画として見やすくなっているように感じるところだ。単一の主人公制によって各キャラクターの立ち位置が分かりやすくなったことも大きく起因しているのだろう。TVシリーズとはキャラクターや物語に対する感情や感想もまた大きく変わるであろう作品だったと感じるところではある。劇場版になったことによって展開的に戦闘シーン・日常シーンなどは削られている部分も多くストーリー重視の構成に変わったことが見て取れる。戦闘シーンにおいては熱い展開もあっただけにその辺りが削られてしまったのが残念ではあるのだが、1つの作品として、劇場版として総集編作品として基本を世襲しつつ上手く作られた作品であったと感じるところではある。当時できなかったことをやって上手くファムをファム至らしめたと思うのである。


*劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~ 4点

 4期のTVシリーズを経ての劇場版であり1・2期のスタッフが再集結しての劇場版作品。ノリと勢いはあるというかそれのみに特化した作品であったと感じるところではある。それこそ1・2期のむちゃくちゃ具合がちゃんと帰ってきているのだ。カオスな作品というのがとっても似合っている。1・2期のことを知らないと伏線だったりキャラクターだったり、ノリそのものについていくことは難しい部分も少なからずあるがそんなことはお構いなしでトップスピードでつく抜けていくのがこの作品であると思う。メインの3勢力それぞれにしっかりとスポットライトを当ててG4と怪盗帝国には新たな側面を打ち出しつつミルキィには主役としての心構えを出していた感じかな。最初から最後までテンションをほぼ落とすことなく突っ切っていく作品を作るというのは狙ってやっても難しいところがあるだけにこれをやりきったというのはすごいことである感じる。シリーズとしては一区切りを迎える作品である為にもっと敵方に対する伏線を打ち出すことができていればよりその辺りを出せたと思うだけにその辺りは少々残念ではあるがアニメミルキィホームズとしてのラスとはきっちり飾ることは出来ていたと思う次第だ。これが合ってこそミルキィホームズはミルキィホームズ足りて尚且つ形作るんだなと改めて感じる作品であった。

*映画 同級生 5点

 映画だからこそこの作品をアニメ化することが出来たように感じるところ。単行本としては1冊分の物語を60分の映画としてアニメ化した作品でありいわゆるBL=同性愛を取り扱った作品である4章構成1章約15分ほどで作られた作品である。付き合い始めるまでというよりは心を通わせるまで、お互いの心にある障害をじっくりと取り除いて行く作品であるように感じるところ。心情メインの展開だからこそお互いがはっきり意識していくまでの過程がより欲しかったかなと感じるところではあるけれども、短い尺の中で心をかよわせていく過程は描かていたように感じるところではある。中心に立って物語を見ていくというよりはどこか草葉の陰に隠れつつも2人の行動を見ていくかのような作品であったと思う。だからこそキャラクターの言動がよりかわいく見えるそんな印象を持つ作品D根あったと思うところ。心情描写に合わせたより強い映像作りもされていて心情の変化と共にしていく天気の変化はこの作品への感情移入の度合いを高めていたように感じるところではある。
 
*マギー -MAGGIE- 4点

 米国では2014年に公開済みの作品ではあるがこの度正式に日本上陸というなぜ2年たった今なのかという部分については推し量ることは出来ない訳ではあるがシュワちゃん主演のゾンビ映画である。ゾンビ映画とはいっても人間ドラマ・家族ドラマが主題であり恐怖とか銃弾が飛び交うとかが一切ない。ゾンビ・ゾンビ無双大好きなアメリカ作品としては珍しい作品になっていると感じるところである。家族ドラマと言いつつも実際は親子・父親と娘のドラマ作品でありこの2人の行動にどう感じるのかを考えさせられる作品であったと思う。父親の行動も娘の取った行動も賛否両論どちらにでも取れるような脚本と演出になっていると感じるところである。それをどのように受け取るかは受け取り手次第。序盤から最後まで重苦しい雰囲気は一貫されているがもう少し内情描写は欲しかったかなと思うところはある。答えを得るためにピースそのものをもっと提示してほしかったと思う。体感時間がものすごく長く感じる作品になっているので登場人物に感情移入するかそれとも行動に意味を考えるかによって作品に対する初感情は大きく変わると感じる作品であった。


*劇場版プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン 2点

 プリティーリズムシリーズ3年間の集大成的ライブシーンを集めた総集編作品。前後に新作アニメーション付きの作品であり一番最初のプリシリーズの劇場版作品である。ライブシーンは総集編ということでファンノ為の作品になっているし前後の総集編もファンの為に用意した感じは強いと思う。新シリーズ(ここではプリパラ)の告知もあったりしてほんとファンのための作品という形になっている。新作をあまりやらないというのはこのシリーズというかこっから始まった感は強いかな。ライブシーンにつながる要素はカットされているので思い入れが強くないとダメな面は強いのが少し残念ではあるが総集編だけれども飽きさせない仕様にしようと奮闘した結果の作品だと思うところである。もしもプリパラやキンブリも含めて今のシリーズでやったらまたこのランキングも大きく変動することにはなってくるんだろうなと。シリーズを積み重ねたからこそのものが見えた作品でもあるかなと思う。


*劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ ルート1~4 3点

 上記プリティーリズム殻変化したプリパラシリーズ劇場版第一作目であり上記作品と似たテイスト総集編+新規シーンで構成されている作品である。この作品からルート構想が追加されているのも一つの特徴である。この作品はプリパラ単独で存在しているのではなくてプリリズシリーズとコラボしているのも一つの特徴であるところだ。前劇場版のノウハウを生かしつつまだシリーズを重ねていなかったプリパラをフォローするためのコラボレーションだったように感じるところ。TVシリーズではやっていなかった大人数によるライブシーン・コラボレーションといったTVシリーズでは出来なかったことをやった作品ではあるように感じられるところではある。なんだかんだでコンパクトにまとめていることによって懐かしさを感じつつ飽きさせないようにはなっていたかなと思うところだ。プリパラももっと重ねられたら単独でセレクションやることになるのだろうか?しかしながら今までメインだったプリズムヒロインズよりもルート4の男祭りが新規シーンありキンブリちら告知ありと一番気合いが入っていたのは・・・まあこのあたりもこのシリーズだからこそではあるか。


*映画 プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ 5点

 プリパラ映画の第三弾になる作品ではあるが今作はTVシリーズのライブシーンの再構成作品ではなくしっかりとしたストーリー展開がある作品となっている。だからこその平常運転をしている作品ではあるわけではあるがやはりこのシリーズのネジはどこかに無くしてしまっているのではないのだろうかと感じざるおえないような作品に仕上がっている。ネタが多すぎて突っ込みきることができない作品というのがまさしく体現されている。週替わりのコースにも本編にもネタを欠かすことはない問うのはこの作品の底力を体現しているようにも見えるしある種ぶれていないというのは強みでもあるだろうなと感じるところではある。ライブシーンは新規+既存曲の構成になっているがそれぞれの見せ場を残しつつ割り振りられていると思う所だ。このスタッフだからこそできる出来ることを最大限やっているミルキィが暴走列車だとしたらこの作品は暴走特急列車だと思う。これから先もシリーズは重ねられていくえいがの次弾もあるだろうがその時には完全オリジナル展開+完全新作ライブを期待したいところだ。

*たまゆら~卒業写真~ たまゆら第四章 朝-あした- 6点

 OVAシリーズスタートから足掛け6年ついにシリーズ最終章となった作品である。物語は主人公たる楓に帰結した形となっており楓が成長したことを実感できるまさに集大成というべき作品に仕上がっていると感じるところ。卒業だと悲しく寂しくなりがちなところではあるが上手くこの作品が目指したことに帰属していると感じられる。次がある終わり方あかるい笑顔で新たな場所へと向かっていく終わり方をしていたと。シリーズ中ずっと描写されてきた楓と父の事にも決着をつけたことによってより一層卒業という意味合いを強くしているように感じられるところだ。驚きや涙といった感情を強く揺さぶって訴えかけるわけではなくすんなりとこの作品で温かくなることができる仕上がりになっていると思う。これから先も作品は生き続けていくんだなと実感できる形になっていたと。朝-あした-という言葉が正しく似合う作品だったと感じるところだ。これからも新しい朝は来る終わりではなく始まりの終わりだったと感じずにはいられない。

*デジモンアドベンチャー tri. 第2章 「決意」 2点

 シリーズ2章目である。シリーズものらしくこの作品での作品内の謎はまだまだ提示されるに留まっていてこれから先それらの謎が回収されるのはもう少し先になるだろうと感じられる作品ではあった。戦闘シーンは顔見世的な意味合いの合った1章目と比べると比率が減ってはいるがきっちり見せるところは魅せる甲地にはなっていたと思うし毎章欠かさないようにはなっていると思うのでこれからどう各章での差別化を図っていくのかなとは感じるところ。登場人物の悩みや立ち向かうべきところに関して言えばY張引っ掛かりを多く感じてしまうところではあるかなと思う。提示も回収ももっとコンパクトにやってくれた方が個人的にはいいかなと思うわけで日常シーンそれらの伏線なり布石を色こくしている訳ではないところもあるのでどうしても取っ掛かりになりきれていないように感じてしまう所ではある。日常シ-ンはどちらかと言えばこの作品からのキャラクターのためにあるものではあるが掘り下げきれていないところも少なからず感じるかな?温泉のシーンとか温泉である必要性がなく尚且つ画面作りも遠回しだからよりコラボのためにやっていた感が強く出てしまっていたし、日常をやるのであれば新しいアプローチをしてほしい。全体的に今までのシリーズとの差別化を図りきれていないように感じるし引っ張られているところは感じる。それとの戦いはこれからも続くことになるがこの作品らしさをより感じさせる作品にはなっていってほしいと思う。


*甲鉄城のカバネリ 序章 5点

 進撃の巨人チームというよりはギルティクラウン時代の6課メンバーが再集結して作られたオリジナルアニメの劇場先行版でありこのチームだからこそ劇場版と違わない作品をみせることができたようにも感じられるところではある。なんだかんだで一緒にやっていくことも多くなったチームなだけに慣れてきたからこそ出せる力をより見せているようにも感じられるしその力はまだセーブされているようにも感じられるところではある。クオリティはもちろんの事演出も力強くまとまっているように感じられるしこのまま最後までいってほしいと思う。一つこの劇場版おいて残念なことと言えばそれこそもっと見たいという気持ちが生まれてしまうこともあるが、OPとEDにより力をかけてほしかったなぁと思い至る所存ではあるかな。監督コンテ演出のOPとEDが見たかったと思うからこじんまりとまとまってしまった感じのOPとEDは少々残念なところではある。これから先盛り上がりはいくらでもつく悪訳だしその盛り上がりと力を利用して荒木監督作品としての新たな集大成的な作品を見ることができるように期待したい所だ。

*機動戦士ガンダム サンダーボルト 第3話 4点

 全4章中3章目にあたりクライマックスも近づいてきたからか物語も終息を始めたように感じられるところだ。だからこそ今回はMS戦がメインではなくて人間ドラマの方がより重視されていたように感じられるところではある。戦争に生きる価値を見出していく人間と相ではない人間、戦争に巻き込まれた人間と戦争を巻き込んでいく人間、2つの人間たちの物語そこには感情では一纏めにできないものが示されたと思うと共にそれらを超えた感情があるようにも感じられたところではある。2人の主人公の物語がどのように広がって収束していくのか4章の為にのお膳立てがかなり成されていた章でもあると感じるところではあったり。約20分ほどの物語と言えでも濃密感を失わせずにここまでやっているのは設計がしっかりしているということも出もあるのだろうか?最終章の為の章ではあlっつあがここで一回溜めた分この策奇を想像以上に乗り越えてほしいと感じる作品ではあったと思う。

*ジュブナイル 3点

 00年に公開されたSF冒険作品である。ドラ絡みでコロコロコミックに漫画が掲載されていたこともありこれで知っている人も多いだろう。ドラ同人から派生した作品でありのび太がドラの作者という展開に基づいた作品でもあったりする。これは当時話題になった。と言いつつもこうしてみるまでに時間が掛かり過ぎてしまったわけではあるけれども、子供たちが主役のSF作品としてはらしく作られているように思う。ひと夏の冒険感が大事にされているというか繰り返しの物語をするというのも夏らしさを感じさせる物語となっているように感じるところだ。ボイド人のちょっとおまぬけなところも合わせて少年たち主役というところが主題差をより感じさせる。メディアミックス版で結末というかちょっと展開が違うところもあるのでこのあたりは好みになってしまうけれども個人的にはコミックスの方が含み的に好みかなと感じるところではあったりするところ。なんだかんだでこういった子供向けSF作品も少なくなって久しい感じがするのでこういった作品がまたよりできてはじめてもいいと思ふ。

*烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE 4点

 TV放映版ではあるけれども、中盤のやたらとテンションンお高い勢い展開とクロックシャドーの使い方というか喋りと敵味方纏めての合体攻撃などこの作品VSシリーズだからこそ出来たものが詰まっていたように感じるところだ。それこそ今回の脚本はいい意味で深夜のテンションで書いたんじゃないかと思えるところ。ラストはTVだとぶつ切りなのでもう少しどうにかならなかったなぁと思えるところは残念なところではあるが。ギャグもしっかりしていてなんだかんだで2つの戦隊ヒーローを知っていれば楽しめる作品になっていたように感じるところではある。地限られた時間の中でメインだけではなく上手くサブキャラクターを出すって難しいところをうまくまとめて出過ぎず、出なさすぎずのギリギリの上手いところに収まっていたかなと思うところだ。VSシリーズを重ねてきたからこそのノウハウもいろいろな形で出ているのかなと感じる。

*カラフル忍者いろまき 3点

 あにめたまご2016年作品の1作品目である。監督とキャスト現役芸人が起用されているのが一つの特徴となっている作品であると感じるところでありプレスコ方式を採用している作品でもある。もう少しカラフル忍者たちとひめのの交流はあってもよかったように感じるところではあるが、これは始まりであって結果ではないとも思うところではある。それこそ忍者たちとはこれから先より良い交流を重ねていけばいいのだからそのきっかけを描いた作品でもあると思うし友情のきっかけが一番悪阻出された作品でもあると感じるところではある。オチというか展開そのものという意味ではひねくれても王道路線を突き進んでいるという作品でもないけれども基本に忠実な作品ではあったかなとは思う所ではある。寄りキャラクターたちを活躍させてほしかったとも思うがそれは他の作品に比べると時間が少なめに感じる作品ではあったと感じるところがあるからか…でもそれは気のせいかな。

*UTOPA 2点

 あにめたまご2016年作品の2作品目の作品となっている。十分冒険ものではあるが起承転結あるなかの「承」ンの部分が描かれた作品になっているとか強く感じる作品ではあると思う。これをよしと取るのかそうではないと取るのかという問題もはらんでくるわけではあるがもう少し結に寄ってほしかったとは個人的には感じるところではあるし…これからいくらでも物語を展開させることができるように感じる作品でもあったと思う。いううなれば絵本でこの先や今までの冒険を描き出せるような作品ではあったと思うし実際に絵本で読み聞かせをしていくような作品だと感じる。(絵本化してほしいなと)まだまだ冒険はこれからだという要素は強いことによって物語の中核を出し切るに至ってはいない感じではあるがこの作品のすべては鳥さんの言葉、鳥界におけるルール・それに伴う解釈なんだろうなと感じる次第ではあった。

*かっちけねぇ! 5点

 あにめたまご2016作品の3作品目の作品である。タイムスリップ時代劇ラブコメ作品な感じである恋愛作品とはまた別のテンションで物語が進行していっている気もするところはあるけれどもそれもこの作品の味の一つになっていると感じるところではあったりするところだ。シリアスな雰囲気を生むことなくラブコメディに落とし込んでいたと思うしきっり主役とヒロインに寄った描写がされていたことによって物語自体に感情移入しやすい作品になっていたと感じるところではある。短い尺の中で起承転結がはっきりしていて王道の展開に注視したからこそでもあるのだろうと思う。完全なラブコメと言ってしまっていいのかは悩むところではあるがある種人生の応援歌的な要素も感じられるところではある。キャラ立ちもはっきりしていたし分かりやすくやっていてのも強さの一つではあるのではないのだろうか?内容と作品タイトルを個人的には2016の中で上手くすり合わせていたように感じる。

*風の又三郎 4点

 あにめたまご2016作品の4作品目の作品である。CG作品ではあるがその質感は田舎や童話の雰囲気をよく表していたように感じる。まるで現代分位アレンジされた風の又三郎の童話(絵本)を読むかのような作品に仕上がっていたと感じるところではあるし尚且つそれによってすんなりと入り込みやすい作品に仕上がっていたように感じるところだ。風のように現れて風のように去っていく作品ではあるが大きな事件だったり、物語が濁流のように動くわけでもないがゆっくりとじっくりとした作品としての雰囲気が上手く表されていたように感じるとこではあった。ゆったりとした時間をそのまま感じるさまは何とも言えないものになっていたように感じられる。岩に染み入っていく水を見るかのような作品ではある為に大きく好みは別れるかもしれないが誰しもが一度は触れたことのあるようなさわやかなで穏やかな風が流れる作品ではあったと感じる。

*映画 暗殺教室 2点

 実写版の方続編というか卒業篇の為にTVでやったのでここ最近は宣伝のために続編公開前に前作をやることも多くなってきたように感じる。それこそ話が繋がっている作品こそそうなる傾向が強くなったようだ。一昔はこんなことはほぼなかっただけに柔軟になったと言えるのかそれともそうしなければなら無くなったのだろうか?ストーリーとしてはTVアニメ1期をそのまま実写に落とし込んだ感じであり後半のテストからテイストが変更になっている形。これは続編を見越していなかったからでもあるのだろうと感じるところではある。展開そのものはジェットコースター形式になっているからどちらかと言えば復習用に収まっているように感じられるところではある。それでも重要なところはなんだかんだで出してはいるしほんと復習用でそれ以上にはいけてない感じもある。やっぱり実写は大きく話を変えるという印象が強いからなんだろうか?







*<総括>
 
 OVA・ODA・劇場版作品として作られたものがTVシリーズとして放映される作品が増えたように感じる。それこそ減価償却の為でもあるようにも感じられるしTVアニメーションというものがOVA・ODA・劇場版よりも大きなフックにまだなっていることを感じさせるものとなっていると感じるところだ。この方式はまだ序盤だから大きな可否の判断材料がまだないけれども徐々に増えていくことにはなるのかもしれない。1つの展開だけですべてを返すのではなくいくつもの柱を作ることはこれからの為にもなってくるのだろう。
 配信格差が多く出てきたシーズンでもあった。アニメ配信をする所が増えたために限られたパイを奪い合う状況になっている。だがそれはユーザーにとってみれば不親切な状況へと進んでいると感じる。出資をし先行配信・見放題独占ならばまだ状況的にもユーザー的にも特な部分は多いけれども配信先まで限定したらそのために契約しなければならないシーンも増えてユーザーにとってみれば逆に不親切になっていると感じる。これからこのことはもっと増えるだろうから配信ぐらいは万遍なく新作も旧作もやっていってほしいところだと感じる。
 何年越しの完結した作品も多い。制作本数が増えたりしたことが時間のかかる作品が増えたことにも影響しているのだろう。これから先何年越しの作品も増えていくのではと感じる。そうなるとロードマップは少なからず出していってほしいと思うし何時しか消えてしまうかもしれない火を出し切るためにも。

 とても大きな歯車が一歩進んだようなクールだったと思うそれが一歩でありまだ序盤であることは間違いないだろう。5年後には今の形態も状態も全否定されているかもしれないだけに模索していく中で最善の手を多くの作品がいやすべての作品が掴んでほしいと思ふ。
関連記事
プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示