プリンセス・プリンシパル 5話 「case7 Bullet & Blade's Ballad」 感想!

忠義を持つ花の名は

ちせ加入回

 ちせが本格加入した回の直後にちせの加入回をやるとは。これ全然逆でもOKだよなぁ。やっぱり話の話数をバラバラにしているのは意図してやっていることなのだろうな。その意図が作中内でひも解かれることになるのかというのは正直なところでいえば微妙なところではあるわけではあるけれども。

 ちせの加入。アンジェたちのチームに仲間が加入するとき割と唐突っぽいよなぁ。これもスパイだからこそでもあるのだろうけれども下に話が伝達することなくその場で引き合わされることになるという。ちせの加入はチームにナナイをもたらすことになるのだろうか?割合チームを悪時のジョーカーになるかもしれない。

 今回の殺陣のシーンはかなり時代劇を意識した作りになっていたように感じるところではある。何作にもわたる殺陣シーンを見て作られたように感じられるところではあった氏だからこそ見やすい戦闘シーンになっていたように思う。

 next #6
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示